教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 松本復興大臣の辞任は「自爆テロ」?

<<   作成日時 : 2011/07/05 10:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 とにかく暑いので、「真昼の極暑の夢」というところだが、松本大臣の突然の辞任は、朝のニュース速報で知ったが、率直に驚いた。東北での発言が、内容的には、そんなに間違っているとは思えないが、確かに、表現が酷いし、しかも、ニュースカメラが回っている前での発言だから、不用意なオフレコ発言ではない。つまり、確信的な発言だったと考えざるえない。もちろん、政治家に少し前になったわけではないから、あのような発言を公の場ですれば、当然辞任要請の声が巻き起こることは、知っていたはずだ。まさか、そんなことは考えもしなかったと理解することは難しい。すると何故あのよう発言を。そして、かくも迅速な辞任を。
 そこで、考えたのが、「自爆テロ」だったのではないかということだ。つまり、なかなか辞任しない管首相を引きずり下ろすために、復興相の依頼があったことを幸い、それを引き受けて、あえて問題発言を行い、さっさと辞任して、首相の任命責任を問う声を誘発するとともに、首相の求心力の低下を更に押し進める。
 民主党の人間関係などは興味ないので、どのような人的つながりがあるのか知らないが、そうとでも考えないと、不自然であるし、また、管首相が、本当に適切な人事として行い、かつ当人が、まじめに取り組もうと思っていて、あのような発言をしてしまったのだとしたら、日本の政治家のあまりの水準の低さに暗澹たる気持ちになってしまうし、そこまでひどくはないのでは?と思うと、この自爆テロ説が思いついたわけである。反管派が放った特攻隊員だったというわけだ。
 「真昼の極暑の夢」ではあるが。
 それにしても、管という人物は、ほんのちょっとした成功で有頂天になり、さあ大丈夫と不用意なしかけを出して、窮地に陥る、そういうことを何度繰り返すのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
松本復興大臣の辞任は「自爆テロ」? 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる