教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 犯罪者に社会奉仕させること

<<   作成日時 : 2009/04/12 20:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 4月10日の朝日新聞に、加藤直英という人の「介護活動を『刑罰』にするな」という文章が掲載されていた。加藤氏は東京都介護福祉会副会長であり、法制審議会が、「被収容人員適正化部会」で、犯罪者を刑務所にいれずに「社会奉仕命令」の制度を検討しており、その中に、「福祉施設での介護活動」を考えていることに対する異論を唱えているわけである。
 論点はふたつあるだろう。
 第一に、社会奉仕活動をもって、刑罰の代わりとすることについての是非。
 第二に、その社会奉仕活動の中に、福祉施設での介護活動を加えるかどうかの是非。
 加藤氏は、第一の点については、特に述べておらず、明確ではないが、「清掃活動はともかく」と書いているので、否定的ではないのだろう。しかし、福祉施設での介護活動は、明確に反対している。その理由は以下の通りである。

 「福祉施設での介護と清掃活動とでは性格が異なり、社会奉仕活動と一括りにはできない。清掃活動は物理的に環境へ働きかけて快適な環境を作りだす。これに対して介護は、人が人に対して行う直接的対人援助であり、援助を受ける人の生活の質の向上を目指すものである。したがってまた、要介護者を援助する介護者には、要介護者の立場に立って、生活ニーズを把握し、そのニーズを満たしつつ自立に結びつくように適切に介護する専門的な知識と技術とが求められる。そのために介護福祉士という国家資格が制定されている専門性の高い仕事だ。」
 そして、更に十分ではない就労条件で頑張っている人たちに誇りをもてるような環境を作るべきであり、「介護職の自信と誇りをそぎ、国民にも誤解を与えかねない制度は制定すべきではない」とする。

 非常に難しい問題だ。もちろん、現状の介護サービスを行っている福祉職の人たちが非常に困難な状況に置かれていることは周知のことであり、そのままの状態で、犯罪者の更生の場として利用されるとしたら、反対せざるをえないことは十分に理解できる。
 しかし、そうした問題とは別に、犯罪者の更生手段として、福祉施設での労働をさせることが、効果的であるかどうかの検討はまた別問題であるように思う。もし、効果があるとしたら、社会全体として、好ましいことであり、受け入れることが可能なように、施設や働いている人の条件を改善することを、認めさせることもできるかも知れない。

 現在の状況は十分に考慮し、安易な導入をすべきではないと思うが、そうした制度を導入すること自体は、将来的に目指すべきであると思う。
 「物理的環境に働きかけること」よりは、ずっと「人間に働きかける」ことの方が、更生力があるからである。

 極めて例は少ないが、昔ひどい非行少年だった人が、学校を訪れて体験談を話し、子どもたちに悪いことはしないように働きかけている人もいる。それは、普通の教師たちが、道徳教育の一環として、悪いことをしないように言うよりも、はるかに子どもたちへの説得力があるという。そして、子どもたちだけではなく、その当人の成長にも大きな役割を果たしているように思うのだ。

 北欧の国では、刑務所や少年院が開放制システムをとっており、態度がよく、テストを合格した囚人や少年院収容者が、定期的に外部にいって、何かを行うことを許可しているが、少年の場合、得意なスポーツの指導を子どもたちに対して行うことが、少なくないようだ。もちろん、危険は伴うが、人の役にたつ、それも物理的環境を通してではなく、直接人の役に立つという実感をもつことは、人の更生上、大きな力となることは、明らかだろう。

 だから、福祉施設が、更生力をもつ労働を組織することができれば、社会全体にとって大きな意味をもつのではないだろうか。もちろん、刑務所の都合を押しつけたりしては絶対にならないし、受け入れは施設側に完全に裁量権があるべきだろう。また、受け入れのノウハウをきちんと確立しなければならないだろう。
 だが、誇りをもった専門職だから、こうしたことの受け入れには反対というのは、私は違うのではないかと思う。むしろ、そうした専門職だからこそ、犯罪者の更生に有効な機能を果たせるのではないかと思うのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も この記事について 考えさせられました
そして このブログを書かれた方のように 何か 良い考え方はないものか と 思ったものです
こういう考えは どうでしょうか?
先ず 受刑者は 「時間外」に「自費で」 通信教育を受講し、何らかの福祉のための資格を取得する。
・・・・実習は 刑務所の中の 要介護者のための施設で行えるよう 準備していただく・・・
一定の費用をかけ ある程度の時間を宛てての 粘り強い勉強が必要になります。(福祉に携わっている方は そのような努力をされているのです)
ここまでやりとげることが出来た方ならば 宜しいのではないでしょうか。
そのうえであれば  
釈 正意
2009/04/14 06:41
コメントをありがとうございました。そうですね。刑務所はある仕事を訓練する機能ももっており、とくにIT関係の仕事は、最初コンピューターの教育・訓練をしてから、さまざまな仕事をさせるので、福祉関係にしても、何らかの(自費であるかはまた別として)教育・訓練をし、資格をとらせた上で、かつ態度がよいということでさせるということは、受け入れ側も安心できるかも知れませんね。
wakei
2009/04/14 18:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
犯罪者に社会奉仕させること 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる