教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 強行採決と新国立競技場と台風報道

<<   作成日時 : 2015/07/17 10:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 新国立競技場のドタバタは、おそらく仕組まれたものだろう。安保法制を通す強行採決の世間の反応を最小限に押さえ込むための、ある意味綿密に計算されたものだったに違いない。
 強行採決に向かうときの反対ムードをそらすために、新国立競技場の財政問題を前面に押し出し、世間の注意をそちらに向ける。メディアにとって、オリンピックネタは最重要テーマだから、メディアに圧力などかけなくても、自然にそちらのニュースを多くしてくれる。そして、国会での強行突破。国民の怒りが沸き上がるところで、新国立競技場の案を見直しをだし、安倍首相がそれに断を下す。さすが安倍と称賛するムードを高め、強行採決のイメージダウンを押さえ込む。
 安倍にとって、更に援軍だったのは台風だろう。NHKは朝から晩まで台風情報を流し続けている。国会での異常な採決があった16日ですら、9時のニュースは初めから台風情報だった。最後まで見る気がしなかったので、国会での採決をどの時間帯から報道したか確認していないが、かなりあとであったことは間違いない。台風は自然現象であるが、報道は自然現象ではない。
 政府は自民党議員に対してすら、口封じをやっていると報道されている。メディアを意図的に報道させないように仕組み、与党に対してすら発言規制をかけて強行突破する法、マスメディアはいつまで権力の執事でありつづけるのか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
強行採決と新国立競技場と台風報道 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる