アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「政治」のブログ記事

みんなの「政治」ブログ

タイトル 日 時
全くやる気などない「高等教育の無償」
 安倍首相が、実際の日程をあげて改憲を言い出した。改憲が自民党の党是であっても、具体的な期限を言い出したのは、初めてだろう。しかし、日程よりも驚いたことがる。「高等教育の無償」を規定するのだそうだ。「開いた口が・・・」というのは、このことだろう。安倍首相は、とにかく、「これが実現する」といって、国民の期待を喚起するのが、常套手段といえる。北朝鮮と密かな交渉をしてきたから、拉致問題が進展すると、メディアを通して大宣伝したが、結局経済制裁を一方的に解除して、何ら成果がなかった。そして、最近では、北方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/09 22:24
改憲派こそ「平和ボケ」
 昨日は憲法記念日だった。最も憲法を尊重しなければならない内閣総理大臣が、憲法を改定しなければならないなどという談話を発表するのだから、それだけで、総理大臣としての資質を疑う。  憲法改正を主張する人たちの共通の言いぐさに、「護憲派は平和ボケだ」というのがあるが、これはまったく逆だと言えるだろう。改憲派こそ平和ボケなのである。改憲派の言い分は、侵略から守るには軍隊が必要であり、自衛隊があったこらこそ平和を守ることができたのである、だから、今後自衛隊を認知するために憲法改正が必要であるとか、ある... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/04 20:57
フレームアップの匂いも
 かなり反政府勢力やISを圧倒していたアサド政府軍。そこに政府軍がサリンを蒔いたという非難。わずか2日後にアメリカによるミサイル攻撃。  これまで何度か繰り返された「筋書き」の気もするのだが。  もちろん、政府軍が化学兵器を使ったという可能性もあるだろう。しかし、冷静にみれば、優勢だった側が、わざわざ国際的非難を受けることが確実な兵器を使用するだろうか。このことで息を吹き返したのは、反政府側だ。  メディアは、例によってすっかりサリンを蒔いたアサド軍を攻撃するのは、当然だという雰囲気で報道... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/07 22:38
森友問題などにかまっている場合か、という意見もあるが
 かなり前に書いた文章だが、やはり掲載することにした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/05 21:37
福島避難者へのいじめを考える
最近話題になることが少なくなったが、福島の人に対するいじめ・差別意識について、メディアの報道については、何となくすっきりしないものを感じていた。もちろん、福島からの避難者であることを理由にいじめたり、差別したりする当事者は、強く批判されるべきであり、許されないことであるが、むしろ、政治家やメディアにそうした意識があるのではないかと感じるのである。  最も典型的なのは、オリンピック招致を決めた場での安倍首相と猪瀬元東京都知事の発言である。原発被害を受けるのではないかという、国際的危惧があったのだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/21 22:05
森友学園問題を考える
 森友学園問題は、日々新たなことが報道され、何が事実であるのか、何がフェイクであるのか、まだまだ分からないことだらけだが、私がもっとも興味があるのは、何故財務省が、このような国有地の安価な払い下げを行ったのかという点だ。財務省のような、日本の最も優秀な頭脳が集まった集団で、何もわからずに、なんのために実施するのか考えもせずに、いつのまにか、国有地を払い下げていたなどということは、100%ありえないことである。財務省なりの「政治的判断」があったと考えるのが当然だろう。もちろん、そのひとつとして「政... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/18 22:37
イギリスのEU離脱に思う
 イギリスのEUからの離脱が、国民投票によって確定した。今後の交渉での紆余曲折はあるだろうが、国民の意思である以上、その方向で進むのだろう。BBCの報道によると、多くの国でポンドが記録的な下落をしているという。国際的には、残留してほしかったという意思の現れなのだろうか。  EUの今後は、もちろん誰にもわからないだろうが、必ずしも、これが決定的に打撃になるかどうかも未知数だと思われる。  EUとは、基本的に、アメリカに対抗するドイツ・フランスの連合であり、それ故、イギリスは、必ずしもEUの方向... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/24 14:55
オリンピック招致の腐敗
 JOCの送金問題は、オリンピック招致に携わるひと達の底知れぬ腐敗ぶりと民主主義感覚の欠如を示している。国民の多くは既にあまり意識していないかも知れないが、当初東京オリンピック招致に対して、国民の多くは反対だったのだ。何度も繰り返される調査で、だいたい反対が賛成を上回っていた。それを逆転させたのは、メディアが何としてでも招致したいという意思をもって、世論操作をしたからだといってよい。このことは、かなり前に書いた。  また、招致を決めた国際会議で、安倍首相が、「福島の原発事故は完全にコントロール... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/15 21:45
丸山和也議員発言の本当の問題
 丸山和也議員の発言が物議を醸している。オバマ大統領が奴隷の子孫であるかのような趣旨の発言をした、人種差別発言であるという趣旨の批判が広範になされているようだ。肝心の発言そのものはどうだったのだろうと思い、ネットで調べてみると、詰まったりした部分も含めておこしたものがあったので、(たぶん歪曲はないのだろう)じっくり読んでみた。 http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e8%87%aa%e6%b0%91%e5%85%9a%e4%b8%b8%e5%b1%b1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/22 17:08
大学・専門学校内での記述前投票なら、職場も対象にすべきだ
 18歳選挙権の実施で、大学や専門学校の構内での期日前投票を可能とするように、政府が大学に養成しているのだと報道されている。いろいろと考えさせられる措置だ。  教職課程を履修している学生が、模擬授業で、よく選挙について扱うのだが、その主なテーマのひとつに投票率の低さをどう考えるか、どのようにしてアップさせるかというのがある。学生たちも決して意識が低いわけではないのだ。しかし、学生たちは、日本の選挙方式のなかでしか考えられないし、外国のやり方を紹介している教科書などは、中学の社会科教科書にはない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/12 22:38
強行採決と新国立競技場と台風報道
 新国立競技場のドタバタは、おそらく仕組まれたものだろう。安保法制を通す強行採決の世間の反応を最小限に押さえ込むための、ある意味綿密に計算されたものだったに違いない。  強行採決に向かうときの反対ムードをそらすために、新国立競技場の財政問題を前面に押し出し、世間の注意をそちらに向ける。メディアにとって、オリンピックネタは最重要テーマだから、メディアに圧力などかけなくても、自然にそちらのニュースを多くしてくれる。そして、国会での強行突破。国民の怒りが沸き上がるところで、新国立競技場の案を見直しを... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/17 10:01
ギリシャ問題を考える
 私は、経済の専門家ではないが、昨今のギリシャ問題に関する報道に大きな疑問を感じる。ギリシャの債務問題は、国家間(国際)問題なのか、国内問題なのか、その把握の仕方でかなり考える方向が異なるのではないかと思われるが、ここを区別せずに、つまり、国家間問題であるという前提での議論、そして、その前提が正しいのかを検討しない議論が多い様に思われる。(もっとも、ほとんどの報道を見ているわけではないが。)  私が考えるには、ギリシャ問題は、ギリシャという独立国家でありながら、EUという連邦国家形成の過程で起... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/08 19:02
「私的な場での発言」という言い訳は、言論人として失格である証拠
 百田氏の「沖縄の新聞は2つはつぶれるべき」発言で問題が継続しているが、この間の動きをみていると、百田氏や文化芸術懇話会に出席した自民党議員たちの、言論人、政治家としての資質の欠如を嫌というほど感じる。彼らは、仮面をかぶった言論人、政治家に過ぎない。  双方に共通する必要条件に、パブリックに関わっているという姿勢がある。百田氏や、大西英男衆院議員には、このパブリックの精神が完全に欠如している。言論人や政治家は、パブリックに関わるひとであり、特に政治家は公人と考えられている。百田氏のような有名言... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/07/01 21:50
安倍首相「我が軍」発言の意味するところ
 安倍首相の「我が軍」発言が議論になっている。例によって大歓迎する人や、問題発言だとして非難する人。論点になっているのは、ふたつのようだ。ひとつは、批判派が、「我が」というのが、my を意味するので、私物化的意識をもっているというもの。これに対して、安倍支持派は、「我が」は our であって、私物化ではない。「我が国」「我が故郷」などというのは、私物化意識とは全く関係ないいい方だという。もうひとつは、自衛隊は「軍隊」ではないはずで、これまで軍といういい方を、政府は慎重に避けてきた、憲法に反するい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/03/29 11:51
すっかり体制翼賛的な日本 鳩山氏のクリミア訪問に思う
 鳩山氏の行動が、相変わらずメディアや政治家たちの顰蹙をかっている。私自身、今の時点でクリミア半島を訪問して、現地政治家たちと親しく振る舞うことが、とてもいいことだとは思わない。また鳩山氏や民主党の支持者でもない。しかし、長期的に見て必ずしもマイナスではないと思うし、その行動を理解しようとは思う。  それにしても、鳩山非難の風潮は首を傾げざるをえない「理屈」に満ちている。政府の方針に反するからいくべきではない、というのは、そもそもおかしいのではないだろうか。そもそも、鳩山氏は、野党の側にいる人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/16 14:11
週刊文春人質事件報道の検証(2.19号)
 イスラム国の報道もめっきり少なくなってきた。酷い報道統制が行われて、どんどん事態がわからなくさせられてきているし、大手メディアはその片棒を担いでいるわけだが、それでも、何となくメディア人の迷い、あるいは鬱屈した感情が現れて、批判的に読めば、書いてあることとは違うことが真実なのだと感じさせることもあるようだ。  遅まきながら、前の新聞記事などをダウンロードして、少しずつ、どのような報道がなされ、それがどのように変えられてきたのかを確認しているのだが、「週刊文春」2015.2.19は、そういう意... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/28 06:45
日本人人質事件後を考えてみる
 現時点(2015.1.24、午後5時)で、日本人人質事件のその後の進展は公になっていない。人質二人が無事であるのかもわからないようだが、犯行声明と映像の公表がないので、まだであろうし、実行されないことを望む。  日本政府が働きかけをしていることと、サウジアラビア国王の死去によって、実行を遅らせているとみるべきなのだろう。  結果が出る前に、今後どうなるのかについて、少し考えてみたい。  少し前にも書いたが、安倍首相及び大臣たちの、イスラム国に対する挑発的言動が、人質のことを十分意識して行... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/24 17:29
石堂順子氏の会見をみて。
 イスラム国に拘束され、殺害予告されている後藤健二氏の母親、石堂順子氏の日本外国特派員協会での記者会見をみた。「にこにこ動画」で全てをみることができる。既にインターネット上でたくさんの書き込みがあるが、通常みることのできない不思議な会見だった。イスラム国と全く関係ない話題をたくさんだし、家族関係の話題も現在起きていることとは無関係の話が多く、更に、質問に対する回答が、問われていないことを長々と語るというもので、「にこにこ動画」だから、コメントがたくさん流れるが、ネガティブなコメントがほとんどだっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/23 13:59
クローズアップ現代のイスラム国、日本人人質事件の報道
 NHK「クローズアップ現代」を見た。日本人人質問題を扱っていたが、見逃すことのできない報道内容があった。それは、安倍首相のエジプトでの援助表明は、難民救済などの人道支援であるのに、イスラム国は、これがイスラム国への敵対の表明であると、事実をねじ曲げていると、二度にわたって述べていた。しかし、事実は、NHKの述べていることとは違う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/01/22 20:24
なぜ安倍内閣は危険な「テロ支援」表明をしたのか
 昨日アップした文章には、安倍首相がエジプトで行ったテロ対策への経済援助について、書くのを忘れてしまったので、それを補充しておきたい。つまり、この間のテロ関連での政府の動きは、3つあったということだ。  今日の毎日新聞の報道では、昨年11月に、「イスラム国」のグループから、後藤さんの家族に10億円の身代金要求があったそうだ。政府関係者の談話としてニュースになっている。  つまり、政府は、湯川氏、後藤氏が、日本政府の動向によって危機にさらされることを十分知っていたと考えるのが、合理的だろう。も... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/21 12:17
中谷、岸田両大臣の発言と拘束日本人の関係
 中谷防衛大臣が、テロ対策のために自衛隊が常時出動できるようにすべきという見解を発表し、岸田外務大臣が、イスラエルでネタニヤフ首相と協力を表明したとき、国際関係に注目している人ならば、誰しも、日本がテロの標的になると危惧しただろう。ネタニヤフが、日本だってテロの標的になる可能性がある、だから、協力して闘おうなどといい、日本の外務大臣がそれを肯定すれば、そのこと自体が、テロを引き起こす要因となるからである。フランスでの風刺画によるテロは、はっきり言えば、日本とは関係がない。テロはもちろん否定される... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/20 17:48
安部内閣の三点セット
 7月2日産経新聞によると、安部首相は今後50年は、日本の安全は保障されたと述べたのだそうだ。  しかし、戦後70年間、安部首相や自民党がなんといおうと、集団的自衛権を否定してきた状態で、平和が保たれてきたのである。この事実は否定しようがない。そして、戦後、主な戦争を最もたくさんしかけてきたのは、集団的自衛権で、当面のパートナーであるアメリカである。アメリカがしかけたき戦争は、ベトナム戦争にせよ、イラク戦争にせよ、まったく正当性のない、ただただ攻め込んだ国を荒廃させ、その国民を殺害してきただけ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/02 15:59
イランの日本非難から考える
 少々時間が経ってしまったが、6月23日に興味深い記事が産経新聞にあった。現在アーカイブで読める記事は、「対日批判に急転換したイラン 中韓接近も」と題されているが、私の記憶では、当日は「イラン」のあとに「なぜ?」という言葉がはいっていた。いかにも、「なぜ?」という雰囲気が伝わる見出しだったので、「そんなの決まっているだろ」と思ったものだ。  もっとも記事そのものは佐藤優氏が書いたもので、極めて妥当、その通りという感じの文章である。  しかし、佐藤優という人は、肝心要の本質を書かないという体質... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/27 22:34
「おいしんぼ」問題について
 「おいしんぼ」を巡る状況は、日本の政治家やメディアの腐敗ぶりを浮き彫りにしているように思われる。このコミックが発売されるや、福島県知事、管官房長官、森消費者相等の重要政治家などが、次々と抗議の声明をだし、それが「科学的根拠がない」「風評被害をもたらす」などと、圧力をかけた。圧力ではないというだろうが、個人ならいざ知らず、政府の高官や知事が公式に声明を発すれば、かなりの圧力となるだろう。  ところで、科学的な根拠がないという批判であるが、「鼻血で医療機関に相談になど来ていない」という「事実」を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/05/14 06:52
ウクライナをめぐる欧米の「論理」は疑問
 クリミア自治共和国における住民投票が、ロシア復帰賛成多数になる模様だが、この間のウクライナの情勢において、欧米の「論理」はどうも不可解である。もちろん、政治的事情や経済的事情があるわけで、それを考慮すべきは当然だろうが、少なくとも国際政治において「理屈」は重要であろう。  現在のウクライナ政府は、選挙で選ばれた大統領を、武力で放逐した、通常の意味ではクーデターで成立した政府である。この政府を、ほとんど詳細な検証もなしに、合法的な政府と認めているのが欧米である。ロシアは、武力で転覆した政府を正... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/17 09:54
NHK新会長の会見
 NHK新会長の会見が問題となっている。朝日新聞に詳細な報道があるので(1月26日ウェブ版)読んでみた。これが、NHK会長の会見かと思うと、ぞっとするようなおそまつなものだ。例によって産経新聞は、やっと言ってくれたと喜んでいる風の記事を載せ、NHKに寄せられた見解の2割は支持だったと紹介している。  長くなるが、当該部分を引用しておこう。 −−−  ――何か証拠があってのことなのか ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/28 22:38
代替案は原発稼働派こそ求められている 舛添氏の欺瞞
 1月20日の産経新聞(ウェブ版)で、舛添氏が、「脱原発、代替案ないのは無責任」と強調したと報道されている。しかし、それはおかしな議論ではないだろうか。  現在は、稼働している原発はひとつもなく、しかもその状態はけっこう長く続いている。しかし、電力不足で日本の経済・生活ができなくなっているという事態が起きているわけではない。もちろん、今後原料費が高くなって、電力料金があがるという可能性はあるだろう。しかし、現在「脱原発」状態である以上、これから原発を稼働させるというひとたちこそ、現状を変える必... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/22 09:39
安倍首相の靖国参拝は何故?
 以下は国際問題の専門家でもない人間の、自由な想像であることをお断りしておく。  安倍首相は、何故このときに、靖国参拝を実行したのかについては、いろいろな憶測がある。「理不尽な中韓に隠忍自重した」けれども、当面改善の目処がたたないので、予てからの目的を果たした。逆に、中韓との緊張を一層進めることで、憲法改正や武器輸出解禁の政策を進めやすくする。  しかし、どれもしっくりこない。もちろん、私は、靖国参拝には反対であり、A級戦犯問題が片づかない限り、大臣は参拝すべきではないという立場だから、安倍... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/28 21:32
山本議員への処罰は疑問
 山本太郎議員が、天皇に直訴の手紙を手渡したことが、大きな政治的問題になっている。天皇の政治利用だという理由で、議員辞職を迫る動きもあるようだ。  私は山本議員の支持者でもないし、彼がタレントであったときのことはほとんど知らない。原発反対の立場を鮮明にしたために、タレント生命を奪われ(これはこれで実におかしなことだと思うが)、その後参議院議員選挙に立候補して当選したこと、活動の中心が反原発であること程度しか知らない。今回の行為については、もちろん、好意的にはなれない。天皇にぜひ読んでほしいと思... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/11/03 15:23
サンデーモーニングでの石井氏の発言
昨日(23日)のTBSサンデーモーニングの終わりの方をみていたら、選挙に関するコメンテーターの意見聴取のなかで、毎日新聞論説委員の石井氏が、最近の投票動向は、政権政党に対する支持、不支持という、非常に単純化された投票が目立つ。だから、自民党から民主党、民主党から自民党へと政権担当が変わるような事態が起きたが、そうした単純な判断ではなく、様々な争点をきちんと理解した上で、投票してほしいというような意見を述べていた。  様々な争点を理解した上で投票せよという意見は、もちろん正しいだろうが、全体とし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/24 20:35
長嶋と松井の国民栄誉賞
 長嶋と松井の国民栄誉賞が話題になっている。賛否両論あるようだ。長嶋はいいが松井はだめだというのもあるが、私はそもそも変ではないかと思った。最初このニュースを見たときには、エイプリルフールの一環だと思ったほどだし、そのように感じた人も少なくないらしい。ヨーロッパでは、4月1日はかなり大々的な嘘報道が行なわれるし、日本でもぼちぼちそうした雰囲気が出てきたところなので、なかなかいい線の報道だと思ったくらいである。  しかし、どうやらその後の成り行きは、本当のことらしく進んでいる。  本当のことと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/03 14:06
橋下記事の週間朝日の対応に失望
 佐野真一氏による週間朝日記事の問題、大分時期遅れになってしまい、大方の議論がでているが、自分の考えを整理するために、書いておきたい。  当該週刊朝日を探すのに苦労した。amazonでは、2280円という値がついており、さすがに商売上手な人たちがいるのだと感心した。やっとある図書館で見つけてコピーし、熟読した。  この記事はとんでもない差別文書だという人と、そうではないという人がいるが、私は後者に与する。橋下氏は公人であるし、また、既によく知られているし、本人自身も語っているような内容がほと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/10/22 11:28
二大政党制は合理的ではなく、こない方がよい(池上彰氏の文章を読んで)
 日経のウェブ版に池上彰氏の「二大政党いまだならず」という記事が出ている。大学の講義録で、特別な主張をもっているわけではないようだし、戦後の政党の離合集散を分かりやすく解説しただけの文章だから、特に問題にすることもないのだが、この文章の前提となっている「二大政党が民主主義政治の基本」という認識から、できる限り早く脱しなければば、より民主主義的な政治は不可能なのだが、そうした認識を覆い隠すという点に、こうした文章の有害な面があると思い、書くことにした。  学校の教科書にも、二大政党による政権交代... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/11 18:25
「河野談話」はまっとうな文書だ
 オリンピック終了後、にわかに起こった領土問題で、メディアやそれに呼応するインターネットユーザーは、急速にナショナリズムを前面に押し出すようになっている。これは日本だけではなく、韓国もそうなので、一種のやらせだという意見もあり、また、それぞれの国内の困難な政治状況の目くらましだという見方もあって、私もそれに近い見方だが、おかしな方に暴走する危険性もある。そして、日本側で目立ってきているのが、「河野談話」への見直し論議、あるいは攻撃である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/29 22:19
負けるべくして負けた小沢 本気度の相違
 消費税をめぐる民主党内の攻防は、どうやら決着が見えてきた。もっとも、「事情通」なら、こんな結末は予定通りということになるのかも知れないが、しかし、逆に転ぶ可能性もあったとは思う。何故ならば、「大義」は小沢派にあることは、否定できないからだ。「消費税」をあげることについては、かなり多くの国民が仕方ないと思っているとしても、福祉にきちんと使われるとか、無駄な部分を削る(野田首相自身の言葉によれば「シロアリ退治」)などが前提であろう。しかし、三党合意では、それは全く無視されており、報道によれば、消費... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/22 20:11
小川法相更迭について
 6月4日、野田内閣改造が行われた。自民への屈伏という点以上の興味はなかったのだが、小川法務大臣を退任させたことには、注目せざるをえない。報道によれば、陸山会事件における石川知裕氏の取り調べに関して、虚偽の報告書を作成したことについて、ずっと問題になっているが、検察が起訴しない方針であることについて、それを問題視していたということだ。指揮権発動を野田首相に相談したが、首相が了承しなかったということだ。もちろん、指揮権発動は極めて重大なことで、軽々しく行うべきではないから、その是非はさておき、むし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/04 21:09
電力会社経営陣の勇気の欠如
 ついに、原発稼働がゼロになり、またまた夏の電力不足が話題になっている。当然だろう。実際に電力があるのだとか、ないのだかとか、ちゃんと情報公開されているわけではない状況だからはっきりしたことはわからないが、少なくとも電力供給の4割以上を原子力に依存していたらしい関西電力ではかなり厳しい状況であることは事実だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/07 20:35
おかしな石原都知事の尖閣購入論
 石原東京都知事が、尖閣諸島の島を都が購入すると宣言し、90%以上が支持しているのだという。実におかしな話だ。もちろん、批判もあるようだが。  そもそも、日本の書類では、日本人が所有し、国が借りていることになっているはずだ。つまり、日本の立場としては、日本が既に所有しており、管理を国が行っているのだから、都が購入して何が変わるのだろうか。買ってどうするということまでは言っていないようだから、単なるアドバルーンに過ぎないわけで、そのアドバルーン段階で、ある種の人たちが喝采を送るという奇妙な事態に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/04/28 12:19
福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)報告書に対する疑問
 〈福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)〉なる組織の事故調査報告書というのが出たらしい。盛ん報道されている。2月29日のクローズアップ現代でも取り上げていた。今日、いくつかの本屋を回ってみたが、どうもおいている様子はない。首都圏ではあるが、東京ではないので、こちらにまで回っていないのか、あるいは、出版されているわけではなく、関係者に配布されただけなのか。不思議なのは、クローズアップ現代で、盛んに情報発信上問題があったと述べているのに、福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)のホームページに、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/29 20:28
ナオミ・クライン『ショック・ドクトリン』を読む。震災復興のあり方に注意の視点が
 ナオミ・クラインというカナダのジャーナリストが書いた『ショック・ドクトリン』を読んだ。30カ国で出版され、日本でも昨年9月に遅まきながら翻訳が出た、世界的大ベストセラーだ。趣旨は極めて明快で、新自由主義は、「自由の重視」というようなきれいごとではなく、大企業が不当なまでに儲けるために、紛争を意図的に作り出し、(あるいは自然災害が起きたら、それを最大限利用し)そこにある既存の経済システムを破壊して、蓄積された富を奪い、本国や現地の税金を収奪するシステムであり、それに反対する人間を拷問にかけて黙ら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/10 12:11
一川・山岡両大臣の更迭は、最初から仕組まれていたのか。植草氏の指摘
 市川防衛大臣と山岡国家公安委員長の更迭が、政治的日程に昇っているといくつかのメディアが報じている。どうなるかわからないが、この点に関して、植草一秀氏が、興味深い指摘を昨年していた。植草氏は、優れた経済学者でありながら、猥褻疑惑で逮捕された人であるが、当時から冤罪疑惑があり、真相はわからないが、私はかなり冤罪の可能性が高いと判断している。小泉改革を痛烈に批判していたので、フレームアップで社会的に抹殺しようとしたという見解が、何人かから指摘されているのだが、植草氏のメールマガジンを読んでいると、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/09 08:42
電力会社の経営陣は、原発敷地内に住むべきだ
 今日のニュースによると、九州電力管内のすべての原発が停止したという。関西電力関連の原発も定期点検のためにとまると、やがては国内の90%の原発が停止状態になるらしい。こういう状況を、原発推進派はどうやって打開するのだろうか。結局、北海道の例を見ると、何ら国民に安心感を与えず、安全を保障しないまま、権力的に強行するのだろうか。あるいは、電力不足を演出して、やはり動かさないと仕方ないという雰囲気作りをするのだろうか。  いずれにせよ、こうした事態を見ていると、結局権力を握って政治を動かしていた人た... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/26 22:21
「最低でも県外」は「暴言」か?
 防衛省の田中沖縄防衛局長の暴言問題は、今は一川防衛大臣の問責決議に焦点が移ってきたようだ。確かに田中局長の発言というのは、「事実であるならば」、極めて問題であるし、何故こういうことが次から次に起きるのかという、素朴な疑問がいろいろと浮かんでくるが、この報道の中で、看過できない表現がひとつ、産経新聞の[産経抄]に出ていた。11月30日付けで文章である。この文章は、人権団体の幹部の発言への用心の心得を紹介し、オフレコとはいえ、田中局長の発言は酷いと批判したあと、その責任の一端は、一川防衛大臣のやる... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/02 17:43
秦郁彦氏のたばこ増税反対論について
 産経新聞としては、社をあげてたばこを守る、喫煙者を保護する政策をとっているかのような報道が続いている。8月16日には「「喫煙文化研究会」でバッシングにNO たばこの効用に理解を」と題する記事を掲載し、9月11日には「 たばこ増税への反論!野田政権の安易な増税路線をただす」という高橋昌之氏の署名記事を掲載していた。そして、9月23日、秦郁彦氏の「たばこ増税策の「不都合な真実」」となる。そして、自民党の反対で野田内閣が、たばこ増税をあきらめたと勝利宣言のような記事が掲載されてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/09 08:58
園田政務官の放射能水飲むパフォーマンスについて
 園田政務官が、福島第一原発の処理水を飲むというパフォーマンスをやったことが、インターネット上でさまざまな議論を呼んでいた。最近は納まったようだが、賛否両論あり、園田政務官を批判する者と、全く逆に飲めと迫った記者を避難する者と、実に立場はさまざまだ。もちろん、ここで、更にどちらかを批判したりするつもりはない。しかし、ここには、これだけで済ますのはもったいない「素材」が含まれていると思うのである。  現在、原発批判の急先鋒にたっている武田氏は、このパフォーマンスを強く批判していた。たった一回飲む... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/07 18:12
平野大臣の「ばかなやつ」発言-人間失格は非難者の方ではないか
 最近の自民党及びマスコミ、特に産経や読売のひどさにはあきれてしまうことが多い。もちろん、朝日がどれだけまともかは別だが。  平野復興大臣の言葉がとりあげられている。「逃げずに死んだバカ」という表現が、人間として失格なのだそうだ。もちろん、その文脈にもよるが、「人間的感性」をもっていれば、この言葉が、軽蔑した発言でないことは明らかだろう。友人のことを述べたそうだが、「立場上逃げるわけにはいかず、仕事を遂行していたために、逃げられなかった、だから死んでしまったが、やはり逃げて生きてほしかったのだ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/19 11:42
鉢呂辞任は、脱原発依存派の掃討?
 旅行にいっていたので、実はリアルタイムで理解していなかった。だから、いきなり鉢呂大臣の辞任が最初の認識だった。  まだ詳細はよくわからないが、結局、脱原発依存派が、最終的に放逐されたという気がする。菅内閣の崩壊の最も重要な要因がそこだったし、今回の内閣で明確に脱原発を打ち出したのが、鉢呂前大臣だったからだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/11 11:18
台風被害への政府の対応は?
5日の5時現在、ニュースや速報をみる限り、政府は台風被害に対して、何かしたという報道がない。単に報道がないだけかもしれないが、もし対応しているのに、それをメディアが報道しないのは、メディアとしての怠慢であるし、政府が腰をあげていないとしたら、早々に起こった大災害に対して、なんとも鈍いことになる。 震災があまりに酷かったので、今回の台風の被害はたいしたことないとされているのだろうか。 まれにみる大きな災害だと思うのだが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/05 17:05
管の辞任表明と、オバマの日本保有の米国債の債権放棄要求?
 本当のところはわからないが、板垣英憲氏が、「オバマがアメリカ国債100兆円分の債権放棄を日本に迫っていたが、菅が断った」と報じている。そのために、秋の菅のアメリカ訪問が、事実上棚上げになっているというのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/11 11:33
「政局」の対立軸
 政治の世界というのは、一般市民にはなかなかわからない。特に「政局」といわれる事態を理解するのは難しい。メディアの報道はほとんど実態と離れていると考えられるからだ。そもそも、メディアは「政局」なる状況が大好きだし、しかも、実際に争われていることを隠したまま、単なる人的争いごととして、政局を煽る報道をする。  民主党政権は、成立したあと、ほとんどの時期で、この「政局」なる報道によって、混乱した印象を与えられてきた。もちろん、民主党政権は、初めての政治運営だったから、まずいやり方が多く見られたし、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/09 12:52
原発再開の条件を考える
 玄海原発再開問題で、いろいろと揉めているようだ。7月6日の朝日によると、国が県民に説明する放送に、再開賛成メールを出すように、九州電力が自社や子会社の社員に働きかけていたということが、暴露されていた。この説明会は、主催者が指定した7名だけが、市民として参加し、かつ本格的な質疑応答はなく、一方的な説明に終始したらしい。  海江田大臣は、十分検査で安全性を確認しているという発言をしているようだが、今日のNHKニュースによると、更に「ストレステスト」なるものを実施するらしい。前に、安全が確認された... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/06 22:15
松本復興大臣の辞任は「自爆テロ」?
 とにかく暑いので、「真昼の極暑の夢」というところだが、松本大臣の突然の辞任は、朝のニュース速報で知ったが、率直に驚いた。東北での発言が、内容的には、そんなに間違っているとは思えないが、確かに、表現が酷いし、しかも、ニュースカメラが回っている前での発言だから、不用意なオフレコ発言ではない。つまり、確信的な発言だったと考えざるえない。もちろん、政治家に少し前になったわけではないから、あのような発言を公の場ですれば、当然辞任要請の声が巻き起こることは、知っていたはずだ。まさか、そんなことは考えもしな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/05 10:42
国歌起立・斉唱最高裁判決について考える
 最高裁判決で、「国歌起立斉唱の職務命令は違憲ではない」という判決が出たことで、産経新聞やこの主張をしている人たちは、大満足のようだ。まだ、この判決全文がインターネットでは入手できないので、熟読していないが、今回の事例は、都立高校の教師だった人が、起立・斉唱しなかったために、戒告処分を受けたことがあり、定年退職後、通常採用される再雇用がなされなかったのが、不当処分だと訴えた裁判の判決だったらしい。再雇用は、処分ではないので、不当処分とはいえないというのが、判決の主要部分ということだろう。ただ、報... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/05 14:16
ビンラディン殺害、なぜ今
 ビンラディンが殺害されたのだという。こういう問題の専門家ではないので、単なる感想に過ぎないが、多くの人がいろいろな疑問をもつだろう。  まずは「本当か?」ということ。死体はDNA鑑定をした後、海に投棄されたのだという。つまりは誰も襲って殺害した特殊部隊の人間した見たわけでもないらしいし、また、今後見るのが不可能だということだ。DNA鑑定って、ビンラディンのDNA資料をアメリカはもっていたのだろうか。これまでの報道では、資料をもっているとは思えないのだが、どうやって同一であることを確認したのだ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/02 22:59
海江田経産相の15%節電方針は、未来の方向に逆行するものだ
 海江田経産相が、夏の節電目標を一律15%減とすることを、正式発表した。火力発電の復旧などで供給能力が高まったからだそうだ。  しかし、このニュースを聞いて、「ああ、よかった」と感じた人は、どのくらいいるのだろうか。私は、「なんとこの内閣は、腰が軽く、うわついた政策をさも得意気に出すのだろうか」としか思えなかった。このニュースを伝える朝日は、翌日の別の記事として、「節電実験、目標に遠く及ばず、目標15%、実際は5%」という記事を載せている。新潟県で行った15%削減実験で、実際には昨年比の5%し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/29 10:34
諸外国の農産物輸入制限は、日本政府の間違った政策の結果である
 車でラジオを聞いていたら、諸外国が続々と日本からの農産物輸入を制限し始めていることを報道していた。そんなにたくさん日本から、諸外国に農産物を輸出しているのか、と改めて知ったのは、多少認識不足だったが、今回のこういう措置は、明らかに政府の間違った農産物制限政策の結果であるといわざるをえない。前のブログでも書いたことが、明確になった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/25 18:53
震災からの復興は高台の集合住宅で
 まだ困難なときに書くのもためらわれたので延ばしていたが、今日先週の大前研一氏の放送を youtube で見ていたら、既に民主党に提案しているといっていたので、こういうことはたくさん意見が書かれることがいいと思い、書くことにした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/25 09:38
ホーレンソー出荷停止、風評被害を生んでいるのは政府ではないのか
 放射能が検出されたということで、ホーレンソウ等が出荷停止となり、原乳も廃棄処分となっている。政府の要請だ。鳥インフルエンザなどで、すべて処分というやり方と同じなのかも知れないが、どうも納得できない。ある地域のホーレンソウが汚染されていたからといって、県全体を停止にする必要があるのか。  安心しろとか、風評被害に惑わされないようにといっても、措置そのものが風評被害発生源であるし、また不安をあおっていることだろう。とってつけたように、「食べても直ちには健康に影響がない」などといえば、誰でも不安に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/22 00:10
「想定外」について
 今の時点で、進んでいる事態を考察することは、好ましくない面もあるかと思うが、忘れない内に書いておきたいと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/20 20:56
メア氏の発言について
 メア氏の発言が大きな怒りをかっている。確かに報道されている内容は、ひどいところがある。しかし、沖縄の人たちが怒るのは、当然として、沖縄人ではない者は、もう少し冷静に見る必要があると感じる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/10 22:54
ニューヨーク・タイムズ、クリストフ記者の「尖閣諸島は中国領土」について
 ニューヨーク・タイムズのクリストフ記者が、尖閣諸島は中国の領土であるという考えを示したことについて、日本は猛反発し、抗議の記事を掲載させたが、この点について、我々日本人は、楽観視すべきではないと思う。  現在このような領土認識を表立って示す人は少ないにしても、今後どんどん多くなるだろう。そして、日本の主張が次第に無視されるようになる危険性もある。しかし、私には、日本の外務省が行った反論が、この点を考慮しているようには見えなかったし、また、日本の新聞の紹介や主張も同じ危惧をせざるをえない。特に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/01 12:58
ウィキリークスは「政治の透明性=民主主義」を再確認させるものだ
 ウィキリークスが話題を呼んでいるが、基本的に、私はウィキリークスの姿勢に賛成だ。既成メディアは、ウィキリークスに対しては批判的であるかも知れないが、なぜか、どんどん出てくる報道は、ウィキリークスから入手した材料を、既成メディアが行っているものだ。今後どういうものが出てくるのか、あるいはアメリカをはじめとする「政府」が弾圧に成功して、出てこなくなるのかわからないが、少なくともこれまでは、外交文書が公表されている。テレビで、個人に迷惑がかかるようなことが起きたら問題だというような話をしているひとが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/07 21:04
政治家は名誉を言論で守れ、仙石・丸山両氏の提訴はナンセンス
 教育の分野では、政府が決める「学習指導要領」で、「言語活動」の促進が強調されている。しかし、最近の政治をめぐる動向をみると、政治家の「言語活動能力」が問われているのではないかと、驚くことがたくさんある。  政治家が、メディアで批判されたりすると、名誉棄損で提訴することが、次第に多くなってきたが、ここのところ、そういうことが盛んに報じられている。  まずは新潮社での報道に対して、仙石官房長官が1000万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたことが報じられている。産経新聞によると、「訴状によると、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/27 13:29
小沢とチャベス
 小沢一郎の行政訴訟が却下されたという。却下ということは、訴訟自体として取り上げないという、完全門前払いだから、小沢の政治的立場は更に一段低下したわけだ。即時控訴したようだが、産経新聞によると、小沢自身が「自分は裁判で決着をつけるのがよく、提訴はもともと反対だった」などと語ったとされる。語るに落ちたとはこのことだろう。本人が提訴するのがよくないと考えているのに、弁護団が強引にやったのだとしたら、弁護団を解任するくらいでなければ、辻褄が合わないだろう。小沢ほどの政治家が反対する訴訟を、弁護士の独断... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/19 08:24
小沢氏の国提訴など、自爆ではないだろうか
 小沢一郎氏が、検察審査会の決定は無効であるという主張で国を訴えるという記事が出ている。  産経新聞(2010.10.15)によると、以下のようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/15 13:21
小沢氏は証人喚問で復権することが可能ではないか
 昨日の補充。  検察審査会の決定によって、小沢が強制起訴されたことで、小沢の政治生命が危うくなり、田中角栄のように膨大な資金があるわけでもないので、権力を維持することは難しいだろうというような観測が、いろいろと書かれている。訴訟で無罪を勝ち取っても難しいとも。  しかし、それは本当だろうか。小沢には打つ手がないのだろうか。私は政治家としての小沢は政治生命を喪失してほしいと思うし、日本により民主主義的風土を確立していくためには、マイナスな政治家であると思っているが、もし、本当に小沢が何も問題... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/06 21:55
小沢起訴は説明しなかった帰結、証人喚問はむしろ政治家の「特権」なのに
 今日車でラジオを聴いていたら、小西克哉と荒川強啓が、小沢起訴すべしの検察審査会の決定を、かなり強い調子で非難していた。批判というよりはまさしく非難だった。「小沢の疑いが強く、また検察はきちんと捜査をしていないので、公開の法廷で明らかにすべきだ」という主張はおかしい、検察ファシズムならぬ検察審査会ファシズムで、こんなことが認められると、自分の気に入らない人物を、検察が起訴しなかったら、検察審査会を開かせて、起訴すべしという結論を出させることが可能になってしまい、恐ろしい事態が出現する危険性がある... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/05 22:35
大阪地検特捜部の押収資料改竄事件
 大阪地検特捜部の押収資料改竄事件の進展は、ますます興味深くなってきた。改竄が故意か過失かとか、上司が逮捕されるかどうかとか、そういうことで、マスコミは興味を煽っているが、やはり本質的なことには、行かないことを決めているのだろうか。  もちろん、本質的に重要なことは、故意であろうが、過失であろうが、証拠が改竄され、そのことによって、事件そのものが成立しないことが分かったにもかかわらず、捜査が継続され、逮捕・起訴されたという事実である。つまり、だれがどのように認識していたかは別として、既に起訴段... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/04 13:50
尖閣諸島の石油開発をせずの、領土主張は説得力があるのか
 尖閣諸島問題は、相変わらずだが、議論も相変わらずだ。そこで再度相変わらずの議論を私もしたいと思う。前回、石油資源採掘をめぐる問題との関連で書いたが、以前産経新聞が取り上げていた日本の森林資源や水資源の中国による購入の動きが、他のメディアにも取り上げられるようになってきたので、その問題とも絡めて書いておきたい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/10/03 20:57
中国への外交的敗北は20年間のつけ
 中国船長の釈放は、少数派として肯定する人もいるようだが、大体は中国への外交的敗北という見解が圧倒的だ。やはり、中国は日本の政治空白を狙って仕掛けたのだろうし、それに乗せられたということを、考えたくはないが、考えざるをえないだろう。  しかし、ここでは、ほとんど書かれていないことについて書いてみよう。それは、日本が本当に尖閣諸島の領有および資源確保に真剣に取り組む意志があるのかという点だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/25 14:53
「論争嫌い」「持病」「疑惑」三位一体の人物は首相に歓迎しない
 最近は秋からの授業の教科書改訂に忙しく、ブログをほとんど書いていなかったので、何か書かねばと思い、たいしたことではないが、小沢出馬に関連して考えることを書いてみたい。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/28 16:14
ねじれ国会は民主主義のチャンス
 民主党の大敗は、今後どのような影響をもたらすのか、もちろん予測がつかないが、基本的に、前に書いたとおり、ねじれ国会になった方がいいと考えているので、今回の選挙結果は、日本社会にとってプラスであったと評価したい。自民党を応援する気持ちは全くないから、自民の勝利を評価しているわけではない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/07/13 19:12
鳩山辞任、民主党は自民党の道を歩むのか
 鳩山首相がついに辞任の意向を表明したようだ。  これで民主党は、確実に「自民党への道」を歩むことになるだろう。その後の政党の歩みについては、専門ではないので、予言めいたことはいいたくない。しかし、鳩山首相の辞任の意味について、少し考えを述べておきたい。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/02 10:54
鳩山首相は辞任すべきではない!
 ついに連立の一角が崩れて、政界がごたごたしているようだが、こういう時にこそ、政治家たちの真の姿、偽りのない「実力」がわかるような気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/30 20:40
鳩山首相は小学生なみか?
 最近すっかりご無沙汰してしまった。仕事が忙しいということもあるが、何となく書くことが多少おっくうになっていることもある。  しかし、最近の動きをみて、いろいろと書いておきたいこともあった。私自身専門家でもないし、また、民主党支持者でもないので、特別に弁護する気もないのだが、普天間問題の特にマスコミの論調に疑問があるので、この問題について、いくつか書いてみたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/18 21:32
オランダ、バルカネンデ内閣が分裂
 オランダの内閣が分裂し、有力与党の労働党が政権離脱した。キリスト教政党の首相バルカネンデは総辞職するようだが、たぶん総選挙を実施するだろう。  バルカネンデ首相にとっては、自分が実施する三度目の総選挙になるはずだ。長く続いた労働党政権から政権を奪取した2002年も、戦争がらみであった。ユウゴ紛争の中でオランダ軍の不祥事を隠蔽したとして、コック内閣が倒れ、しかも外国人排斥派のフォルタインの暗殺という大事件も重なった総選挙だった。同情票もあって新党ながら大きな議席をとったフォルタイン党(党首は当... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/21 18:33
ドイツで「我が闘争」再出版か
 オランダの新聞の情報であるが、ドイツでヒトラーの「我が闘争」を出版する計画があるという。2015年に著作権が切れる(ドイツでは著作権の継続を著作者の死後70年としているようだ。)ことを見越してのことだ。もっとも、おそらくこれは、2015年に切れるから出版しようということではなく、著作権が切れれば、グーテンベルク計画などによって、インターネット上にアップロードされるだろうから、それへの事前対応として、批判的に検討するためということのようだ。ドイツのユダヤ人組織は、2008年に「我が闘争」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/05 21:58
自民党がまた一族候補?
 2月5日の朝日新聞(インターネット版)に、故中川昭一の後継者として、妻に出馬を要請しているという記事が掲載されている。死の直後からそういう話は出ていたが、それが決まらなかったということは、さまざまな意見があったということだろう。しかし、この決定を見ると、自民党執行部は党を再生する意思がないのかと思ってしまう。自民党は全く支持していないので、別に再生してもらわなくてもいいが、それにしても、政党が健全に機能することは、その国の民主主義的政治にとって重要なことだから、こまったことだと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/05 08:28
NHK内閣支持率調査への疑問
 鳩山内閣の支持率低下が話題になっている。そのこと自体は私には感心があまりないのだが、その調査に疑問をもっている。NHKの調査に関してだが。もっとも、どのような調査なのか、厳密には分からない。というのは、放送された部分しか知りようがないからである。  こうした調査が非常に作為的で、かつ誘導的であることは、様々な研究によって指摘されてきたが、NHKの調査も非常に誘導的であるように思われる。言葉を変えれば、立場性を感じるのである。  もちろん、多くの人は、そのようなことは感じないに違いない。なぜ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/22 20:21
鳩山献金問題に関して
 鳩山首相の政治献金問題が大問題になっている。私はこうしたことには全くの素人だが、素人なりに考えて、どうも理解できないところがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/12/01 22:12
高速道路無料化したらどうなるかの一例
 最近は高速道路の無料化論議があまり見かけなくなったが、どうなったのだろう。フェリーや鉄道などの他の公共交通機関からの反対が報道されているが。地球環境の観点からすると、当然公共交通機関の方が個別輸送機関である車よりも燃料効率がいいはずであるから、高速道路だけを優遇して、公共交通機関を不利な立場におくことは極めて問題であろう。  ただ、今回は全く別のことを書いてみようかと思う。  それは高速道路を無料にすると渋滞が起きるかという問題だ。    私の近所に有料道路があった。非常に短い道路で料... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/16 13:39
「二大政党」「国民政党」は民主主義的か
 総選挙が終わり、政権交代することになった。政権交代は、民主主義にとって大きな意味をもつから、けっこうなことだと思うが、前回及び今回、得票率に対する議席獲得率という点で、やはり、問題を感じないわけにはいかない。今回民主党の得票率は、47.4%、自民党は、38.7%。それに対して、議席獲得率は、民主党73.7%、自民党21.3%だった。前回の小泉選挙では、この傾向が逆だったわけだ。特に、前回は、郵政民営化が明確な争点であったわけだが、民営化賛成派議員の得票率より、反対派議員の得票率の方が多かったに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/31 23:07
高速道路の無料化は?
 民主党の高速道路無料化というのは、どうなのだろう。どうも判断がつかない。無料化の理由は、あまり使われていない地方の高速道路を無料にして、多く使われるようにし、そのことを通して、輸送効率を高め、経済の活性化につなげるという発想らしい。  ヨーロッパでかなりの国々の高速道路を運転したが、たしかに大方は無料であり、非常に利用しやすい。ラテン系の国では有料の高速道路が多く、また、無料のところでも、長いトンネルとか、海にかけられた大橋などくらいが有料だった。無料だから料金所などもなく、また、インターチ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/30 22:53
いよいよ選挙だが、本当に問われることは
 ついに解散された。といっても、マスコミが待ちかねたように、待っていたわけではない。私は任期一杯議員は務めればいいと思っているから、この解散騒ぎは、多くがマスコミ的利害によって起こされていたと考えている。そもそも民意といっても、総選挙は極めて大雑把な国民の意思表示なのであって、本当に民意を政治に反映させるなら、国民投票をできるだけ行うのがよい。その方が直接的に民意を反映することができる。選挙になれば、メディアは報道の方向性が定まり、大いにユーザーに利用される機会が増えるからである。  麻生首相... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/21 22:26
NHKの台湾統治に関する番組で
 NHKの放映した台湾統治をめぐる番組について、出演した人もいるが、見た人たちが被害を受けたとして損害賠償訴訟を起こすという、いささか常軌を逸した事態が起きた。直接の関係者が被害を受けたというならわかるが、見た人が被害を受けるということは、理解できない。そんな訴えを認めたら、およひ社会的に論議のあることを、表現として公表することができなくなってしまう。まさしく表現の自由への圧迫であろう。番組が疑問なら、インターネットでもいくらでも批判ができる世の中である。事実、そうした批判があふれている。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/26 23:02
世襲議員問題(1)
 自民党の世襲制限に関する議論は、自民党の世襲議員の横行がいかに自民党を弱体化させたか、ということを如実に示したのが、皮肉といえるだろう。結局、自民党をぶっ壊すと豪語した小泉元首相が、最も自民党的な慣行である世襲制に依拠して、息子に地位を継がせることを強行し、自民党もそれを認めた。小泉という人物がいかに噴飯ものであるかを示してもいる。(西川社長続投問題にしても、結局小泉の負の部分が炙りだされるのが恐いのだ、という新聞の指摘があったが、そうなのだろう。郵政民営化といっても、小泉にとっては、利権とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/10 22:26
森田健作を告発
 森田健作が、自民支部長であるのに、無所属として立候補したことについて、ついに告発状が、千葉地検に出されたと、産経新聞が報じている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/15 21:35
千葉県知事選、森田健作の虚偽事項の公表
 千葉県知事選が行われ、森田健作が当選したが、読売新聞の報道によると、「完全無所属」をアピールしていたが、実は自民党の支部長であったし、今でもそうだという。  以下がその記事である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/30 20:40
高速道路上限1000円問題
 高速道路の料金が土日祝日に限り、かつ普通車以下の車、そして、首都圏や大阪圏を除く部分で最高1000円となるそうだ。しかし、このやり方には大きな疑問を感じる。そもそも高速道路って民営化されたのではなかったのか、それなのに、国策でこうしたことが決まるということもあるが、それはさておき、この政策の土台にある考え方が変だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/03 22:32
世襲仲良しクラブにできないこと
 誰でも感じていることだとは思うが、改めて感じたことは、自民党は「世襲仲良しクラブ」だということだ。まるで高校の生徒会みたいな感じがする。  自民党組織は、江戸時代の大名組織のようなものだとずっと思っていた。大名組織というのは、まずは血筋・血統の正しいお坊ちゃん大名がいて、能力は2の次だ。それを支える江戸家老と国家老がいる。普段は江戸で活動しているが、国の活動は国家老に任せてはいるが、時々帰って存在を示す。  おそらく戦後直後から高度成長期・石油ショックくらいまでは戦国時代そして戦国の気風が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/18 10:52
小泉の狙いは「今度こそ本物の選挙管理内閣」の創出か?
 小泉元首相がえらく張り切っている。端的にいって、本当の選挙管理内閣の創出が目的だろう。麻生はそもそも選挙管理内閣だったはずが、そのタイミングを失したか、あるいは最初からやる気がなかったかわからないが、どんなに選挙をやりたくなくても今夏にはやらざるをえない。誰がやっても、前のような自民の勝利はないが、その傷をできるだけ小さくするためには、別の内閣にして、少しでも支持率を高くした状態での選挙をせざるをえない。そういう腹での画策だろう。麻生を思い切って下ろした方がいいというシグナルだと考える。そうい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/14 12:17
ワークシェアリングの条件
 経団連や連合がワークシェアリングを前向きに考えているということが、この間話題になっている。しかし、オランダやドイツで行われたことが、日本で実現できるかというと、そんなに単純ではない。特に、かなり大規模にワークシェアリングが行われ、経済の回復に実効性があったとされるオランダの就業形態や社会保険のあり方が異なるので、結局のところ、労働者の不利な状況が繰り返される危惧が強いと考えられる。また、メディアの報道をみても、あまり切り込んでいないように思われる。    まず単純に考えても、欧米はある職務... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/23 15:50
アフガンはベトナムになる可能性はないのか
 オバマへの期待一色に世界が染まっている感じだ。  もちろん、ブッシュがあまりに酷かったから、オバマへの期待は当然であるし、また、よい方向に変わることを期待するのも当然だろう。しかし、オバマの登場が直ちに世界をよい方向に転換することになるかは、まだまだ未知数というべきだし、テレビで放映されたアメリカ人たちが、口々に、「歴史の転換点にいられることをうれしく思う」などと語るのを見ていると、不快感を抱かざるをえない。ブッシュが酷いといっても、それを選んだのもアメリカ人であり、この8年間アメリカが世界... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/22 17:27
田母神氏の頭脳レベル
 田母神論文が騒がれている。アパグループのホームページに掲載されているので、読んでみた。一読して、この作者の頭脳構造の異常さ、あるいははっきり言えばレベルの低さに驚いただけではなく、こうした論文を一等にする懸賞のレベルの低さにも驚嘆した。このアパグループは、数年前の建築の耐震偽装事件で問題を指摘された企業であるが、そうした倫理性の問題もあるのだろう。  新聞でこの論文についてはさかんに指摘されているし、また、肯定的に引用された秦郁彦氏が新聞紙上で、自分の著作のまったく歪曲した引用で迷惑である旨... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/12 08:28
中山発言の意図は?
 以下は、全て憶測、あるいは妄想の類と思ってもらって、かまいませんが。  中山発言を知ったとき、これは、解散先送りのための出来レースではないか、と思ったのだが、みなさんは、どうだろうか。解散風にあるが、自民党にとっては、何の利益もない解散で、与党の数が減ることはほとんど間違いない。だから、ずっと解散先送りしたわけで、できたら、任期満了まで持ち越すと望んでいる自民党議員はたくさんいるはずだ。しかし、世の中解散ムードになってきた。どうやって、回避するか。  それは自民党議員のなかに、今解散できな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/30 13:48
国会の年金議論をきいて。国民総背番号
 今日車に乗りながらずっと、国会中継を聞いていた。予算委員会の集中審議とかで、主に年金問題をやっていた。そのなかで、非常に興味深い発言を舛添厚生労働大臣が言っていた。それは、いろいろと事務的なことをやっているとどうしてもほしいのが、「社会保険番号だ」という発言だ。いってみれば、国民総背番号のことだ。ところで、この国民総背番号の議論というのは、非常にゆがんでいる。反対する側は、だいたい民主主義を重んじる人たちで、だいたいはプライバシーの侵害だということで反対する。他方賛成するひとは、収入の把握と経... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/04/07 22:33
Fitna を見て
 Fitna というビデオをみた。ちょっと探したが、それほど苦労せずに探すことができた。こう書いてもわからない人が多いと思うが、オランダの右派政党が作成したビデオで、コーランを揶揄し、イスラム教を非難する内容である。EUとしてまずいことになると撤回を求めていて、本家のホームページでは撤回したようだが、それをアップするサイトがいくつもあるようだ。  イスラム教とキリスト教の間には、埋めなければならない溝があることは確かだし、イスラム側に改めるべき点があることも事実だろう。しかし、このようなビデオ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/02 10:39
パル判決を考える
 安倍首相は、インドで東京裁判で判事をつとめたパル判事の遺族に今月下旬に会うのだそうだ。東京裁判の不当性を主張している人たちは、一様にパル判事を持ち上げるが、いつも疑問に思うのは、そうした人たちはパル判決を読んだことがあるのだろうかという点だ。幸い、パル判決は全文が翻訳されて、今でも出版されており、本棚に並んでいることも珍しくない売れ筋の本なのだろうから、売れているのだろう。しかし、非常に厚い本で、長編小説なみだから、読むのは大変だ。私もけっこう時間がかかった記憶がある。  もちろん、こんな厚... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/08/15 23:26
流山市の温暖化対策の問題
 流山市は、行政コストパフォーマンス(?)が最もよい市らしいが、二週間ほど前、全国ニュースで流山市の温暖化対策が紹介された。温室効果ガスを抑制するための市民の方策に対して補助金を出すというものだ。行政にコストをかけない流山市としては画期的なのだろうか、ニュースとなった。しかし、その内容は待ってほしいというというものだ。テレビで流れた報道なので、すべてを記憶していないが、代表例は、ソーラーシステムを導入すると5万円の補助金を出すというのが第一だった。  たしかにソーラーシステムは太陽という自然エ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/19 22:28
ソクラテスの死は「処刑」か「自殺」か
ソクラテスの死は「処刑」か「自殺」か  慰安婦に軍の関与は「狭義」にはなかったとか、沖縄の集団自殺は軍が強制したものではないとかいう議論があるが、こういう論理はやはり、「美しい」ものではあるまい。  ソクラテスの死について考えてみた。ソクラテスは周知のように、若者をかどわかしたとか、神を冒涜したというような「告発」を受けて裁判にかけられ、「死刑」判決を受けた。もちろん、正式な裁判の正規の判決だから、国家の意思決定であろう。  しかし、これもよく知られているように、ソクラテスは、絞首刑になっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/05 21:12
教育の再生か撲殺か(14)道徳教育の教科化
教育の再生か撲殺か(14)道徳教育の問題 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/03 00:16
教育の再生か撲殺か(13)
教育の再生か撲殺か(13) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/02 23:56
生む「存在」ならいいのか。少子化対策そのものが問題
柳沢大臣はどうやら居すわるらしい。発言そのものはまったく不適切なものであるし、辞任すべきだろうと思うが、しかし、この発言がけしからん、女性蔑視のものだから辞任すべきだ、そんな人に少子化対策の厚生労働大臣は任せられない、というような単純なものなのだろうか、かなり疑問である。 表現として不適切ではあるが、ある面では「少子化対策」の考え方をずばりと述べたに過ぎないとも言えるのである。少子化対策とは、女性が子どもをもっとたくさん生むべきだということ以外のことを指すだろうか。女性は子どもを生むこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/02/05 22:25
「「教師の給与は「固定」すべきものだ」について」について
「「教師の給与は「固定」すべきものだ」について」について  これまで民間の、特に中小企業に比較すれば、公務員、あるいは教師の待遇が恵まれていたことは事実ですが、少なくとも学校の教師については、それほど不当だという印象は受けません。特に小学校や中学校の学校の先生の忙しさは、異常なものがあります。そして、サービス残業という言葉が民間ではありますが、そもそも、教師の世界では制度的にサービス残業構造のようになっています。給食指導があれば、昼食すら、休憩としては満足にとることができません。  部活の指導... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2005/11/04 14:10
教師の給与は「固定」すべきものだ
 11月3日の朝日新聞によると、文部科学省の副大臣になった馳氏は、義務教育費国庫負担法の廃止に賛成する立場であり、その意見は、「使い道を給与に限定する現在の負担制度は廃止し、教育分野であれば地方の自由裁量に任せる一般財源化が良いという考え」の持ち主であり、中学だけではなく小学校も今回やるべきであったというように衆議院の文科委員会で発言していたのだそうだ。  これによって、一般財源化の主張が、教師の給与システムを変えることに意図があることがはっきりと分かる。そして、変えるというのは、教師の待遇を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/11/03 19:51
ニューオーリンズの惨状
 ニューオーリンズの惨状が映し出されている様子を見ると、アメリカという国家の暗い一面を否応なく知らされる気がする。とにかく、映し出される市民のほとんどが黒人だ。ハリケーンが来る少し前に、ラジオを聞いていたら、ニューオーリンズ在住のジャズピアニストという人が、電話で出ていて、逃げてきたということだった。避難勧告が出て、とにかく300キロ離れたところに住んでいる友人のところに身を寄せることにしたということで、10時間かけてやってきたところだという話をしていた。そういう経験は初めてだと言っていたが、と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/02 10:28
「構造改革の必要性。」について
「構造改革の必要性。」について  構造改革・民営化がお題目のように唱えられている気がするが、この種の議論にはかなりの疑問が残る。もちろん、公務員のあり方に大きな問題があることは事実である。そして、民間にまかせた方がいい分野があることも事実である。  しかし、官は放漫経営だから、民間の方が効率的であるという見方があるが、必ずそうなるとも言えない。また「民間にできるものは民間に」というのも、かなりの面で「イデオロギー」であろう。「民間にできる」といっても、程度の問題がある。全国的なサービスが維持さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/20 23:54

トップへ | みんなの「政治」ブログ

教育と社会を考える 政治のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる