教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 「「教師の給与は「固定」すべきものだ」について」について

<<   作成日時 : 2005/11/04 14:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

「教師の給与は「固定」すべきものだ」について」について
 これまで民間の、特に中小企業に比較すれば、公務員、あるいは教師の待遇が恵まれていたことは事実ですが、少なくとも学校の教師については、それほど不当だという印象は受けません。特に小学校や中学校の学校の先生の忙しさは、異常なものがあります。そして、サービス残業という言葉が民間ではありますが、そもそも、教師の世界では制度的にサービス残業構造のようになっています。給食指導があれば、昼食すら、休憩としては満足にとることができません。
 部活の指導などをやれば、それはボランティアでありながら、かなりの責任がついてまわります。教師は夏休みや冬休みがあっていい、なんていうのは、昔の話で、今は夏休みなどはなく、原則出勤体制がとられています。
 問題なのは、そうしたことが、子どもの教育の水準にもろに影響してきて、満足に教材研究などもできない、満足に教員同士の相談によって水準をあげていくようなやり方がとにかく難しくなっていくことです。
 教育の労働条件は、子どもの教育条件であるということを忘れてはいけないと思うのです。現在の教師の忙しさを考慮すれば、けっして、「恵まれている」とは言い難いでしょう。
 地方の裁量でできることが大切だというレベルであれば、確かに、馳氏の言い分にも合理性があります。しかし、十分な税収があり、十分な条件が確保される状況でなら、そうでしょうが、現在の都会重視、地方軽視の政治体制の結果、地方が疲弊している中では、地方の教師たちの条件が悪化し、子どもたちの教育条件が悪化することは、避けがたいことであり、そうした中で、この部分を強行すれば、教育予算を他に使うことになることは必至でしょう。
 組合対策的なレベルはあまりないように、私には思われます。というのは、今や教師の組合は教育行政にとって脅威となるほどの勢力はなくなっているからです。日教組は文部科学省と対立的関係には既にありませんし、まだ対立的な関係を保持している、全教系の組合は、かなり小さな勢力に過ぎませんし、東京では力をもっていますが、石原知事は、この地方の主張には与していません。もし組合対策だとしたら、いかにも、組合恐怖症だなあという感じがします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「「「教師の給与は「固定」すべきものだ」について」について」について
「「「教師の給与は「固定」すべきものだ」について」について」について ...続きを見る
小山内翔龍
2005/11/04 17:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
外部から小・中・高等学校のPC授業のサポートに行った経験からしますと、お説には納得できません
民間の仕事環境を考えると公務員、準公務員の仕事ぶりは「弛い」の一言です
忙しすぎる・・?マスターベーションでしょ
Oji
2005/11/04 16:44
PC授業のサポートをしたという経験から判断すると、おっしゃることは納得できますが、そこでの感想を一般化することはいかがかと思います。PC授業というのは、一般的に現在のほとんどの教師にとって最も苦手な分野であって、それを主に仕事にしている(?)人から教師の状態一般を評価するのはフェアではないでしょう。民間といってもいろいろあるでしょうし、(緩い仕事をしている民間人はいくらでもいます。)自分の時間がないほどに働いている公務員だってたくさんいます。PCの指導において、あなたが優越していたとしても、いじめの解決や、暴れる生徒との対応、家庭崩壊から荒れている生徒の指導などについて、あなたがしっかりできるかどうかは、かなり疑問です。自分の得意分野から不得意分野の仕事ぶりを批判することこそ、マスターベーションと言わざるをえませんね。
wakei
2005/11/05 10:11
こういう感想を机上論といいます
聞くところによるとPC授業だって05年までに十分指導ができるように、との通達も出ていて何度もその期間延長があったそうじゃない
しかもゆとり教育の総合学習の使い方の一旦として、
不得意だからやらない。小学生程度に教えるのに、PC教室自体を最初から先生で作ってからやりなさい、なんてことは誰も言ってません
ちゃんと使えるように用意までしてくれてるのじゃない
しかも教えなくちゃいけない立場で・・・
あまちゃんに物申す
フェアとは一例を挙げて説明して下さい
時代に沿う」これも解説してみなさい
家庭崩壊からの生徒の正常な状態への指導成功率などを考えたことがありますか
また、そんな家庭を学校の人間だけでできると思っているのか
教師はそんな環境の子供の人生にどこまで責任を持たなければいけないのか、までコンセンサスを作っていますか
もっと、できることをしっかりと考えてからものを言え
Oji
2005/11/06 07:19
はじめまして!
突然の書き込み失礼いたします。

この度、ブログのランキングサイトがオープンいたしました。
  【ブログランキング Bloking】http://bloking.jp
まだオープンしたてのサイトですが、貴サイトのアクセスアップに
貢献できればと思っております。

誠に勝手ではございますが、是非とも参加していただければ幸いです。
末筆ながら、貴サイトの益々のご発展をお祈りしております。
Bloking
2005/11/09 21:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
「「教師の給与は「固定」すべきものだ」について」について 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる