教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 全世界のテレビを見れる衛星放送の実現を望む

<<   作成日時 : 2010/10/12 17:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 北朝鮮の三代目披露の式典には、多くの外国人ジャーナリストが招待され、至れり尽くせりの待遇だったようだが、それを伝えるテレビに興味深いシーンがあった。それは、テレビ局の報道室(報道関係の人たちが普段仕事をしている部屋。放送用ではなく)にたくさんのテレビが壁に並んでいて、どうやら各国で放送されているテレビをそのまま流しているらしい。北朝鮮のテレビに写っている場面にみんなが驚くという状況が映し出された。 興味深いシーンというのは、要するに各国のテレビ放送が、かなりの数テレビ局ではちゃんとみられるようになっているということだ。そんなことはもちろん当たり前のことなのだが、なぜ一般用にそういうのがないのだろうかということだ。
 現在外国放送は、スカパーでも、英語以外は、中国語、ポルトガル語の2つの放送しかないのだ。以前は韓国語とスペイン語の番組があったようだが、今スカパーのホームページをチェックしたところ、終了したのだろうか。ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語という、メジャーな言語もないのだ。

 前デンマークを訪れたときに、ある家庭で衛星放送を見せてもらった。ヨーロッパは自国のチャンネルは少ないので、大体は国際衛星放送あるいはケーブルで外国の放送も交えて契約する。その家庭では、世界中の放送が入るパックで500チャンネルくらいあると言っていた。もちろん、料金はそれほど高くはない。
 日本の衛星放送は、サービスは非常によいが、料金が高いことと、それから上に書いたように、チャンネル数がごくわずかしかないという重大な欠点がある。BBCなどを契約すればすぐわかることだが、多くの時間帯で日本語も入った二重放送になっているか、字幕が入る。つまり、日本人が日本語で視聴できるようになっているわけだ。そのための費用は相当なものだろう。そういう前提でのみ放映するということであれば、ごくわずかしか視聴者が望めない外国放送などは、とうてい放送することはできないわけだ。しかし、本国で放映しているものを、そのまま流す、何も手を加えず、時間も変えず、番組を知りたければ、インターネットで本国から情報を得るというようなやり方なら、こちらでのコストは電波を流し、料金を徴収するだけだから、極めて安価にできる。デンマークのような500チャンネルパックにしても、そんなにコストはかからない。しかし、500のうち見るのは3つ程度ということでも契約する気持ちになる料金なら、日本でも相当数の契約者が望めるはずである。たとえば、今日本にいるイスラム圏の人たちは、どうやって本国の情報を得ているのだろう。たぶんインターネットだけが便りだと思う。インターネットも相当な情報量だが、やはりテレビはもっと豊富な情報を提供することができるわけだから、契約者はたくさんいるはずだ。そして、外国のことを調べている日本人も大いに利用するだろう。

 日本のメディアは年々国粋主義的になっており、外国の事情を放送する量はどんどん減っている。いくら政府が国際化への対応をいっても、メディアがこれでは国際感覚など養うことは難しいだろう。やはり、メディアの究極の国際化は、全世界のテレビ・ラジオ放送を、衛星放送で視聴可能にすることである。今の日本人向けBBCやCNNのような番組があってもいいと思うが、しかし、何もサービスがなくてもいいから、外国の生のテレビをみたい人はたくさんいるはずであり、実際に外国ではいくらでも実現している方式を実現してもらいたいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
全世界のテレビを見れる衛星放送の実現を望む 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる