教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 同じ文章を入試に

<<   作成日時 : 2005/10/20 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 群馬大学の医学部は、60歳の女性受験者を合格点に達していたのに不合格にしたことで、話題になったが、今度は大学院の方が、3年前と同じ問題を入試問題に出したのだという。話題を提供してくれる貴重な大学なのかも知れない。
 全く同じ問題を出題するというのは、たしかに格好悪い話ではある。しかし絶対におかしなことだというわけでもないだろう。受験生は通常過去問を取り寄せて解いてみるのが普通だから、おそらくほとんどの受験生はやっているだろうし、やっていたからこそ、受験生が指摘したのだろう。そういう意味では、不公平というわけでもなさそうだ。9人受験して8人合格したというのだから、点数が高かったのかもしれない。受験生としては、歓迎すべき失敗ということに違いない。
 しかし数年分の試験問題をパソコンにストックしてあって、使用か未使用かの記入もなかったので、間違えてしまったということについては、ずいぶんとずさんなデータ管理で、そういう方々が人の体を扱う領域で専門家としてやっているのかと思うと、複雑な気持ちになる。体関係のデータもそんな調子で管理されているのだろうか。
 それから8人合格できる枠があるのに、9人しか応募しないというのも、ずいぶん少ないのだと驚いた。国立の医学系といってもそんなものなのだろうか。
 たいしたことではないが、いろいろと考えさせらたニュースだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
同じ文章を入試に 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる