教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 「おいしんぼ」問題について

<<   作成日時 : 2014/05/14 06:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 「おいしんぼ」を巡る状況は、日本の政治家やメディアの腐敗ぶりを浮き彫りにしているように思われる。このコミックが発売されるや、福島県知事、管官房長官、森消費者相等の重要政治家などが、次々と抗議の声明をだし、それが「科学的根拠がない」「風評被害をもたらす」などと、圧力をかけた。圧力ではないというだろうが、個人ならいざ知らず、政府の高官や知事が公式に声明を発すれば、かなりの圧力となるだろう。
 ところで、科学的な根拠がないという批判であるが、「鼻血で医療機関に相談になど来ていない」という「事実」をもって、鼻血が出ている人がいないと「科学的に」いえるのだろうか。だいたい、鼻血がでて、医者にいく人がどのくらいいるものだろうか。「鼻血で医者にきていない」ということをもって、だから、鼻血が出ていないのだ、という「科学的根拠」になるわけでもなかろう。
 原発事故関連による死者は、表に数値として出ていないが、私は確実にいると思っている。しかし、自民党の高官の一人が、「死者はいない」と公言したことがある。こういうことに「科学的根拠」はあるのか。そして、もっと非科学的なことを、つまり、間違ったことを国際的に公言した人物がいる。
 2020年のオリンピックを決める会議で、安倍首相は、福島の事故、放射能は、「完全にコントロールされている」と述べた。この発言が、東京誘致に大きな影響をあたえたと言われているが、「完全にコントロールされている」のは、全くのでたらめである。そんなことは、まともな日本国民なら誰だって知っている。大量の放射能汚染水が、もれ続けていること、そして、東京電力が有効な対応を見いだし得ていないことは、周知の事実なのである。しかし、大手メディアは、この発言をどの程度批判しただろうか。
 また、同じ会議で、猪瀬前東京都知事は、「東京は福島から200キロも離れているので安全だ」と発言したとされている。これは、明確に、「東京は安全だが、福島は安全とはいえない」と言っているわけだ。この猪瀬発言に対して、政府高官や、大手メディアは、どれだけ、「福島が安全ではないという言い方は、科学的根拠がない、風評被害をもたらすので問題だ」と強い批判をしただろうか。そもそも、安倍氏と猪瀬氏の言っていることは、まったく逆なのだが、その矛盾を指摘した政府高官や大手メディアはどうだろうか。メディアの中では、もちろん、批判はたくさん出たが、少なくとも、そういう人の多くは、今回「おいしんぼ」を批判している人達とは、異なるように思われる。
 福島の事故以来、「真実を語る」と非難される場面がたくさんでてきた。「事実であっても許されないことがある」などと、したり顔で解説する専門家がいるが、社会的問題の指摘において、表現の自由は、最大限認めるべきものである。社会問題を、社会的に指摘することで、個人の名誉毀損となるような事例は、極めて稀なはずである。それをあたかも名誉毀損の可能性があるかのような言い方で、表現規制するのは、表現の自由の抑圧以外のなにものでもない。
 また、実際に食品が放射能汚染されているのであれば、そのことによって経済的利益が損なわれるとしても、その事実は社会的に公表されるべきものである。それは「風評被害」ではない。不都合な真実を発表させないのではなく、不都合な真実そのものを解決するのが、必要なことなのである。
 「原発安全神話」をまき散らし、必要な安全対策を怠ってきたのは、今「おいしんぼ」を非難している人達、およびその同じ立場にいる人達である。必要な安全対策をとっていたならば、あの原発事故は防げたかも知れないのである。実際に津波が起きたときの福島原発の危険性は、国会においても指摘されていたのだから。
 そのような人達の今回の「おいしんぼ」批判と、2年間取材したという「おいしんぼ」の作者の言い分と、どちらを信用するか、といえば、私はまよわず後者が真実を語っていると推測する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
毎度、異常高温の温度計は故障しているとしてカットの自公民連立政権、
鼻血はダイオキシン中毒?
化学兵器禁止条約締結発効間際の駆け込み投棄分や田植え前の在庫ダイオキシン誘導体は人間と稲以外易分解性毒性発揮の難分解毒‥除染で発掘した形?
未蛙
2014/05/14 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
「おいしんぼ」問題について 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる