教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 学力テスト公表問題

<<   作成日時 : 2008/12/16 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 全国学力テストの公表問題が更に議論を呼んでいるようだ。文部科学省は専門家会議なるもので、市町村別あるいは学校別の成績を公表しないように、都道府県教委に求める見解をまとめた一方、鳥取県議会は、開示を認める決定をしたと報道されている。
 このような混乱は、もともと文部科学省の全国学力テストの実施方法そのものに問題がある。実施を決めた当時の文部科学大臣の中山氏が、日教組の強い県は学力が低いということを実証するために、全国学力テストを導入したのだ、などと述べたことも、その一端を表しているかも知れない。しかし、もちろん、中山氏の述べたことは、いくら大臣のいうことであっても、文部科学省という組織全体の見解ではあるとはとうてい考えられない。中山氏の独善的な見解に過ぎないと考えるべきだろう。もともと、学力テストは文部科学省の悲願であったわけであるから、中山氏のような大臣がいたことは、便利ではあったろうが。
 
 さて、表向きは、全国学力テストは「学力の実態」を調査することにあるだろうが、そういう目的であるならば、莫大な費用をかけて悉皆調査をする必要がないことは、ほとんどすべての専門家が認めている。つまり、学力の実態を調査することが、主要な目的ではないのだから、目的は他にある。それは想像するしかないが、やはり、歴史的な流れからみれば、教育内容の国家基準(学習指導要領)を徹底させることであり、そのための手段としてのテストであろう。当然、学力を向上させるこめは、教育行政の絶対的な目標のひとつだから、そのための手段でもある。これまでの文部科学省の「学力向上政策」の基本は、「競争による学習の喚起」だから、全国学力テストは、その格好の手段である。
 しかし、競争試験で学力を向上させるためには、学力の結果をみんなが知る必要がある。結果がわからなければ、頑張りようがない。だから、文部科学省は、実はテスト結果は公表することが好ましいと思っているはずだ。しかし、それは、1960年代の失敗を繰り返す危険性が極めて高い。だから失敗はしたくない。この基本的矛盾に、文部科学省は苦労しているはずだ。
 
 近年の別の国際学力調査で、理科と数学の日本の成績が悪くなかったが、学習意欲は最低であることがわかった。これは毎度のことなので、特に驚くことではないが、長い目で見れば、嫌いな科目の成績がよくても、大人になってからの力の発揮という点ではかなり悲観的な予想になるだろう。
 
 こうした矛盾を解決するためには、根本的な政策の転換、学習向上策の転換が必要であることは、既に明らかになっていると考えられる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今日の論点!ブログ意見集: 全国学力テストで試されるものは…。 by Good↑or Bad↓
「全国学力テストで試されるものは…。」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。 ...続きを見る
今日の論点!by 毎日jp & Blog...
2008/12/17 14:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 インターネットでの情報の入手がどんどん可能になっている今、教育を政策の問題として扱うことにどれほどの意味があるでしょうか? 今のこの国の教育問題が深刻であると判断される場合、その責任が政策にあるとすることにすでに限界が来ているのではないでしょうか。
 1人当たりGNPで日本を追い抜いたシンガポールは、アムステルダムのような港湾都市を作るとし、オランダを範としたと聞きます。しかし、それにしても、強力な政治的指導者の、教育にまで及ぶ力(強制力)に負うものだったと推測されます。
 教育の自由を実現させる道筋を、「私たちが」明らかにしていく努力が必要であると考えています。
伊藤武明
2009/02/17 20:09
 先程のコメントの中で、「GDP」とするところを、「GNP」と誤っております。申し訳ございません。
伊藤武明
2009/02/17 21:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
学力テスト公表問題 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる