アクセスカウンタ

<<  2016年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
岡山短大の視覚障害による准教授事務職転換を、短大は撤回すべき。
 岡山短期大学の幼児環境教育の准教授が、視覚障害を理由に授業担当から外されたことに対して、准教授が地位確認と事務職への職務変更の撤回を求めて提訴したという記事があった。  准教授は、網膜の異常から次第に視野が狭くなる「網膜色素変性症」という難病で、訳10年前から視力が低下し、現在は明暗がわかる程度で、手書きの文字の判読は困難なのだという。2014年に、短大側が、視覚補助の職員確保ができないことを理由に退職を勧めたが、准教授が私費で補助員1人を雇うことで授業をしていた。  しかし、今年2月に、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/24 22:49

<<  2016年3月のブログ記事  >> 

トップへ

教育と社会を考える 2016年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる