教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 虐待といじめ対策の条例案(滋賀県)

<<   作成日時 : 2005/06/29 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 滋賀県で虐待やいじめから子どもを守る条例案が提出することになったと朝日新聞が報じている。
 子どもが発言する権利を認め、いじめや虐待を受けたら相談できる窓口を設置するということらしい。そして、弁護士などの第三者機関が調査する。
 内容としてはとてもすばらしい原則になっており、実現すれば前進するだろう。しかし、いかにも美しいけれども、大切なことが抜けていないかという感を否めない。もちろん、弁護士等が参加して検討したのだから、十分作成者は理解していると思われるが。
 虐待に対して子ども自身が相談できる窓口といっても、実際に子どもが相談できるのだろうか。できるとしたら、それなりに年長の子どもであろう。小学校の低学年以下では相談などできないと思われる。いじめも同様で、相談したいのであれば、学校には相談できる人が既に存在しているだろう。教師やスクールカウンセラーなど、いくらでも相談できる。しかし、実際に相談できないのは、相談することでいじめがより深刻になると考えられているからではないだろうか。そういう場合に、このような相談窓口なら、相談できるという理由は、記事だけではよく理解できない。まだ、案の段階で、12月に提案というので、これからいろいろとつめていくのかもしれない。
 虐待の場合に、大きな問題のひとつは地域の人間関係のあり方だろう。虐待で子どもが死んでしまうような事例であれば、泣き声などで近所の人は気づいていることが多いのではないかと思われる。
 欧米社会の場合、近所の人が気づいた場合に、報告義務があり、実際に報告されることが少なくないようだ。もちろん、日本の児童虐待防止法でも、地域の人たちの報告義務があるが、しかし実際には、義務とは言い難い。拘束力がないからだ。もっとも欧米の場合でも地域の人たちは、医者や教師のように、罰則を伴った報告義務ではないが。日本の場合には、児童虐待防止法における報告義務はすべて罰則なしである。
 もともと、たぶん、あまり近所つきあいがないような家庭において、ひどい虐待があるのだろう。だから、虐待を防ぐもっともよい手だては、やはり地域の人間関係の構築といえる。好きで虐待している親がいるとは考えられない。いけないことだと思っても、してしまうのであろう。だから、地域の人たちとの人間関係が構築されていれば、相談できるから、ひどい虐待は起きないはずだ。
 一見逆であったとしても、虐待が起きているときに、地域の人が通告することはとても大切なことであり、義務性の強化は考慮されてよいと思われる。
 いじめの場合はどうか。
 北欧では、いじめ問題の解決に取り組む義務が、学校では教師や校長に課せられている。責任があるという意味では校長である。したがって、いじめ問題を認識していながら、不十分な取り組みしかせず、なにか重大な結果が生じた場合には、校長は処罰されることになる。日本では、校長や教師が十分な取り組みをしなかったことで、例えば自殺したとしても、校長や教師が処分されることはない。損害賠償請求があったとしても、国家賠償法があるから、個々人は責任を問われない。しかし、そのことが、いじめ解決に不熱心な管理職や教師を生み出している原因のひとつになっているのか、いないのか。検討する必要がある課題のように思われる。
 もちろん、罰則を決めれば、事態が進展するような簡単なものではないだろう。罰則を設けることが、逆に人間関係をぎくしゃくしたものにしてしまう危険性もある。しかし、いじめがあっても、解決のための努力をそれほどしない学校関係者は、残念ながらいる。そういう人たちへの警鐘として、罰則規定は有効かも知れない。
 単なる協力関係の宣言ではなく、そうした努力を怠る者への対応も必要となっているように思われる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スクールカウンセラーってどうよ?
今日、チャマさんのブログでスクールカウンセラーの事が話題に上っていたので、少々思い出した事がある。私が不登校をしていた頃はもちろん「スクールカウンセラー」なるものは存在していなかったが、似たような事を仕事にしている方はいたようで、親に連れられて幾度か足を運んだ& ...続きを見る
不登校社長の日々思うこと
2005/07/01 05:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
虐待といじめ対策の条例案(滋賀県) 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる