教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 高速道路無料化したらどうなるかの一例

<<   作成日時 : 2009/11/16 13:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

 最近は高速道路の無料化論議があまり見かけなくなったが、どうなったのだろう。フェリーや鉄道などの他の公共交通機関からの反対が報道されているが。地球環境の観点からすると、当然公共交通機関の方が個別輸送機関である車よりも燃料効率がいいはずであるから、高速道路だけを優遇して、公共交通機関を不利な立場におくことは極めて問題であろう。
 ただ、今回は全く別のことを書いてみようかと思う。
 それは高速道路を無料にすると渋滞が起きるかという問題だ。
 
 私の近所に有料道路があった。非常に短い道路で料金は200円。首都圏の周囲の方にはよくあるパターンで、有料道路であるにもかかわらず、料金所を通らずに一部を走ることができるもので、それなりの交通量があるが、スピードはだせるし、渋滞になることは皆無に近かった。そして、その道路にほぼ平行して県道が走っており、そこはいつも何カ所かで渋滞が起きていた。渋滞覚悟で無料で走るか、渋滞を避けるために、1回200円払うかという選択だった。
 そして、この道路が2、3年前に無料になったのだ。無料になっていくつかの変化が起きた。
 ひとつは、2つ程度新たに信号がついたことだ。前から信号はあったのだが、それが増えたわけだ。そして、当然のことながら、車の量が明らかに増えた。そして、県道の方は車が著しく減少した。明らかにそれまでは県道を走っていた車が、元有料道路に移ってきたわけだ。渋滞はどうなったかというと、県道の渋滞はほぼ完全に解消し、もと有料道路が、ごくたまに渋滞に近い状態になるが、渋滞と呼ぶべき現象は、少なくとも私は経験していない。つまり、民主党が言っている一般道の渋滞が解消し、高速道路の渋滞はそれほど増加しない、という説明は、少なくともこの小さな事例では、当てはまることになる。
 渋滞が解消されるから、二酸化炭素の排出量は減少するというのは、この限りでは納得のいく説明と考えられる。しかし、最初に述べたように、これは交通政策全般の中で考えるべきであり、またどこでもこのようなことが起きるかどうかはわからないから、より総合的な検討が必要ではあると思う。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高速道路無料化したらどうなるかの一例 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる