教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相の靖国参拝は何故?

<<   作成日時 : 2013/12/28 21:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 以下は国際問題の専門家でもない人間の、自由な想像であることをお断りしておく。
 安倍首相は、何故このときに、靖国参拝を実行したのかについては、いろいろな憶測がある。「理不尽な中韓に隠忍自重した」けれども、当面改善の目処がたたないので、予てからの目的を果たした。逆に、中韓との緊張を一層進めることで、憲法改正や武器輸出解禁の政策を進めやすくする。
 しかし、どれもしっくりこない。もちろん、私は、靖国参拝には反対であり、A級戦犯問題が片づかない限り、大臣は参拝すべきではないという立場だから、安倍首相の心を共感的に推測する気持ちはない。
 まず、中韓が大反発すること、日本の政党のいくつかが反対すること、そのなかには与党である公明党も含まれるわけだ。そして、重要なことは、アメリカがネガティブな対応をとることは、もちろん、安倍首相としても折り込みずみのことだろう。報道によると、既に10月くらいに、参拝したときのアメリカの対応について、外交ルートを通じて確認してあったという。回答はもちろん、否定的だった。それをあえて何故やったのか。
 これまで、抑えてきたのは、もちろんいろいろな配慮があるだろうが、最大の配慮はアメリカに対してであると考えられてきた。しかし、否定的であることを確認してなお、参拝したのであれば、当然、アメリカの否定に対しての「作用」を考慮してのことだと考えざるをえない。単に無視しただけなら、単なる能無しということになってしまう。
 では、それは何か。
 自民党の、というより、日本の政権担当政治家の基本は、アメリカと歩調をあわせることであり、東アジアについては、中国包囲網をアメリカとともに結成するということだろう。鳩山は、それとは異なる路線をとろうとして挫折したわけだが、その後の管内閣以降は、鳩山的揺れを戻すために、過剰なほどの中国敵視政策をとってきたといえる。一端疑われた忠誠心を、懸命に取り戻す必要があると感じているかのようだった。
 しかし、アメリカは、そうした日本の政治家が考えているほど、反中国ではない。それももちろん、周知のことだろう。だからこそ、尖閣危機などを利用して、尖閣が日米安保の対象領域であることを、なんとしてでも明確にさせるべく外交努力をしてきたのだろう。
 それに対して、航空識別圏問題で、日本は、アメリカに梯子を外されたと言わざるをえない状況になっている。中国の要求をけって、民間航空といえども、飛行日程をださないという申し合わせができると考えていたところ、アメリカの民間航空会社も、韓国の会社も、中国に提出し、日本は、完全に裏切られたという意識をもっている可能性がある。
 梯子を外されたことに対する揺り戻しを狙った行為と、とりあえず、私は解釈してみた。それは、当然、最終的には、アメリカが、中国と対立した日本の側にたつという前提にたっている。だが、それは希望的観測に過ぎない。アメリカと小さくない政策的齟齬をもった戦後日本の内閣は、たいてい潰されてきた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍首相の靖国参拝は何故? 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる