教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 高校生サッカー部員の韓国での万引きについて

<<   作成日時 : 2015/04/14 19:55   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 韓国で日本の高校生が集団万引きをしたという。サッカー部の親善試合に出かけ、最後の自由時間の間にかなりの額の商品を盗んだようだ。既にインターネット上で様々な議論されているが、かなり酷い話だ。新聞報道はかなり簡単で、ブログの記事なども少ない。2チャンネルなどで大いに話題になっている程度だ。しかし、教育を研究する者としては、注目せざるをえない。
 手際のよさや、複数の店舗で万引きしていることからみて、常習犯なのではないかとも言われているが、高校名の入ったジャージを着て集団万引きするという手口からすると、よほど間抜けな常習犯といえる。また、初めての経験というには、確かにあまりに手際がよいともいえる。このことからみえて来るものがある。
 ひとつは、彼らがあまりに幼稚な感性の持ち主だという点だ。今どき防犯カメラが設置されているのは常識だろうし、集団的に、かつ大量に万引きすれば、見過ごされることはないことくらいわかるというものだ。それを、名前入りの服装で実行してしまうというのは、まっとうな判断力がないことを示している。
 しかし、逆にそのことは、自由時間なのに、高校名入りのジャージを着ていたのかという疑問を生じさせる。試合が全て修了した自由時間なのだから、普段着で行動しそうだが、揃ってジャージを着ていたようだ。学校側がそのように指示していたのだろう。つまり、学校側が、彼らを信用していなかったということだ。そもそも、学校外でも制服とか、名札入りの服装をさせるのは、行動規制をするためである。普通の服装だったら悪いことをする危険があるが、制服だったらまさかするまいという。外国での自由行動ですら、そうした規制をしたということは、彼らの普段の行動に、学校側が相当神経を使っていたことを予想させる。つまり、万引きは日本でも行っていたし、そのことを学校が把握していたということなのではなかろうか。しかし、普段の教育活動のなかで、生徒たちを指導できていなかったことになる。
 かつて、スポーツが健全な人間を培い、生活指導の役割を果たすと考えられて、部活奨励がなされたことがあった。しかし、今回の事件は、スポーツが則人間性の涵養に役立つとはいえない、逆の場合もあるという有力な証拠になるだろう。スポーツは、勝敗を競うものであり、かつ勝者は一人、一チームであり、多数は敗者なのだから、ストレスや挫折感も生む、また、試合に出られない者も、強いチームほど多いから、精神的にはきついはずである。だから、崩れる危険性も高い。
 今回の事件で、最大の問題と考えるのは、学校の対応である。
 報道によれば、万引きをしたのは3月27日であり、帰国してすぐに万引きしたことで呼び戻されたようだ。そして、韓国警察が書類送検し、起訴相当と判断して発表したのが、4月10日のようだ。つまり、事件から2週間の間、学校はこの事実を隠蔽していたことになる。しかも、その後、部員たちは自宅謹慎にしているだけで、サッカー部の監督は指導停止(期限付き)。学校管理職の処分等はないようだ。もっとも、最大限善意に考えれば、春休み中のことであり、正式処分はこれから検討するという可能性もあるが、謝罪会見に校長がでていないこと、部の活動は継続することなどを既に公表していること、等、学校は最悪の対応をしているといわざるをえないだろう。このような事件であれば、いかに春休みとはいえ、通常の組織であれば、緊急会議を開いて対応をするだろう。
 インターネット上では、サッカー部だけではなく、他の部でも集団万引きをしており、学校側もそれをつかんでいるが、学校の評判や、部活による受験生集めなどの理由から、それを隠蔽する体質があるのかも知れない。
 韓国の被害にあった商店街からは、処分を穏便にするように、韓国検察・警察に求めていると報道されているが、高校側の対応としては、「穏便」な対応は、高校の教育機関としての責任から、必要な処分をするべきだろう。当該生徒たちは、校則による措置が必要であろうし、校長の辞任なしに、今後の高校の信頼はありえないと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高校生サッカー部員の韓国での万引きについて 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる