教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 大津市のいじめ自殺

<<   作成日時 : 2012/07/06 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 滋賀県で中学生が飛び下り自殺した事件について、「自殺練習」が話題となっている。生徒たちの書いたアンケートを軽視しているようだし、調査能力の欠如が浮き彫りになっている。

 この事実を報道で読んだとき、2009年におきた、滋賀県の中学での柔道部での死亡事故を思いだした人も少なくないだろう。顧問講師が、しごきといえるような練習を日常的につけていたことが、生徒たちの証言によって明らかにされているにもかかわらず、教育委員会は、そんなことはなかったと否定していたようだ。もちろん、同じ滋賀県といっても、地域は異なっているが、県としての体質を考えてしまう。
 今回の事例では、報道されていることを前提に考えると、記名で「自殺練習」があったとしている回答があったにもかかわらず、「事実が確認できない」と教育委員会は考えたらしく、「いじめがあった」と認めているにもかかわらず、「自殺との因果関係は明らかでない」などといっているらしい。当初話題の市長も煮え切らない態度をとっていたように思われたが、さすがに再調査に乗り出すという。

 こういう教育委員会の体たらくを見せつけられると、首長の指導権限強化とか、文部科学省の権限強化などという意見が出てくるのだろうが、基本的に、住民に開かれない委員会が問題なのであって、改革の方向は、やはり「公選制の復活」しかないように思われる。いじめによる自殺を学校が適切な指導ができず、その結果おきた自殺事件に、教育委員会が隠蔽工作をしたということが明らかになれば、住民は容認しないだろう。

 ところで、文部科学省は、生徒たちのアンケートを独自に調査するという。コピーを遅らせるそうだが、これには疑問を感じざるをえない。おそらく、自殺事件がおきたとき、学校が書かせたときには、教育委員会の調査としての意味を持たせたのであろうが、文部科学省がそれを見ることは予定されていないだろう。生徒たちの了解が必要であるように思われる。そうしたことを経ずに文部科学省が、コピーを取り寄せるというのは、かつて政治の不正を正すのは検察しか期待できないというような雰囲気を醸しだしていた時期があったが、その結果が、最近顕在化している検察の証拠改竄等を生んでいるように思うが、今回の文部科学省の「介入」も疑問である。子どもの了解を得る手続を踏むとか、あるいは、教育委員会に調査をきちんと踏まえた行動をとらないなら、文部科学省が独自調査をするというような「注意」をしてからとるべき行動であるように思われる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
私は、1970年2月生まれで、大阪府池田市在住です。

私は、 池田市立細河中学校に通っていた時、 小柄だというだけで 、担任の江藤ますみと、複数の部落民である北古江(地名)の奴らに、いじめられていました。

江藤ますみからのいじめは、毎月、席替えがあったのですが、私だけが、教卓の前の席と、決められていて、席替えに、参加させてもらえませんでした。

部落民の奴らからは、毎日、「 小児麻痺 」と言われ続け、筆箱を、何回もつぶされたり、 いじめられていました。

私は、小柄ですが、勿論、小児麻痺ではなく、身体にも知的にもなんの障害もありませんし、私の母も、障害児を産む様な、卑劣で冷酷な女性ではありません。

担任の 江藤ますみも、 部落民の奴らに 遠慮し、「 小柄なあんたが 悪い 」と言い、全く 、注意もしてくれませんでした。

部落差別とかいうけど、池田市は、全く逆です。

今思えば、私の筆箱をつぶした部落民の奴らを、器物破損罪で、刑事告訴して、少年院にぶち込んでいればよかったと、後悔しています。

私を、いじめた部落の奴らと、席替え差別をして 私を、いじめた部落の奴らを、全く注意をしなかった、江藤ますみを、一生許せない。

私は、部落民の奴らにいじめられた為、埼玉県狭山市で、女子高生を誘拐して殺した、人殺しの部落民の石川一雄を、一生、真犯人だと、信じることにしました。

私は、一生、部落民を嫌うことで、復讐する
大阪府池田市在住の女性
2012/07/07 02:03
コメントありがとうございました。大変な思いをされたようですね。ただ、障害児を生む母親は「卑劣な」人だというお考えなのでしょうか。それは共感しかねるといわざるをえません。既に30年も経過しているのですから、その思いを「昇華」されることを祈ります。
wakei
2012/07/07 22:10
もう許す以外に道あるんですか…。

もう「解ったよ。被害者がクズで勝手に死んだ迷惑もんなだけのことだって言えばいいんだろ、言えば!!」と思う以外に道あるんですか…。

俺らは加害者が栄え続けて、被害者側がどんなに怒りを露わにしても、なめられるわ、怒鳴り返されるわ、ねじ伏せられるわ、そうなってしまいな社会に生まれてきてるんでしょう。
現実主義者
2015/12/19 00:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
大津市のいじめ自殺 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる