教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主党マニフェストの教育部分 公立高校の授業無料化と私学助成の廃止?

<<   作成日時 : 2009/07/09 22:31   >>

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

 民主党のマニフェストが出たというので、見てみた。公立高校の授業料を無料にするとある。しかし、各紙が報道していたところによると、日曜日のテレビ番組で、岡田幹事長が、政権をとったら、私学助成を廃止すると発言したという。それが本当であるなら、私学助成の廃止と公立高校の授業料無料化とを実施するのだろうか。これはかなり驚くべき内容である。岡田発言は、個人的見解であるというなら、党としての矛盾はないだろうが、幹事長の発言だから、無視することはできない。

 確かにこのマニフェストには、教育への財政支出を5割増とすると書かれているが、私学助成については、全く書かれていない。
 もちろん、責任ある政治家であれば当然理解していることであるが、お金がある人が私学で学んでいるというような時代ではない。公立高校がすべての生徒の収容能力をもっているわけではないし、大学に至っては、国立・公立大学の定員は私学に比較して極めて少ない。つまり、「教育を受ける権利」は国民平等に保障されているが、私学の生徒や学生は、不平等な教育費支払いを強いられているわけだが、そのことへの配慮は全くないのだろうか。
 大学については、奨学金の拡充をして親の負担を軽減すると書かれているが、貸与制の日本の奨学金は、別に予算拡充というほどのことではない。もちろん、返さない者もいるらしいので、予算措置は必要であろうが、結局返還させるのだから、親の負担を多少軽減するとしても、それほど目玉となるような政策とはいえない。
 またじっくり検討してみようと思うが、公立高校の授業料を無料にして、私学助成を廃止するというのは、まことに驚くべき提言というべきだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主党マニフェストの教育部分 公立高校の授業無料化と私学助成の廃止? 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる