アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「時事問題」のブログ記事

みんなの「時事問題」ブログ

タイトル 日 時
二重国籍問題を考える
産経新聞に「二重国籍解消の自民・小野田紀美氏が蓮舫氏を猛批判 『ルーツや差別の話なんか誰もしていない』『合法か違法かの話です』」 という長い題の記事が掲載されている。(2017.7.16)民進党の蓮舫代表の二重国籍問題が、毎日のようにメディアで扱われているが、この記事に代表される論には、首をかしげざるをえない。  小野田氏の主張は、ここに紹介されている限りでは、次のようである。 ・国籍法に違反していないことを証明するのは、戸籍謄本のみである。 ・ルーツや差別の話など誰もしていない。 ・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/17 11:37
全くやる気などない「高等教育の無償」
 安倍首相が、実際の日程をあげて改憲を言い出した。改憲が自民党の党是であっても、具体的な期限を言い出したのは、初めてだろう。しかし、日程よりも驚いたことがる。「高等教育の無償」を規定するのだそうだ。「開いた口が・・・」というのは、このことだろう。安倍首相は、とにかく、「これが実現する」といって、国民の期待を喚起するのが、常套手段といえる。北朝鮮と密かな交渉をしてきたから、拉致問題が進展すると、メディアを通して大宣伝したが、結局経済制裁を一方的に解除して、何ら成果がなかった。そして、最近では、北方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/09 22:24
改憲派こそ「平和ボケ」
 昨日は憲法記念日だった。最も憲法を尊重しなければならない内閣総理大臣が、憲法を改定しなければならないなどという談話を発表するのだから、それだけで、総理大臣としての資質を疑う。  憲法改正を主張する人たちの共通の言いぐさに、「護憲派は平和ボケだ」というのがあるが、これはまったく逆だと言えるだろう。改憲派こそ平和ボケなのである。改憲派の言い分は、侵略から守るには軍隊が必要であり、自衛隊があったこらこそ平和を守ることができたのである、だから、今後自衛隊を認知するために憲法改正が必要であるとか、ある... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/04 20:57
教育勅語そのものが「違憲」である
 道徳が教科となり、検定教科書が使われることなったわけだが、最近検定の模様がニュースとして流れ、そのなかに「パン屋」は日本の伝統にそぐわないという理由で保留になったので、「和菓子屋」に訂正したら通ったという話が話題になった。パン屋さんたちはかんかんに怒っており、和菓子屋さんたちは困惑しているという報道もある。  ほとんどの人が、このことのばかばかしさに驚いただろう。しかし、ばかばかしいと感じて嘲笑してすむことではない。  誰でも、「道徳教育は大切だ」と言われれば、よほどの人でない限り、それを... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/09 21:58
フレームアップの匂いも
 かなり反政府勢力やISを圧倒していたアサド政府軍。そこに政府軍がサリンを蒔いたという非難。わずか2日後にアメリカによるミサイル攻撃。  これまで何度か繰り返された「筋書き」の気もするのだが。  もちろん、政府軍が化学兵器を使ったという可能性もあるだろう。しかし、冷静にみれば、優勢だった側が、わざわざ国際的非難を受けることが確実な兵器を使用するだろうか。このことで息を吹き返したのは、反政府側だ。  メディアは、例によってすっかりサリンを蒔いたアサド軍を攻撃するのは、当然だという雰囲気で報道... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/07 22:38
森友問題などにかまっている場合か、という意見もあるが
 かなり前に書いた文章だが、やはり掲載することにした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/05 21:37
福島避難者へのいじめを考える
最近話題になることが少なくなったが、福島の人に対するいじめ・差別意識について、メディアの報道については、何となくすっきりしないものを感じていた。もちろん、福島からの避難者であることを理由にいじめたり、差別したりする当事者は、強く批判されるべきであり、許されないことであるが、むしろ、政治家やメディアにそうした意識があるのではないかと感じるのである。  最も典型的なのは、オリンピック招致を決めた場での安倍首相と猪瀬元東京都知事の発言である。原発被害を受けるのではないかという、国際的危惧があったのだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/21 22:05
森友学園問題を考える
 森友学園問題は、日々新たなことが報道され、何が事実であるのか、何がフェイクであるのか、まだまだ分からないことだらけだが、私がもっとも興味があるのは、何故財務省が、このような国有地の安価な払い下げを行ったのかという点だ。財務省のような、日本の最も優秀な頭脳が集まった集団で、何もわからずに、なんのために実施するのか考えもせずに、いつのまにか、国有地を払い下げていたなどということは、100%ありえないことである。財務省なりの「政治的判断」があったと考えるのが当然だろう。もちろん、そのひとつとして「政... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/18 22:37
「文芸春秋」3月号の安楽死特集について
 「文藝春秋」(3月号)が安楽死の特集をやっているので、購入し、全部は読んでいないがざっと目を通してみた。正直、雑誌の姿勢にがっかりした。安楽死問題をきちんと議論したいとか、日本の政治家を中心として、きちんとこの問題に向かい合っていないなどと序文のような文で書いているにもかかわらず、この特集のあり方そのものが極めて安易で、安楽死問題を考える際の必要なことを無視している。  そもそも、安楽死が日本で法的にまったく認められていないという言い方は、「100%正しい」とはいえない。「法」を「法律」レベ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/14 20:50
愛知県生徒の自殺を考える2
 愛知の中学三年生の自殺について、今日続報があった。新聞休刊日だったので、朝は新聞を読まないまま大学にいったのだが、学生とのサブゼミで、この事件を話題にしたところ、朝のニュースをみていた学生がいた。それによると、保護者たちを集めた集会が学校であり、そこで終わったあと出席した保護者たちに記者たちが聞いた話が、「担任によるいじめがあった」との校長の説明だったそうだ。そして、夕方帰宅途中で床屋に入り、終わって帰ろうとしたら、たまたまニュースをテレビがやっていて、この話題を話し始めたので、思わず聞き入っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/13 18:33
文部科学省の天下りが問題
 文部科学省の天下りが問題となり、事務次官が辞任する事態となっている。間隔をおいて何度も問題になってきた天下り問題だが、今回は、文部科学省と大学とが係わっているので、どこに問題があるのか、解決の要点はどこにあるかをを考える。  問題となった事例は、文科省の局長だった人物が、在職中に早稲田大学への就職に関して相談していたこと、文科省が組織的にその就職を斡旋していたと考えられていること、離職後2カ月という短期間で就職したことなどが問題となっている。    まず、官僚が再就職すること、そして、で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/20 22:30
エルシステマに関する質問コメントへの回答
 2014年12月に書いた「エルシステマ論」に質問コメントがあったので、ここで回答します。原文は http://wakei.at.webry.info/201412/article_3.html です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/01/05 18:41
いじめ調査についての毎日新聞の記事について
 毎日新聞11月7日朝刊に、「いじめ把握アンケート有効」という記事が掲載されている。気になる点がある。  まず「2015年度に全国の学校が認知した約22万件のいじめのほぼ半数は、学校が児童生徒に実施したアンケートをきっかけに把握されていたことが文部科学省が発表した問題行動調査でわかった」と書かれている。  最初の文章であるが、ここから既に間違った記述になっている。「いじめの半数がアンケートによって」ではなく、実際には、「認知されたいじめの半数」である。文部科学省の統計は、あくまでも認知件数な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/07 17:52
浜名湖ボート転覆事故の校長の責任は問われるべきだ
 10月8日の朝日新聞に、「校長の「不起訴不当」 検察審が議決 浜名湖ボート事故 /静岡県 」と題する記事が出ている。浜名湖で、2010年に、青年の家での体験訓練中に、手こぎボートが転覆し、豊橋市の中学一年生1名が死亡した事故があった。この事故は、私も大きな衝撃を受け、学校事故の話題のひとつとして、講義でも毎年取り扱っていた。  豊橋は愛知県の東端なので、浜名湖で毎年一年生がボート訓練を行事として行っていた。この年は、天候が悪く、かなりの荒れ模様だったようで、特に海の沖合ははっきりと荒れていた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/10 21:41
アサイチの「子育てするなら流山」をみての疑問
 NHKの朝の人気番組「アサイチ」の中で、「子育てするなら流山」として流山市が紹介された。後日「みのがしオンデマンド」で見たのだが、いくつかの疑問を感じた。念のため、私はNHK嫌いではなく、見るに値するTV 番組はNHKが殆どだと思っている。この日の番組も、一部にのみ疑問があることは断っておきたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/09/23 18:33
正確な自国認識を
 ビル・ゲイツがあるインタビューで、「アメリカの最もよかった時代はいつですか」という質問に対して、「1980年代だ」と答えていた。理由を聞かれて、「当時アメリカは、日本に押されて経済事情が非常によくなかった。そして、アメリカはだめだとうちひしがれていた。しかし、なんとかしようという気概があった」と述べている。やはりビル・ゲイツという人は、すごい人だと感心したものだた。苦境にあって、そのことを理解し、打開のために努力する、そういう時代を、「よい時代」だったとしているのである。  日本の現在の論調... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/20 19:06
イギリスのEU離脱に思う
 イギリスのEUからの離脱が、国民投票によって確定した。今後の交渉での紆余曲折はあるだろうが、国民の意思である以上、その方向で進むのだろう。BBCの報道によると、多くの国でポンドが記録的な下落をしているという。国際的には、残留してほしかったという意思の現れなのだろうか。  EUの今後は、もちろん誰にもわからないだろうが、必ずしも、これが決定的に打撃になるかどうかも未知数だと思われる。  EUとは、基本的に、アメリカに対抗するドイツ・フランスの連合であり、それ故、イギリスは、必ずしもEUの方向... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/24 14:55
オリンピック招致の腐敗
 JOCの送金問題は、オリンピック招致に携わるひと達の底知れぬ腐敗ぶりと民主主義感覚の欠如を示している。国民の多くは既にあまり意識していないかも知れないが、当初東京オリンピック招致に対して、国民の多くは反対だったのだ。何度も繰り返される調査で、だいたい反対が賛成を上回っていた。それを逆転させたのは、メディアが何としてでも招致したいという意思をもって、世論操作をしたからだといってよい。このことは、かなり前に書いた。  また、招致を決めた国際会議で、安倍首相が、「福島の原発事故は完全にコントロール... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/15 21:45
左折事故に思う
 産経新聞5月6日(インターネット版)に、近年巻き込みによる交通事故が増えていることが報じられている。昨年起きた事故で、交差点で青になったので、母と子ども2人が自転車で横断していたところ、後ろを走っていた娘が、左折してきたトラックに轢かれて死亡した事例が紹介されている。助手席のアンダー・ウィンドーがマットで隠れており、運転手はミラーで確認するくせがあったこと、裁判で運転手が被害調書を読まずに出廷していたこと、保険にはいっていると自分の責任を逃れようとしていることなどを批判している。  もちろん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/08 21:51
郊外での名札が危険なら、名札そのものを廃止すべきである
 産経新聞2016.4.10によると、埼玉県朝霞市で起きた少女誘拐事件を受けて、さいたま市教育委員会が、週明けにも、児童らの登下校時に名札を外させるよう各小学校などに通知する方針を固めたという。あわせて少女が保護を求めた講習電話についても使用方法を指導するよう求めるということだ。容疑者が、少女宅の玄関の傘で名前を確認し、帰宅した少女をフルネームで呼び連れ去ったとされることが、こうした措置の理由である。さらに、名前が書かれた荷物を校外で持ち歩く際は記名された面を内側にするように求め、個人情報が記さ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/10 21:32
「学び舎」の歴史教科書を難関私立・国立中学が採用しているという産経新聞の記事
 産経新聞に興味深い記事が載っていた。「灘、筑駒、麻布など有名校がなぜ? 唯一慰安婦記述の中学歴史教科書「学び舎」、30校超で採択」と題する記事で、要するに、慰安婦記述のある唯一の教科書を、国立や私立の有名校が採用しているのはけしからんといいたげな記事である。しかし、普段の産経新聞の記事に比べるといかにもおとなしいというか、気勢があがらないのである。「けしからん」というような明確にネガティブな文章もないのである。もし、これがどこかの市の教科書として採択されたというのならば、いかにも居丈高に非難し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/01 22:44
岡山短大の視覚障害による准教授事務職転換を、短大は撤回すべき。
 岡山短期大学の幼児環境教育の准教授が、視覚障害を理由に授業担当から外されたことに対して、准教授が地位確認と事務職への職務変更の撤回を求めて提訴したという記事があった。  准教授は、網膜の異常から次第に視野が狭くなる「網膜色素変性症」という難病で、訳10年前から視力が低下し、現在は明暗がわかる程度で、手書きの文字の判読は困難なのだという。2014年に、短大側が、視覚補助の職員確保ができないことを理由に退職を勧めたが、准教授が私費で補助員1人を雇うことで授業をしていた。  しかし、今年2月に、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/24 22:49
丸山和也議員発言の本当の問題
 丸山和也議員の発言が物議を醸している。オバマ大統領が奴隷の子孫であるかのような趣旨の発言をした、人種差別発言であるという趣旨の批判が広範になされているようだ。肝心の発言そのものはどうだったのだろうと思い、ネットで調べてみると、詰まったりした部分も含めておこしたものがあったので、(たぶん歪曲はないのだろう)じっくり読んでみた。 http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e8%87%aa%e6%b0%91%e5%85%9a%e4%b8%b8%e5%b1%b1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/22 17:08
大学・専門学校内での記述前投票なら、職場も対象にすべきだ
 18歳選挙権の実施で、大学や専門学校の構内での期日前投票を可能とするように、政府が大学に養成しているのだと報道されている。いろいろと考えさせられる措置だ。  教職課程を履修している学生が、模擬授業で、よく選挙について扱うのだが、その主なテーマのひとつに投票率の低さをどう考えるか、どのようにしてアップさせるかというのがある。学生たちも決して意識が低いわけではないのだ。しかし、学生たちは、日本の選挙方式のなかでしか考えられないし、外国のやり方を紹介している教科書などは、中学の社会科教科書にはない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/12 22:38
清原騒動をみて
 元プロ野球選手の清原が覚醒剤所持で逮捕され、メディアは大騒ぎになっている。しかし、その論調は、的外れではないのだろうが、最も重要な点が触れられていないように感じる。もっとも、清原については、プロ入団のときから、歪んだ報道だらけだったわけだが。  私は、清原の麻薬や噂されている暴力団とのつきあいは、彼がずっと抱き続け来た劣等感を克服できなかった、あるいは適切に対応できなかったこと、そしてそれが長年続いてきたことによるものだと思っている。清原はプロ野球会の王者であって、劣等感などというのはおかし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/04 21:52
18歳選挙権と高校生の政治活動
 選挙権が18歳以上になり、様々な議論を呼んでいる。どのようにして、若者たちに政治に対する関心をもたせ、投票してもらうかという議論が中心だ。しかし、忘れられていることが多い観点がある。それは、文部省は、1969年から、一貫して高校生の政治活動を禁じてきたという点だ。つまり、政府が、若者に対して、政治に対する関心をもつことを禁じてきたのである。  慌ててなのか、昨年の秋に、文部科学省は、学外に限って、政治活動を認める通達をだし、1969年の通達を一部修正した。しかし、「違法な」とか「暴力的な」も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/22 21:09
離婚後の最近禁止期間に関する最高裁判決
 離婚後の再婚を女性にのみ6カ月間認めない規定が違憲であるかどうかについての、最高裁の判決が出て、いろいろと議論されている。判決の全文を読むことができたので、意見を自分なりにまとめておきたい。  判決の核は、6カ月のうち、100日を超える部分については違憲であるというものだ。そして、国家賠償は認めないという判断もしている。  岡山地裁における第一審判決は、要旨が以下のようなものだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/25 20:25
別姓問題と再婚禁止期間の最高裁判決
 注目の最高裁判決は、ある意味予想通りだった。大法廷による口頭弁論が開かれたということで、違憲判決がでることが予想されたが、同性にすることは合憲、離婚後の女性の再婚期間を6カ月とすることは違憲という判断だった。形式的判断を優先する最高裁らしいというか、確かに形式論としては、そうした判断になるのだろう。  結婚後、どちらかの姓を選択するというのは、実際上は男性側の姓になることが圧倒的に多いわけだが、女性の姓に統一することも認められており、それは個々の夫婦の判断によるものだ。男性の姓にしなければな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/16 18:00
岩手いじめ自殺事件、再考
 岩手自殺事件は、報道がおとなしくなっているが、来週には学校の報告書が出るようで、またメディアでは賑やかになるだろう。7月24日の朝日の記事を読むと、学校の報告書はほとんど期待できない内容であると予想できる。第三者委員会の調査なら、もう少しまともになるだろうと期待できるが。朝日の記事は次のようなものだ。 −−−−  岩手県矢巾(やはば)町で中学2年の村松亮さん(13)が自殺した問題で、村松さんが自殺をほのめかす記述を書いたノートを提出した際、担任は心配して声をかけたものの、その後に具体的な対... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/24 21:53
強行採決と新国立競技場と台風報道
 新国立競技場のドタバタは、おそらく仕組まれたものだろう。安保法制を通す強行採決の世間の反応を最小限に押さえ込むための、ある意味綿密に計算されたものだったに違いない。  強行採決に向かうときの反対ムードをそらすために、新国立競技場の財政問題を前面に押し出し、世間の注意をそちらに向ける。メディアにとって、オリンピックネタは最重要テーマだから、メディアに圧力などかけなくても、自然にそちらのニュースを多くしてくれる。そして、国会での強行突破。国民の怒りが沸き上がるところで、新国立競技場の案を見直しを... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/17 10:01
岩手のいじめ自殺で考えること(2)まだ事実は見えない
 岩手県矢巾町のいじめによる自殺に関する情報が錯綜している。昨日(7月9日)の読売新聞には、以下のように報道されている。 −−− 岩手県矢巾(やはば)町で5日、同県紫波(しわ)郡の中学2年の男子生徒(13)が電車に飛び込んで死亡した事故で、男子生徒を巡ってクラス内でトラブルが何度かあり、担任が仲裁や注意をしていたことが9日、同じ中学の複数の生徒への取材でわかった。  生徒の一人によると、死亡した男子生徒は4月以降、特定のグループから頭をたたかれたり、髪の毛をつかまれて机に打ち付けられたりし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/10 09:05
ギリシャ問題を考える
 私は、経済の専門家ではないが、昨今のギリシャ問題に関する報道に大きな疑問を感じる。ギリシャの債務問題は、国家間(国際)問題なのか、国内問題なのか、その把握の仕方でかなり考える方向が異なるのではないかと思われるが、ここを区別せずに、つまり、国家間問題であるという前提での議論、そして、その前提が正しいのかを検討しない議論が多い様に思われる。(もっとも、ほとんどの報道を見ているわけではないが。)  私が考えるには、ギリシャ問題は、ギリシャという独立国家でありながら、EUという連邦国家形成の過程で起... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/08 19:02
「私的な場での発言」という言い訳は、言論人として失格である証拠
 百田氏の「沖縄の新聞は2つはつぶれるべき」発言で問題が継続しているが、この間の動きをみていると、百田氏や文化芸術懇話会に出席した自民党議員たちの、言論人、政治家としての資質の欠如を嫌というほど感じる。彼らは、仮面をかぶった言論人、政治家に過ぎない。  双方に共通する必要条件に、パブリックに関わっているという姿勢がある。百田氏や、大西英男衆院議員には、このパブリックの精神が完全に欠如している。言論人や政治家は、パブリックに関わるひとであり、特に政治家は公人と考えられている。百田氏のような有名言... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/07/01 21:50
訪問リサイクルショップの疑問
 最近の学生たちは、「屑屋さん」を知らない。今はお金を払って、不用品をひき取ってもらうが、以前は、お金をくれたのだ、と屑屋さんのことを話すと、みんなびっくりする。落語好きで「井戸の茶碗」などを楽しんで聞いている人は知っているのかも知れないが。屑屋が商売として成り立っていたということは、当時はまだまだ、日本がリサイクル社会だったことを示しているのだろう。江戸時代は世界的に最も進んだリサイクル社会だったと言われているが、そうした名残がまだ戦後のある時期まで残っていたのかも知れない。しかし、それは貧し... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/06/19 21:05
「支援学級生残して下山」の記事に思う
 読売新聞のスクープのようだが、「支援学級生残して下山…茨城の中学、気づかず」という記事がインターネットで配信された。この原稿を書き始めた段階で3時間前という表示になっているが、既にインターネット上ではブログでの紹介記事や2チャンネルの議論が多数始まっている。いかにも、学校の怠慢によるおそまつな事件(大事には至らなかったが)という感じであるが、ただそれだけで済む問題かという疑問があるので、書いてみる。  とりあえず記事は以下のようなものだ。 −−− 福島県西郷村の赤面(あかづら)山(170... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/29 21:21
福岡の中学柔道部の死亡事故は、「システム欠陥」によるものだ
 柔道部の部活中の事故で死亡者が出たというニュースがインターネット上に多数でている。議論もある。毎日新聞の記事を転載しておく。 −−−2015.5.28  福岡市教委は28日、博多区の市立中学校で柔道部の練習中、技をかけられた1年の女子生徒(13)が頭を打って意識不明となり、その後死亡したと発表した。女子生徒は4月に入部したばかりの初心者だった。市教委は近く専門家らで作る第三者委員会を設置し、原因究明と再発防止に取り組む。  市教委によると、今月22日午後6時45分ごろ、女子生徒は校内の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/28 23:33
シャーロット問題で考えたこと
 高崎山で生まれたサルに、イギリス王室の新王女と同じ名前「シャーロット」をつけたところ、不謹慎だとか、失礼だとかの批判が殺到しのだそうだ。英王室は、どんな名前をつけようと自由という立場をとっているのだそうだし、また、当初は批判が圧倒的に多かったのが、だんだん肯定する投書も増えてきたという変化もあるそうだ。  どうでもいいような問題だが、ある意味文化的相違を表していて興味深い。  名前をつける際に、過去の偉い人、模範にしてほしい人の名前をつけたいと思うのは、日本でも欧米でも同じだろう。ただ、日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/08 16:53
高校生サッカー部員の韓国での万引きについて
 韓国で日本の高校生が集団万引きをしたという。サッカー部の親善試合に出かけ、最後の自由時間の間にかなりの額の商品を盗んだようだ。既にインターネット上で様々な議論されているが、かなり酷い話だ。新聞報道はかなり簡単で、ブログの記事なども少ない。2チャンネルなどで大いに話題になっている程度だ。しかし、教育を研究する者としては、注目せざるをえない。  手際のよさや、複数の店舗で万引きしていることからみて、常習犯なのではないかとも言われているが、高校名の入ったジャージを着て集団万引きするという手口からす... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/14 19:55
東大PEAK入学辞退者を考える
 東大の教養学部英語コースの入学辞退者が7割にもなったことが話題になっている。東大での授業がすべて英語で受けられるようにして、外国人の留学生が学び安くなるということで設定されたコースだそうだ。辞退者の多くはオックスフォードやハーバードに合格して、そちらに入学するのだそうだ。東大も落ちたものだ、というような感覚で受け取られているが、それは勘違いというものだろう。これまでは、海外から東大の1年生(教養学部)に直接入学するという人は、ほとんどいなかったはずだ。入試は日本語で行われるのだから、日本で学ん... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/05 22:22
安倍首相「我が軍」発言の意味するところ
 安倍首相の「我が軍」発言が議論になっている。例によって大歓迎する人や、問題発言だとして非難する人。論点になっているのは、ふたつのようだ。ひとつは、批判派が、「我が」というのが、my を意味するので、私物化的意識をもっているというもの。これに対して、安倍支持派は、「我が」は our であって、私物化ではない。「我が国」「我が故郷」などというのは、私物化意識とは全く関係ないいい方だという。もうひとつは、自衛隊は「軍隊」ではないはずで、これまで軍といういい方を、政府は慎重に避けてきた、憲法に反するい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/03/29 11:51
大阪市でまた民間人校長が早期退職
 毎日新聞2015.3.25によると、大阪市の民間人校長がまた任期満了をまたずに退職することになったという。授業妨害など不正常な状況があるにもかかわらず、学校内をみずに校長室にこもったままで、問題解決のリーダーシップを発揮しないので、保護者たちからの批判があったからだという。これで、大阪市の民間人校長11名のうち6名が中途退職となったという。  だから民間人校長はだめなのだと、直ちに結論付けていいとは思わないが、やはり、民間企業と校長の差異について理解しないと、企業人としての手腕があるから、校... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/28 11:51
松本麗華『止まった時間』と森鴎外「津下四郎左衛門」を読む
 松本麗華著『止まった時計』(講談社)が出版され、読んだ。20年前にサリン事件を起こしたオウムの内部で、アーチャリーという名前で呼ばれた人で、教祖松本智津夫の三女である。当時11歳だったが、教祖麻原の後継者とされていたために、その後の人生で通常の人が遭遇することのない困難に数々遭遇した。  ここでは、松本麗華に関することや、この本については、触れないことにする。かわりに、森鴎外「津下四郎左衛門」について書く。前からこの二人には共通点があると考えていたからである。  このふたりの共通性は、犯罪... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/27 17:17
大阪桐蔭問題について考える
 大阪桐蔭が会計問題で揺れている。大阪産業大学が設置した第三者委員会の調査報告書を読んでみた。残念ながら、会計処理上の問題は理解できたが、根底にある問題については、ほとんど触れられることがないのが不満である。  インターネット上では、どの学校にもある問題という意見もあるが、そうではないと考えられる。こうした裏金問題が教育現場で起きた事例としては、かつて「リベート問題」として騒がれた事例があった。教材費などを定価で保護者から徴収し、業者は割引で学校におろす、その差額(リベート)を、学校が様々な用... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/26 10:17
すっかり体制翼賛的な日本 鳩山氏のクリミア訪問に思う
 鳩山氏の行動が、相変わらずメディアや政治家たちの顰蹙をかっている。私自身、今の時点でクリミア半島を訪問して、現地政治家たちと親しく振る舞うことが、とてもいいことだとは思わない。また鳩山氏や民主党の支持者でもない。しかし、長期的に見て必ずしもマイナスではないと思うし、その行動を理解しようとは思う。  それにしても、鳩山非難の風潮は首を傾げざるをえない「理屈」に満ちている。政府の方針に反するからいくべきではない、というのは、そもそもおかしいのではないだろうか。そもそも、鳩山氏は、野党の側にいる人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/16 14:11
まとまらないが、川崎の事件で考えること
 少し前に、片野次雄『李朝滅亡』(彩流社)という本を読んだ。朝鮮の李朝が滅びる歴史を描いたノンフィクション的小説だが、そこで果たした日本の役割には、滅入ってしまうような場面がたくさんある。欧米に強いられて開国し、なんとか列強になろうと模索するなかで、列強が日本に対して行った以上の抑圧的な政策を李朝に対して行い、最終的には滅ぼしてしまうのだが、ここには、強い存在に圧迫されたものが、弱いものを圧迫していく構造が、国家レベルで明瞭に現れている。このメカニズムは、国家だけではなく、組織や個人にも現れるも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/07 22:21
上村君事件のターニングポイント
 川崎の事件は、多くの人が様々に書いている。私がいつも「思考」として行うのは、「ターニングポイント」である。大学の授業でも、学生たちとその点で議論する。一連の流れの中で、どの時点で、誰が、違う形で行動すれば、この事件は起きずに済んだのかという思考実験である。もちろん、それは事態を変えることはできないが、類似の事件を起こさないために、何が必要であるかを考える上で不可欠の作業であろう。  上村君の事件では、最大のターニングポイントは、警察の行動だったと思う。上村君が暴行を受けていることを知った、以... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/03 22:38
週刊文春人質事件報道の検証(2.19号)
 イスラム国の報道もめっきり少なくなってきた。酷い報道統制が行われて、どんどん事態がわからなくさせられてきているし、大手メディアはその片棒を担いでいるわけだが、それでも、何となくメディア人の迷い、あるいは鬱屈した感情が現れて、批判的に読めば、書いてあることとは違うことが真実なのだと感じさせることもあるようだ。  遅まきながら、前の新聞記事などをダウンロードして、少しずつ、どのような報道がなされ、それがどのように変えられてきたのかを確認しているのだが、「週刊文春」2015.2.19は、そういう意... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/28 06:45
日本人人質事件後を考えてみる
 現時点(2015.1.24、午後5時)で、日本人人質事件のその後の進展は公になっていない。人質二人が無事であるのかもわからないようだが、犯行声明と映像の公表がないので、まだであろうし、実行されないことを望む。  日本政府が働きかけをしていることと、サウジアラビア国王の死去によって、実行を遅らせているとみるべきなのだろう。  結果が出る前に、今後どうなるのかについて、少し考えてみたい。  少し前にも書いたが、安倍首相及び大臣たちの、イスラム国に対する挑発的言動が、人質のことを十分意識して行... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/24 17:29
石堂順子氏の会見をみて。
 イスラム国に拘束され、殺害予告されている後藤健二氏の母親、石堂順子氏の日本外国特派員協会での記者会見をみた。「にこにこ動画」で全てをみることができる。既にインターネット上でたくさんの書き込みがあるが、通常みることのできない不思議な会見だった。イスラム国と全く関係ない話題をたくさんだし、家族関係の話題も現在起きていることとは無関係の話が多く、更に、質問に対する回答が、問われていないことを長々と語るというもので、「にこにこ動画」だから、コメントがたくさん流れるが、ネガティブなコメントがほとんどだっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/23 13:59
クローズアップ現代のイスラム国、日本人人質事件の報道
 NHK「クローズアップ現代」を見た。日本人人質問題を扱っていたが、見逃すことのできない報道内容があった。それは、安倍首相のエジプトでの援助表明は、難民救済などの人道支援であるのに、イスラム国は、これがイスラム国への敵対の表明であると、事実をねじ曲げていると、二度にわたって述べていた。しかし、事実は、NHKの述べていることとは違う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/01/22 20:24
なぜ安倍内閣は危険な「テロ支援」表明をしたのか
 昨日アップした文章には、安倍首相がエジプトで行ったテロ対策への経済援助について、書くのを忘れてしまったので、それを補充しておきたい。つまり、この間のテロ関連での政府の動きは、3つあったということだ。  今日の毎日新聞の報道では、昨年11月に、「イスラム国」のグループから、後藤さんの家族に10億円の身代金要求があったそうだ。政府関係者の談話としてニュースになっている。  つまり、政府は、湯川氏、後藤氏が、日本政府の動向によって危機にさらされることを十分知っていたと考えるのが、合理的だろう。も... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/21 12:17
中谷、岸田両大臣の発言と拘束日本人の関係
 中谷防衛大臣が、テロ対策のために自衛隊が常時出動できるようにすべきという見解を発表し、岸田外務大臣が、イスラエルでネタニヤフ首相と協力を表明したとき、国際関係に注目している人ならば、誰しも、日本がテロの標的になると危惧しただろう。ネタニヤフが、日本だってテロの標的になる可能性がある、だから、協力して闘おうなどといい、日本の外務大臣がそれを肯定すれば、そのこと自体が、テロを引き起こす要因となるからである。フランスでの風刺画によるテロは、はっきり言えば、日本とは関係がない。テロはもちろん否定される... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/20 17:48
沖縄戦の授業に関する「偏向」批判の問題
 最近の教育現場に対する「介入」は本当に恐ろしいものを感じる。教育委員会や国会を使った介入をして、現場の創意工夫ある実践を押しつぶしている。12月6日の、例によって産経によって報じられた事例もその典型である。それは朝日新聞が授業で活用できるように作成した「知る沖縄戦」という資料集(中学・高校用)が、偏ったものとして、大阪府の小学校が活用後回収していたという記事である。回収のきっかけは、この産経の記事の後半に紹介されている自民党の義家氏と、次世代の党の田沼氏が衆院文部科学委員会で不適切と指摘して、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

2014/12/09 21:30
岡本茂樹『凶悪犯罪者こそ更生します』を読む
 世間では、厳罰主義が強まっているが、刑事政策では必ずしも厳罰主義一色というわけではない。刑務所の開放的処遇は進展しているようだし、また、受刑者たちに対する改善指導などが政策化されている。もっとも、法ができても、実際の運用が追い付いているかは、別問題であるが。  そうした中で、岡本茂樹氏の『凶悪犯罪者こそ更生します』という本は、重要な提起をしているように思われた。もっとも、厳罰主義の先端をいっているような雰囲気のある新潮社からでている新潮新書であることは、多少の違和感があるのだが。  この本... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/02 21:09
教職員組合の教育研究集会のために学校を使用させないことは違法という判決
 11月26日に、大阪市が、教職員組合の教育研究集会に、学校を遣わせなかったことに対して、その不許可処分を違法とする判決を出した。  大阪市は、橋下所長の「組合活動に便宜供与はしない」という条文をもとに、使用を許可しなかったが、それは「職員らの団結権を保障した憲法28条に違反し、無効だ」とする判決である。極めて当たり前の判決だろう。  もちろん、組合活動に不当な便宜供与をすべきではない。しかし、それは、組合の専従として働き、職員としての仕事を免除しつつ、給与を払うとか、施設の使用を日常的レベ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/26 16:52
ノーベル物理学賞受賞で思うこと
 ノーベル物理学賞を日本人が受賞したということで沸いている。産経新聞は以下のように書いている。  「2014年10+ 件のノーベル物理学賞に、青色LEDの基礎技術開発で、日本人3氏が受賞するという、喜ばしいニュースが飛び込んできた。ところでよく耳にする「青色発光ダイオード」ってなに?実は、1962年に米国で発明されたが、実用化に必要な重要技術の開発は、すべて日本人が成し遂げていたのだ。」  しかし、外国の新聞、たとえば、オランダの Volkskrant を読んだのだが、日本人2人と日本出身の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/10/09 17:51
佐世保事件の少女の父親自殺に思うこと
 佐世保で同級生を殺害した高校1年生の少女の父親が自殺したという。この事件では、ブログでずっと書こうと思いつつ、実行しなかった。書こうと思った趣旨は、少女は親を殺害したかったのだということだ。もっとも、殺害とは、現実の殺人と想像的殺人の入り交じった感情だったと思う。あまりにも歪んだ感情だが、それを受けとめて、少女を立ち直らせることができるのは、父親だけだったろう。しかし、父親は逃げる一方だった。そのことを批判しようと思ったのである。  だが、さすがにそれは憚られた。実際に殺されかかったわけであ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/05 22:30
学術論文査読の匿名制について
 stap 細胞は、実に多様な問題を提起したといえるが、そのひとつとして「査読」があると考える。私自身が、学会に所属しているから、数は極めて少ないが、査読をうけたこともあるし、また、したこともある。小保方氏の stap 細胞関連の論文は、Cell、Science、Nature と3つの自然科学のもっとも代表的な雑誌に投稿され、3回リジェクトされ、4回目に笹井氏が参加したことによって、採用されたことは周知の通りである。もちろん、論文作成の天才といわれる笹井氏の参加によって、論文自体はかなり改善され... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/22 14:38
笹井氏の自殺をめぐって考えること
 笹井氏の自殺について、どうもすっきりしない感じを抱いているのは、おそらく私だけではないだろう。本当に自殺なのかという疑問はさておき、stap細胞の研究の過程で、小保方氏のいいかげんさを見抜けなかった責任を感じていた、というようなレベルに集約されているようで、どうにも違和感がある。そもそも、stap細胞問題を、単にiPS細胞に対する焦りから出た、冒険的な研究だったというようなとらえ方が前提にあるようだが、他方では、セルシード社をめぐる詐欺事件であるという見方もあり、どちらの見方にたつかによって、... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/08 21:14
ラウンドアバウト(円形交差点)について
8月4日の朝日新聞(インターネット版)に長野県飯田市に、実験的にラウンドアバウトを設置していることが紹介されている。ヨーロッパでは珍しくない、交差点に円形の道路があり、円形道路に入ってから、自分の行きたい方角で出るスタイルである。私自身、オランダやイギリスでかなりこうした交差点を経験した。日本でも駅のロータリーなどでよく見られる。おそらく、当初の導入の目的は、信号を設置しなくて済むので、設置費用や維持費がかからないという経済的理由だったと思われるが、次第に事故が少ないという利点が認識されるように... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/04 19:40
安部内閣の三点セット
 7月2日産経新聞によると、安部首相は今後50年は、日本の安全は保障されたと述べたのだそうだ。  しかし、戦後70年間、安部首相や自民党がなんといおうと、集団的自衛権を否定してきた状態で、平和が保たれてきたのである。この事実は否定しようがない。そして、戦後、主な戦争を最もたくさんしかけてきたのは、集団的自衛権で、当面のパートナーであるアメリカである。アメリカがしかけたき戦争は、ベトナム戦争にせよ、イラク戦争にせよ、まったく正当性のない、ただただ攻め込んだ国を荒廃させ、その国民を殺害してきただけ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/02 15:59
イランの日本非難から考える
 少々時間が経ってしまったが、6月23日に興味深い記事が産経新聞にあった。現在アーカイブで読める記事は、「対日批判に急転換したイラン 中韓接近も」と題されているが、私の記憶では、当日は「イラン」のあとに「なぜ?」という言葉がはいっていた。いかにも、「なぜ?」という雰囲気が伝わる見出しだったので、「そんなの決まっているだろ」と思ったものだ。  もっとも記事そのものは佐藤優氏が書いたもので、極めて妥当、その通りという感じの文章である。  しかし、佐藤優という人は、肝心要の本質を書かないという体質... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/27 22:34
小学校水泳事故(秩父)は、教育体制の制度疲労が原因
 6月10日の産経新聞(ウェブ版)によると、埼玉県秩父市の小学校で、小学校6年生の女子が、プールの授業中、水中で動かなくなり、病院に搬送されたが、意識不明の重体であるという。こうした事故が起きるたびに、私は、現在の学校の教育体制は、既に制度疲労に達していると考えていて、意見も述べているのだが、特に、これから教師になろうとしている学生たちは、そうした見解にたたず、教師がしっかりすれば、こうした事故を防ぐことはできる、自分たちが教師になったときには、しっかりやりたい、というような意識を表明する者が多... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/10 22:40
「おいしんぼ」問題について
 「おいしんぼ」を巡る状況は、日本の政治家やメディアの腐敗ぶりを浮き彫りにしているように思われる。このコミックが発売されるや、福島県知事、管官房長官、森消費者相等の重要政治家などが、次々と抗議の声明をだし、それが「科学的根拠がない」「風評被害をもたらす」などと、圧力をかけた。圧力ではないというだろうが、個人ならいざ知らず、政府の高官や知事が公式に声明を発すれば、かなりの圧力となるだろう。  ところで、科学的な根拠がないという批判であるが、「鼻血で医療機関に相談になど来ていない」という「事実」を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/05/14 06:52
STAP細胞論文の調査報告 
 STAP細胞問題は、論文の不正が、理研の調査委員会によって認定され、不服申し立てがあれば、それを処理したあと、懲戒処分の検討に入り、60日後くらいに結論がでるのだそうだ。  4月1日に会見をするというのも、「なんだかなあ」という感じだが、多くの人が、会見に対して、それぞれの不満を抱いたように思われる。理研に不満な者から、記者たちの質問が不満な者まで多様だが、私が気になったことのひとつに、「証拠保全」を強く主張するひとたちがいたことだ。不正を審査しているのだから、ただちに証拠保全して、証拠を隠... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/05 22:53
京都、プール事故判決から考えること
 産経新聞ウェブ版2014.4.3に、小学校プールで溺死した小1の家族が提訴した裁判の判決が確定したことが報じられている。学校側の責任を認め、2700万の支払いを命じた判決である。  記事によると、事故は、平成24年7月30日の小学校のプールで起きたという。したがって、希望による夏休みの水泳だったのだろう。教諭3人で監視をしていたが、子は69人だった。低学年には、深いのでビート板を敷いていたが、そのしたにもぐり込んで窒息死したのではないかと推測されている。少女が最後に確認されてから、うつ伏せに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/03 15:52
調査捕鯨禁止の国際司法裁判所判決は、受け入れるべき
 国際司法裁判所から、日本の調査捕鯨を否定する判決が出た。日本にとっては、意外と思われ、日本の立場が理解されていないと失望が広がっている(メディアには)が、冷静に考えてみると、日本の立場は、私自身も疑問に思うところが少なくない。この問題は、単に鯨を食べることと、牛肉を食べることがどこが違うのか、というようなレベルの食文化だけの問題ではないからである。  基本的に、私は今回の判決に日本はきちんと従うべきであり、鯨にかかわる政策を再検討すべきであると考える。  鯨と牛と比較して、日本人の多くは「... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/01 07:59
沖縄竹富町の教科書採択問題と文部科学省の要求について
 最近ニュースにならなくなったが、教育問題として、沖縄竹富町の教科書選択に対する文部科学省の介入は、いろいろな問題を含んでいる。竹富町としては、文部科学省の「是正要求」を拒否して、方針通りの教科書を注文しているようだから、これ以上の介入は、文部科学省としては控えているのかも知れない。  事実を確認しておくと、 沖縄県の教科書採択地区として設定されている「八重山地区」には、石垣市、竹富町、与那国町が指定されているが、ここの採択地区では、2011年育鵬社の教科書を決定した。しかし、竹富町だけは、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/20 18:32
ウクライナをめぐる欧米の「論理」は疑問
 クリミア自治共和国における住民投票が、ロシア復帰賛成多数になる模様だが、この間のウクライナの情勢において、欧米の「論理」はどうも不可解である。もちろん、政治的事情や経済的事情があるわけで、それを考慮すべきは当然だろうが、少なくとも国際政治において「理屈」は重要であろう。  現在のウクライナ政府は、選挙で選ばれた大統領を、武力で放逐した、通常の意味ではクーデターで成立した政府である。この政府を、ほとんど詳細な検証もなしに、合法的な政府と認めているのが欧米である。ロシアは、武力で転覆した政府を正... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/17 09:54
論文撤回後、理研調査委員会はどうするのか
 STAP細胞問題は、私自身文系なので素人だが、論文のあり方等については、非常に関心がある。現在の関心は、理研は、論文撤回後も、調査を継続するのかという点である。14日に行われた中間報告会は、最終的な調査をしないためのアリバイ作りだった可能性を感じる。  14日の報告会の趣旨は、第一に、論文の調査委員会は、論文に不正があったかどうかに限定して行われており、科学的な問題については、科学者の検証に委ねるということ、そして、第二に、不正の可能性は6点あるが、2点についてはシロである。しかし、他の4点... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/16 13:41
STAP細胞騒動で思うこと
 STAP細胞問題は、論文撤回に向けて動きが急になってきたようだ。私は文科系の研究者なので、この問題を専門的に理解することはできないが、研究者として感じることはある。  ネイチャーに発表されて、ノーベル賞確実だ、とか、割烹着のリケジョなどという持ち上げ方をするメディアに、佐村河内問題が加熱していた時期でもあり、違和感を感じた人も多いのではないだろうか。このような言い方は語弊があるかも知れないが、30歳そこそこの若い研究者で、しかも、大学をAO入試で入った(つまり学力のための激しい受験勉強をして... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/12 07:12
NHK新会長の会見
 NHK新会長の会見が問題となっている。朝日新聞に詳細な報道があるので(1月26日ウェブ版)読んでみた。これが、NHK会長の会見かと思うと、ぞっとするようなおそまつなものだ。例によって産経新聞は、やっと言ってくれたと喜んでいる風の記事を載せ、NHKに寄せられた見解の2割は支持だったと紹介している。  長くなるが、当該部分を引用しておこう。 −−−  ――何か証拠があってのことなのか ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/28 22:38
代替案は原発稼働派こそ求められている 舛添氏の欺瞞
 1月20日の産経新聞(ウェブ版)で、舛添氏が、「脱原発、代替案ないのは無責任」と強調したと報道されている。しかし、それはおかしな議論ではないだろうか。  現在は、稼働している原発はひとつもなく、しかもその状態はけっこう長く続いている。しかし、電力不足で日本の経済・生活ができなくなっているという事態が起きているわけではない。もちろん、今後原料費が高くなって、電力料金があがるという可能性はあるだろう。しかし、現在「脱原発」状態である以上、これから原発を稼働させるというひとたちこそ、現状を変える必... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/22 09:39
学校体育の輸出は疑問
 livedoor NEWS で紹介されている産経新聞の「途上国に「体育」輸出 東京五輪までに15カ国へ 世界でも珍しい教育システム」と題する記事がある。(1月9日付け)日本の体育は、国際的にもめずらしいもので、「体育」がないアジアやアフリカの国に、専門チームを派遣して、体育を輸出する方針を文部科学省がもっているという記事だ。  例えば「各学校が運動場と体育館を備え、子供たちに体を動かす場を提供する日本の教育システムは世界的にも珍しい。開発途上国では運動場が未整備の学校が多く「体育」の発想がな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/10 12:41
安倍首相の靖国参拝は何故?
 以下は国際問題の専門家でもない人間の、自由な想像であることをお断りしておく。  安倍首相は、何故このときに、靖国参拝を実行したのかについては、いろいろな憶測がある。「理不尽な中韓に隠忍自重した」けれども、当面改善の目処がたたないので、予てからの目的を果たした。逆に、中韓との緊張を一層進めることで、憲法改正や武器輸出解禁の政策を進めやすくする。  しかし、どれもしっくりこない。もちろん、私は、靖国参拝には反対であり、A級戦犯問題が片づかない限り、大臣は参拝すべきではないという立場だから、安倍... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/28 21:32
クリスマスの日のふたつの子どもの記事
 12月25日、クリスマスの日で、世界の多くの地域で祝い事をしている日だろう。この日、MSNのトップページに、ふたつの見出しが、並んでいる。  ひとつは、「今どこに・・・居所不明児童669人」という記事で、出生後間もなく死亡し、その後10年間まったく消息不明のまま、生活保護などを受け取っており、不正が発覚したが故の児童の捜索を扱った記事で、結局現時点で発見されていないのだが、日本全体でみると、行方不明の児童が、現在669人もいるというものだ。そして、もうひとつが、「日本2部門で1位・・・子供の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/25 22:47
山本議員への処罰は疑問
 山本太郎議員が、天皇に直訴の手紙を手渡したことが、大きな政治的問題になっている。天皇の政治利用だという理由で、議員辞職を迫る動きもあるようだ。  私は山本議員の支持者でもないし、彼がタレントであったときのことはほとんど知らない。原発反対の立場を鮮明にしたために、タレント生命を奪われ(これはこれで実におかしなことだと思うが)、その後参議院議員選挙に立候補して当選したこと、活動の中心が反原発であること程度しか知らない。今回の行為については、もちろん、好意的にはなれない。天皇にぜひ読んでほしいと思... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/11/03 15:23
須磨学園の体罰事件
 西和彦氏が校長を務めている須磨学園で、体育の授業に遅刻した生徒が多数いたので、授業に参加する180人全員を裸足でテニスコートをランニングさせ、68人が水ぶくれなどの軽いけがを負ったと報道されている。(産経ニュース9.17)  いろいろと驚くことが多い。  まず、体育の授業を180人も一緒にやるのかということ。体育祭の組体操の準備ということらしいが、それならば臨時の体育だったのだろう。いつもと違う授業なのだから、遅刻したり、あるいは帽子を忘れる生徒がいるのは、当然予想される事態だ。遅刻がどの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/09/17 13:10
全国学力テストの公表の仕方の問題
 先日全国学力テストの結果が公表された。しかし、その公表の形は如何にもおかしなものだ。県別に、平均を超えているか、下であるかをだしている。そもそも学力テストは何のために行っているのか。子どもたちの学力の状況を正確に把握して、より効果的な教育法を模索するためではなかったのか。それならば、平均の上下で示すのではなく、達成度を基準にして示すべきである。厳密なものではないにしても、それぞれの問題、そして全体的な達成度を満たしているかを示すべきである。すべての県が基本的な達成をしているなら、非常に好ましい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/29 22:44
公立学校運営を民間委託という「案」について
 日本教育新聞6月24日号に、「公立校運営を民間開放 新しい特区制度活用 安部内閣が検討」という記事か出ている。安部内閣は、教育に関する提言をどんどんまとめているが、かなり慎重に考えるべき内容が多い。今回の公立校運営を民間に開放というのも、そうだろう。大阪府と大阪市が強力に求めているということだが、過去小泉内閣のときにも議論があったのだという。授業や部活の委託が焦点であるように、日本教育新聞は書いているが、本当のところは、もう少し違うところにあるかも知れない。ちなみに、大阪市では、民間校長を大々... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/02 20:28
サンデーモーニングでの石井氏の発言
昨日(23日)のTBSサンデーモーニングの終わりの方をみていたら、選挙に関するコメンテーターの意見聴取のなかで、毎日新聞論説委員の石井氏が、最近の投票動向は、政権政党に対する支持、不支持という、非常に単純化された投票が目立つ。だから、自民党から民主党、民主党から自民党へと政権担当が変わるような事態が起きたが、そうした単純な判断ではなく、様々な争点をきちんと理解した上で、投票してほしいというような意見を述べていた。  様々な争点を理解した上で投票せよという意見は、もちろん正しいだろうが、全体とし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/24 20:35
大学センター入試廃止案について
 教育再生実行会議が、大学のセンター試験を廃止して、年複数回行なう資格試験的なものに変えていくという方針を打ち出したと報道されている。教育再生実行会議のホームページでは、まだ議事録は出ていないが、提案が複数掲載され、確かに、そうした案が複数の委員から提起されているようだ。  日本の入試制度が、先進国の間ではかなり特殊な形であることは、あまり知られていない。あまりに教育全体に影響を与え続けてきたシステムであるので、これが当たり前だと思われている。もっとも違う点は、進学者の選抜を、送り出し側、第三... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/07 14:08
長嶋と松井の国民栄誉賞
 長嶋と松井の国民栄誉賞が話題になっている。賛否両論あるようだ。長嶋はいいが松井はだめだというのもあるが、私はそもそも変ではないかと思った。最初このニュースを見たときには、エイプリルフールの一環だと思ったほどだし、そのように感じた人も少なくないらしい。ヨーロッパでは、4月1日はかなり大々的な嘘報道が行なわれるし、日本でもぼちぼちそうした雰囲気が出てきたところなので、なかなかいい線の報道だと思ったくらいである。  しかし、どうやらその後の成り行きは、本当のことらしく進んでいる。  本当のことと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/03 14:06
パレスチナ人用のバス 
3月4日のオランダの新聞 Volkskrant にイスラエルで、パレスチナ人のためのバス路線ができたという記事を読んだので、早速日本語の記事を探したところ、昨日はなかったが、今日翻訳記事が出ていた。 「イスラエルのパレスチナ人向けバス路線に強まる反発」という題する英文記事の翻訳だ。 http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323994204578341003036573808.html  イスラエルではバス爆破テロなどが起きていることもあり、ユ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/05 22:48
朝日新聞「報道と人権委員会」の記事-実名報道はどんなときに必要なのか
 アルジェリアのテロ・人質事件で、被害者およびその関係者が、実名公表を拒んだのに対して、朝日新聞が実名を公表した件に関して、朝日新聞は「報道と人権委員会」というところで、定例会を開き、そのおそらく一部が3月4日付けで、インターネット上で公表されている。(全文は有料らしい。)  メンバーは  藤田博司委員(元共同通信論説副委員長)  宮川光治委員(元最高裁判事)  長谷部恭男委員(東京大学法学部教授) というひとたちで、朝日新聞の関係者ではない。朝日としては、第三者の見解を虚心に聞... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/05 19:13
柔道体罰指導告発者の氏名公表問題
 柔道界が揺れている。大阪市立桜宮高校の体罰自殺問題に連動する形ででできたように見えるが、もちろん、前から告発の準備は進められていたのだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/09 12:34
橋下市長の目的は「教育委員会」を屈伏させること
 大阪市立桜宮高校の体育科入試は結局中止がきまったようだ。橋下市長のごり押し勝ちというところなのだろう。そもそも、橋下市長の目的は、決して桜宮高校の教育の是正ではない。そう断言できるのは、彼は体罰容認論者であり、自殺者が出てしまったのはまずいが、部活で勝利のために極限まで頑張るとか、あるいはそのために体罰での指導をすることはやむ燃えないと思っているはずだからだ。体罰容認は、何度も彼自身が口にしていることだ。また彼ほど露骨な「勝利至上主義者」はあまりいない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/22 10:16
橋下市長の「入試中止」宣言は撤回以外にない
 橋下市長が、桜宮高校体育科の入試を中止すると強弁していることで、大阪市の教育界は大変困った事態になっているようだ。さすがの文部科学省ですら、そうした方針は問題があるという意思表明をしている。  大阪の公明党、自民党、民主党の市議団が入試中止撤回を求める要望書を提出したとも報道されている。公明党は、いわば与党に近い。  ところで、この問題は、受験生がかわいそうだとか、混乱するとか、そういうことだけが問題なのではない。そもそも橋下市長が、体罰によって自殺者が出たことをきっかけとして、多少考える... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/18 21:46
義家政務官の体罰と指導の線引き論は、体罰容認であり、文部科学政務官として極めて問題だ
 産経新聞の報道によると、「ヤンキー先生」こと義家文部科学政務官は、大阪市役所を訪れ次のように語ったそうだ。 −−−  会談後、記者団の取材に応じた義家政務官は「これは体罰ではなく日常的、継続的に行われた暴力で、事案を矮小化(わいしょうか)すべきではない」と強調。「体罰と指導の線引きについては今後、議論が必要」と述べ、部活動の指導における体罰の定義を見直す必要性について言及した。(産経新聞2013.1.15) −−−  実はこのような見解こそが、体罰擁護論者の典型なのである。義家という政... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/17 22:50
バブルの語り方
 日経新聞に、池上彰氏がバブルについてのわかり易い解説を書いている。東工大での講義録だそうだ。自由な立場で論じることができる池上氏だけあって、アメリカへの遠慮(従属)からバブル被害を大きくしたことが指摘されていて、一般メディアのような曖昧な記事になっていないが、それでも重大なことが看過されているように思われる。つまり、こうした当時メディアや財界等にいた人は、バブルをお金が過剰にあった故の現象で説明するのであるが、お金が有り余っている立場にいたひとたちは、当たり前のことだが少数派なのだ。お金などな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/15 11:22
東京オリンピック招致について(必要なのは一般市民用の十分なスポーツ施設だ)
 今日(1月14日)、猪瀬直樹新東京都知事が、テレビ朝日の昼の番組に出て、オリンピック誘致について述べていた。オリンピック招致派のひとたちは、消極的なひとたちに対して、まともに考えていないというような批判をするが、実に失礼な話だ。あるブログでは、年配のひとたちが反対している場合が多いが、それは1964年の東京オリンピックでいい思いをしたので、もう十分だと感じているからだ、などと書いているのがあったが、こういうひとたちは、自己中心的にしか物事を考えられないのではないかと思ってしまう。  また、大... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/01/14 22:46
元日の花火(オランダ)
 ヨーロッパのひとたちと日本人とでは、いろいろと違うところがあると思うが、大晦日から正月の過ごし方もそのひとつだ。  オランダにいたとき、大晦日はまず人々が戸外に出て、近所のひとたちと一緒に語り合う人が多い。日本のように除夜の鐘を聴くというのでもない。カウントダウンを待つのだが、1月1日になった途端、至るところで花火があがる。日本同様、普段は許可されないと思うが、日本では決して許可されないような、危険な花火が街中で上げられる。だから、ものすごい音がして、花火があちこちに見える。酷い場合は、上に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/06 22:03
田中大臣の不認可問題2
 今日、田中文相の不認可問題について書いたばかりだが、その後大きな進展があったようだ。つまり、「正式な不認可通知はしていないので、新しい基準で今年中に再審査して、認可の可能性がある」と文部科学省の前川官房長が述べたというのだ。不認可となった3大学側は「文部科学省から電話で不認可であるという説明があった」として、その詭弁性を非難している。  田中文相の暴走、文部科学省官僚の収拾の模索、田中が折れ、妙な打開策の提示というような感じなのだろう。  しかし、いくらなんでも酷すぎるし、再審査を述べたと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/06 23:31
田中大臣の新設予定大学の不認可
 田中文部科学大臣が、3つの大学新設に関して、大学設置・学校法人審議会が認めたにもかかわらず、不認可という決定をだし、それに対して、大村愛知県知事が「謝罪し撤回をせよ」と記者会見で述べたと、産経新聞(11.5)が報道している。田中大臣の決定は、もちろん驚いたが、大村知事の発言にも驚いた。  形式的にいえば、田中大臣の決定は、法に違反しているという大村知事の批判はあたっていないと思われる。大学設置・学校法人審議会を見直してみたが、審議会の決定に大臣が拘束されるとは書いていない。一般的にいって「審... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/06 06:12
橋下記事の週間朝日の対応に失望
 佐野真一氏による週間朝日記事の問題、大分時期遅れになってしまい、大方の議論がでているが、自分の考えを整理するために、書いておきたい。  当該週刊朝日を探すのに苦労した。amazonでは、2280円という値がついており、さすがに商売上手な人たちがいるのだと感心した。やっとある図書館で見つけてコピーし、熟読した。  この記事はとんでもない差別文書だという人と、そうではないという人がいるが、私は後者に与する。橋下氏は公人であるし、また、既によく知られているし、本人自身も語っているような内容がほと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/10/22 11:28
漫画を注意され取り上げられた生徒が教師をさした事件を考える
 愛知県の中学で、授業中に漫画本を読んでいて注意された生徒が、教師をボールペンで10回くらい指して怪我をさせたという記事は、今、学校における「懲戒」問題を考えているので、問題の性質を整理してみる必要を感じた。  産経新聞10月15日付けによると、12時半ころ、漫画を読んでいた生徒を、何度か注意したがやめなかったので、教師が漫画を取り上げたが、それに怒った生徒がボールペンで刺し、教師は翌日警察に被害届けを出して、生徒は逮捕されたということだ。生徒は14歳だったから、刑事責任を負う年齢である。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/16 14:50
二大政党制は合理的ではなく、こない方がよい(池上彰氏の文章を読んで)
 日経のウェブ版に池上彰氏の「二大政党いまだならず」という記事が出ている。大学の講義録で、特別な主張をもっているわけではないようだし、戦後の政党の離合集散を分かりやすく解説しただけの文章だから、特に問題にすることもないのだが、この文章の前提となっている「二大政党が民主主義政治の基本」という認識から、できる限り早く脱しなければば、より民主主義的な政治は不可能なのだが、そうした認識を覆い隠すという点に、こうした文章の有害な面があると思い、書くことにした。  学校の教科書にも、二大政党による政権交代... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/11 18:25
「河野談話」はまっとうな文書だ
 オリンピック終了後、にわかに起こった領土問題で、メディアやそれに呼応するインターネットユーザーは、急速にナショナリズムを前面に押し出すようになっている。これは日本だけではなく、韓国もそうなので、一種のやらせだという意見もあり、また、それぞれの国内の困難な政治状況の目くらましだという見方もあって、私もそれに近い見方だが、おかしな方に暴走する危険性もある。そして、日本側で目立ってきているのが、「河野談話」への見直し論議、あるいは攻撃である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/29 22:19
「いじめ緊急避難」を批判する産経新聞の編集委員は無責任の極み
 産経新聞に掲載された編集委員安本寿久「あの大津市教委は学校自治もしなせた」と題する文章は、極めて問題な部分を含んでいるので指摘しておきたい。  それは ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/08/22 17:46
教育研究集会まで抑圧する大阪市
 少し前の話だが、8月15日の朝日新聞に、「教研集会に学校貸さず 大阪市教委『条例に反する』教組側は市を提訴」と題する記事が出ていた。提訴の結果は記事としては出ていないが、これは極めて由々しき問題といわざるをえない。  記事によると、「労働組合に関する便宜供与は行わない」と市条例で定めたので、組合である日教組の集会には、会場を貸さないということであるという。  もちろん、勤務中に組合活動をするということは問題であるし、それをやめるようにさせることは、必要であるだろう。しかし、教育研究集会は、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/20 22:10
大阪の君が代「口元チェック」問題を考える
 大分時期遅れの話題になるが、この3月に、大阪の府立高校の卒業式で、教育委員会の指示で、各教員が君が代を実際に歌っているか、口元チェックしたことに関連して、大阪の記者が会見で質問したところ、橋下市長がその記者を口汚く罵ったということがあった。これは、橋下流政治を象徴することであると思うし、何度も問題にすべきであると思う。これに関するテレビ放映は、関東ではなかったのだが、大阪の放送局でなされた報道番組を見る機会があったので、その模様を改めて紹介しながら、問題点を考察してみよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/07 21:39
大津いじめ事件の「クローズアップ現代」をみて
 今「クローズアップ現代」をみた。大津のいじめ自殺に関連して、調査のあり方について検討する番組だった。その趣旨はとてもいいと思うが、いくつか気になる点があった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/24 20:21
多くの人は、安定した状態でこそ、仕事の成果をあげられる(橋下市長の感覚に?)
 橋下大阪市長は、よく市庁舎に来ず、そういうときには、ツイートするらしい。7月10日分のツイートがまとめて掲載されているので、読んだが、唖然とするような酷いものだった。http://blogos.com/article/42813/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/11 22:33
大津市のいじめ自殺
 滋賀県で中学生が飛び下り自殺した事件について、「自殺練習」が話題となっている。生徒たちの書いたアンケートを軽視しているようだし、調査能力の欠如が浮き彫りになっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/07/06 21:02
中央住宅(ポラス)は、「教育を阻害する企業」という呼ばれ方をしてもいいのか
 先日、通勤途上の駅で、幼稚園関係の人たちが大きな声で署名を集めているのに出会った。急いでいたので、ビラを受けとって、署名はしなかったのだが、ビラを読み、ホームページを見て、意見を書かねばと思った。  千葉県柏市の柏駅の近くにあるみくに幼稚園の南側に、ポラス住宅の14階建てマンションができ、幼稚園に一年の半分は太陽があたらない状態になってしまうということで、ポラスに要求をしているということだ。みくに幼稚園は、放射能問題でも子どもを守るための活動を活発にやっていることでも知られている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/07/03 22:27
負けるべくして負けた小沢 本気度の相違
 消費税をめぐる民主党内の攻防は、どうやら決着が見えてきた。もっとも、「事情通」なら、こんな結末は予定通りということになるのかも知れないが、しかし、逆に転ぶ可能性もあったとは思う。何故ならば、「大義」は小沢派にあることは、否定できないからだ。「消費税」をあげることについては、かなり多くの国民が仕方ないと思っているとしても、福祉にきちんと使われるとか、無駄な部分を削る(野田首相自身の言葉によれば「シロアリ退治」)などが前提であろう。しかし、三党合意では、それは全く無視されており、報道によれば、消費... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/22 20:11
小川法相更迭について
 6月4日、野田内閣改造が行われた。自民への屈伏という点以上の興味はなかったのだが、小川法務大臣を退任させたことには、注目せざるをえない。報道によれば、陸山会事件における石川知裕氏の取り調べに関して、虚偽の報告書を作成したことについて、ずっと問題になっているが、検察が起訴しない方針であることについて、それを問題視していたということだ。指揮権発動を野田首相に相談したが、首相が了承しなかったということだ。もちろん、指揮権発動は極めて重大なことで、軽々しく行うべきではないから、その是非はさておき、むし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/04 21:09
電力会社経営陣の勇気の欠如
 ついに、原発稼働がゼロになり、またまた夏の電力不足が話題になっている。当然だろう。実際に電力があるのだとか、ないのだかとか、ちゃんと情報公開されているわけではない状況だからはっきりしたことはわからないが、少なくとも電力供給の4割以上を原子力に依存していたらしい関西電力ではかなり厳しい状況であることは事実だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/07 20:35
バスの運転手と乗客の対話
 関越自動車道で起きたバス事故は、いろいろなことを考えさせるし、また、いろいろなことが論じられている。  ただ、ひとつあまり議論されていないことに、運転手に話しかけてはいけないというルールがある。もちろん、運転中に妄りに話しかけられたら、運転に差し支えがあるから、もっともなルールだろうが、今回は、乗客の何人もが運転者が明らかに眠気に襲われており、危険な状態にあったことを感じていたようだ。それでもルールだからといって、話しかけられないというのでは、危険な状態から身を守ることを禁止されているに等し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/03 23:28
おかしな石原都知事の尖閣購入論
 石原東京都知事が、尖閣諸島の島を都が購入すると宣言し、90%以上が支持しているのだという。実におかしな話だ。もちろん、批判もあるようだが。  そもそも、日本の書類では、日本人が所有し、国が借りていることになっているはずだ。つまり、日本の立場としては、日本が既に所有しており、管理を国が行っているのだから、都が購入して何が変わるのだろうか。買ってどうするということまでは言っていないようだから、単なるアドバルーンに過ぎないわけで、そのアドバルーン段階で、ある種の人たちが喝采を送るという奇妙な事態に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/04/28 12:19
亀岡事故の被害者情報提供は、学校の情報意識が背景
 京都亀岡の事件は、様々な議論を呼んでいるが、被害者の情報を加害者の父親に教えたという問題もそのひとつである。当初警察が漏らしたということで、警察が非難されていたが、亡くなった女性の番号を教えたのは、女性の娘さんが通っていた小学校の教頭だったということが明らかにされている。  この問題はいくつかの考えねばならない点を提起している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/27 14:50
スクールゾーンにパンプを−ドライバーのモラルに頼るのは間違い
 またしても集団登校中の児童の列に車が突っ込み、大きな惨事となった。何度も繰り返されている事故だ。しかも今回は、少年で無免許だったという。学校としての対策は、こういった事態に対しては無力だろう。  実は、一昨日、こうした事故の問題を大学の授業で取り上げ、どういう対応策があるのだろうかと学生とともに議論をしたばかりだった。その中で、私も有効だと思うし、また学生からも意見が出されたのだが、早急にやる価値があると思うことがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/23 17:24
自炊をしてみて、代行業者提訴の害悪を再認識
 この春から、自炊を始めた。もちろん、一人暮らしをしているわけではないから、料理を始めたという意味ではなく、本のデジタル化だ。自炊代行業に頼もうかと思ったが、あまりにたくさんの本があり、多くを頼むとするとあまりに費用が高いし、あまりたくさん頼まないなら自分でやったほうがましだということで、自分でやることにした。裁断機を買い、前から別の目的で使用していたドキュメント・スキャナーでデジタル化するわけだ。これでとにかく、本棚から本を追放し、できるだけスペースを確保できるかも知れない。何年かかるかわから... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/10 22:47
詩人アーサー・ビナード氏の傲慢
 国際女性デー埼玉集会が中止になったという。どんな具合になるか、見に行こうかと思っていたので、少々残念だ。  産経新聞で報道されて以来、抗議が集中し、おそらく中止にするのだろうとは思っていたが、強い自信をもって選んだ言葉であるならば、本人はやりたかったのだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 38

2012/03/09 23:56
福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)報告書に対する疑問
 〈福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)〉なる組織の事故調査報告書というのが出たらしい。盛ん報道されている。2月29日のクローズアップ現代でも取り上げていた。今日、いくつかの本屋を回ってみたが、どうもおいている様子はない。首都圏ではあるが、東京ではないので、こちらにまで回っていないのか、あるいは、出版されているわけではなく、関係者に配布されただけなのか。不思議なのは、クローズアップ現代で、盛んに情報発信上問題があったと述べているのに、福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)のホームページに、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/29 20:28
橋下市長の「落第」提案について
 精力的に問題提起をする橋下大阪市長から、義務教育でも留年をさせるべきだという見解が示され、大きな議論を呼んでいる。教育学を専門とする私としては、この問題は避けて通りことはできないので、意見を書くことにする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/28 22:12
修学旅行費を利用した贈収賄を考える
 2月4日の産経新聞(ウェブ版)によると、修学旅行代金をめぐる収賄容疑で前に中学の校長をやっていた人が逮捕されたという。家族旅行でハワイに行き、300万程度を旅行会社に負担させていたということだ。もちろん、それは、修学旅行の代理店指名の見返りとしてのものだった。  記事によると、そうした行為は、監視が厳しくなっているとはいえ、まだまだあるし、また、旅行代理店の方も意図的に、便宜を図ることで、仕事をとるような営業を行っているところも少なくないということだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/04 14:46
ナオミ・クライン『ショック・ドクトリン』を読む。震災復興のあり方に注意の視点が
 ナオミ・クラインというカナダのジャーナリストが書いた『ショック・ドクトリン』を読んだ。30カ国で出版され、日本でも昨年9月に遅まきながら翻訳が出た、世界的大ベストセラーだ。趣旨は極めて明快で、新自由主義は、「自由の重視」というようなきれいごとではなく、大企業が不当なまでに儲けるために、紛争を意図的に作り出し、(あるいは自然災害が起きたら、それを最大限利用し)そこにある既存の経済システムを破壊して、蓄積された富を奪い、本国や現地の税金を収奪するシステムであり、それに反対する人間を拷問にかけて黙ら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/10 12:11
一川・山岡両大臣の更迭は、最初から仕組まれていたのか。植草氏の指摘
 市川防衛大臣と山岡国家公安委員長の更迭が、政治的日程に昇っているといくつかのメディアが報じている。どうなるかわからないが、この点に関して、植草一秀氏が、興味深い指摘を昨年していた。植草氏は、優れた経済学者でありながら、猥褻疑惑で逮捕された人であるが、当時から冤罪疑惑があり、真相はわからないが、私はかなり冤罪の可能性が高いと判断している。小泉改革を痛烈に批判していたので、フレームアップで社会的に抹殺しようとしたという見解が、何人かから指摘されているのだが、植草氏のメールマガジンを読んでいると、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/09 08:42
産経新聞は喫煙者保護?
 産経新聞としては、社をあげてたばこを守る、喫煙者を保護する政策をとっているかのような報道が続いている。8月16日には「「喫煙文化研究会」でバッシングにNO たばこの効用に理解を」と題する記事を掲載し、9月11日には「 たばこ増税への反論!野田政権の安易な増税路線をただす」という高橋昌之氏の署名記事を掲載していた。そして、9月23日、秦郁彦氏の「たばこ増税策の「不都合な真実」」となる。そして、自民党の反対で野田内閣が、たばこ増税をあきらめたと勝利宣言のような記事が掲載されてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/03 11:34
現代の「スザンナ事件」は、男性の責任も問うべき
 昨年は、ずいぶんとブログの更新の頻度が落ちた。仕事が忙しいのと、やはり、段々年をとってきて、迅速に書くことが難しくなってきたのだろうか。今年は、できる限り書いていこうと思う。  新年早々、あまり愉快な話題ではないが、昨年11月末に、コンビニで出産した女性が子どもをごみ箱に遺棄して逮捕されたということがあった。こういうことは、多くはないが、しばしばニュースになる。古くは、ファウストのモデルになったという、スザンナ事件(大澤武男『ファウストと嬰児殺し』で紹介されている)も、全く同じパターンなのか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/01 23:29
電力会社の経営陣は、原発敷地内に住むべきだ
 今日のニュースによると、九州電力管内のすべての原発が停止したという。関西電力関連の原発も定期点検のためにとまると、やがては国内の90%の原発が停止状態になるらしい。こういう状況を、原発推進派はどうやって打開するのだろうか。結局、北海道の例を見ると、何ら国民に安心感を与えず、安全を保障しないまま、権力的に強行するのだろうか。あるいは、電力不足を演出して、やはり動かさないと仕方ないという雰囲気作りをするのだろうか。  いずれにせよ、こうした事態を見ていると、結局権力を握って政治を動かしていた人た... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/26 22:21
「最低でも県外」は「暴言」か?
 防衛省の田中沖縄防衛局長の暴言問題は、今は一川防衛大臣の問責決議に焦点が移ってきたようだ。確かに田中局長の発言というのは、「事実であるならば」、極めて問題であるし、何故こういうことが次から次に起きるのかという、素朴な疑問がいろいろと浮かんでくるが、この報道の中で、看過できない表現がひとつ、産経新聞の[産経抄]に出ていた。11月30日付けで文章である。この文章は、人権団体の幹部の発言への用心の心得を紹介し、オフレコとはいえ、田中局長の発言は酷いと批判したあと、その責任の一端は、一川防衛大臣のやる... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/02 17:43
自転車道路整備は「有識者」会議では無理
 最近自転車の交通に関して、話題になることが多い。しかし、その取り上げ方には多少の疑問を感じるのである。これまで自転車が交通法令上どのような存在なのか、よく理解できない面があった。国民的な混乱ともいうべきことで、これは明確に警察及び交通行政に責任があるだろう。現在、自転車は車輛であるということに落ち着いているような雰囲気があるが、しかし、これは非常に不徹底である。例えば、一方通行の道がある。そして、その出口には、「車輛進入禁止」という標識があるのが普通だ。しかし、そこに「自転車は除く」と書かれて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/29 14:26
NHKは放射線量の報道を正確にせよ
 NHKはニュースで、関東の放射線量を示す。しかし、いつからかは、あまり自覚していないが、意図的に放射線量の低い地域を選択しているのではなかろうかと思われるのである。私は千葉北西部に住んでいるのだが、そこはかなり前からホットスポットと言われており、原因はよくわからないが、インターネットに掲載されている測定値は、ずっと高いまま推移しており、NHKの報道する地域と一桁違っている。私の記憶している限り、NHKの報道では、0.0*という数字の都市ばかりが紹介されているのだが、私の住む近隣では、すべて0.... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/19 20:12
秦郁彦氏のたばこ増税反対論について
 産経新聞としては、社をあげてたばこを守る、喫煙者を保護する政策をとっているかのような報道が続いている。8月16日には「「喫煙文化研究会」でバッシングにNO たばこの効用に理解を」と題する記事を掲載し、9月11日には「 たばこ増税への反論!野田政権の安易な増税路線をただす」という高橋昌之氏の署名記事を掲載していた。そして、9月23日、秦郁彦氏の「たばこ増税策の「不都合な真実」」となる。そして、自民党の反対で野田内閣が、たばこ増税をあきらめたと勝利宣言のような記事が掲載されてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/09 08:58
園田政務官の放射能水飲むパフォーマンスについて
 園田政務官が、福島第一原発の処理水を飲むというパフォーマンスをやったことが、インターネット上でさまざまな議論を呼んでいた。最近は納まったようだが、賛否両論あり、園田政務官を批判する者と、全く逆に飲めと迫った記者を避難する者と、実に立場はさまざまだ。もちろん、ここで、更にどちらかを批判したりするつもりはない。しかし、ここには、これだけで済ますのはもったいない「素材」が含まれていると思うのである。  現在、原発批判の急先鋒にたっている武田氏は、このパフォーマンスを強く批判していた。たった一回飲む... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/07 18:12
平野大臣の「ばかなやつ」発言-人間失格は非難者の方ではないか
 最近の自民党及びマスコミ、特に産経や読売のひどさにはあきれてしまうことが多い。もちろん、朝日がどれだけまともかは別だが。  平野復興大臣の言葉がとりあげられている。「逃げずに死んだバカ」という表現が、人間として失格なのだそうだ。もちろん、その文脈にもよるが、「人間的感性」をもっていれば、この言葉が、軽蔑した発言でないことは明らかだろう。友人のことを述べたそうだが、「立場上逃げるわけにはいかず、仕事を遂行していたために、逃げられなかった、だから死んでしまったが、やはり逃げて生きてほしかったのだ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/19 11:42
放射線学習に関するクローズアップ現代の番組は疑問
 今日(10月11日)、NHKの「クローズアップ現代」で放射能教育について扱っていた。この番組がまじめで、社会問題を誠実に扱っていることが多いことは承知しているが、今日の番組はいささか疑問をもたざるをえなかった。  放射能・放射線について、科学的な知識をもつことが大切であるという主張は、当然納得できる。が、この放射能・放射線の学習については、どうもすっきりしない面がある。まず、文部科学省が放射線の学習をするように規定しているという前提で、この番組は作られている。  中学理科の学習指導要領の記... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/11 23:53
鉢呂辞任は、脱原発依存派の掃討?
 旅行にいっていたので、実はリアルタイムで理解していなかった。だから、いきなり鉢呂大臣の辞任が最初の認識だった。  まだ詳細はよくわからないが、結局、脱原発依存派が、最終的に放逐されたという気がする。菅内閣の崩壊の最も重要な要因がそこだったし、今回の内閣で明確に脱原発を打ち出したのが、鉢呂前大臣だったからだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/11 11:18
台風被害への政府の対応は?
5日の5時現在、ニュースや速報をみる限り、政府は台風被害に対して、何かしたという報道がない。単に報道がないだけかもしれないが、もし対応しているのに、それをメディアが報道しないのは、メディアとしての怠慢であるし、政府が腰をあげていないとしたら、早々に起こった大災害に対して、なんとも鈍いことになる。 震災があまりに酷かったので、今回の台風の被害はたいしたことないとされているのだろうか。 まれにみる大きな災害だと思うのだが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/05 17:05
わいせつ行為による賠償まで、国家賠償法でカバーするのか
 9月3日の読売新聞に、憂鬱になるような記事が出ていた。「元教諭のわいせい事件、賠償金を町が肩代わり」と題する記事である。内容は以下の通り。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/03 16:36
朝鮮学校の生徒が授業料補助問題で提訴の準備?
 高校授業料無償化をめぐって、適応されないまま放置されている朝鮮学校の生徒が、損害賠償訴訟を起こす方針を明らかにしたという記事がいくつかの新聞に掲載されており、ブログでもいくつか取り上げられている。記事は以下のようなものだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/28 22:22
福岡教育大学での講演記録回収問題
 8月21−25日付けのいくつかの新聞に、福岡教育大学でのできごとについて報道されている。2009年に行われた教職員用の講演で、愛知の大学教授が招かれて行った話の中に、不適切な内容があったということで、その講演を掲載していた昨年の紀要を回収したという記事だ。  この教授は、別途調べて名前もわかったが、臨床心理学の分野では、比較的有名で、講演等で活躍している人のようだ。  産経新聞によると、次のようなことらしい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/27 16:40
管の辞任表明と、オバマの日本保有の米国債の債権放棄要求?
 本当のところはわからないが、板垣英憲氏が、「オバマがアメリカ国債100兆円分の債権放棄を日本に迫っていたが、菅が断った」と報じている。そのために、秋の菅のアメリカ訪問が、事実上棚上げになっているというのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/11 11:33
「政局」の対立軸
 政治の世界というのは、一般市民にはなかなかわからない。特に「政局」といわれる事態を理解するのは難しい。メディアの報道はほとんど実態と離れていると考えられるからだ。そもそも、メディアは「政局」なる状況が大好きだし、しかも、実際に争われていることを隠したまま、単なる人的争いごととして、政局を煽る報道をする。  民主党政権は、成立したあと、ほとんどの時期で、この「政局」なる報道によって、混乱した印象を与えられてきた。もちろん、民主党政権は、初めての政治運営だったから、まずいやり方が多く見られたし、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/09 12:52
甲子園大会の弊害
 今年もまた、甲子園の季節がやってきた。  いろいろな批判がありながら、あまり形態が変わらないまま、高校野球の大会が行われている。私が感じている甲子園大会の問題は、近年ますます増大しているように思われる。メディアの報道もますますおかしなものになっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/06 08:21
日赤義援金の配分原理への疑問
 未だに日赤等に寄せられた義援金が、大半が未配布であるという。新聞やテレビで度々報じられているのは、被害地が広範に及んでいる、自治体機能自体が被害を受けている野で、配分業務がなかなか進まないということだ。  しかし、私は前からずっとこの問題に関して、そうした原因分析に疑問をもってきた。しかし、非常に微妙な問題を含んでいるので、ここに書くことをためらってきたのだが、今日の産経新聞に、まだ4分の1しか配分されていないという記事を読み、旗振り役や自治体の人手不足が原因であると、いまでもそうした報道が... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/17 23:07
学校図書館への片山大臣の問題提起
 7月13日の読売新聞に、「片山総務相「全学校図書館に司書配置を」」という記事が出ている。短いので転載しておく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/13 21:37
原発再開の条件を考える
 玄海原発再開問題で、いろいろと揉めているようだ。7月6日の朝日によると、国が県民に説明する放送に、再開賛成メールを出すように、九州電力が自社や子会社の社員に働きかけていたということが、暴露されていた。この説明会は、主催者が指定した7名だけが、市民として参加し、かつ本格的な質疑応答はなく、一方的な説明に終始したらしい。  海江田大臣は、十分検査で安全性を確認しているという発言をしているようだが、今日のNHKニュースによると、更に「ストレステスト」なるものを実施するらしい。前に、安全が確認された... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/06 22:15
松本復興大臣の辞任は「自爆テロ」?
 とにかく暑いので、「真昼の極暑の夢」というところだが、松本大臣の突然の辞任は、朝のニュース速報で知ったが、率直に驚いた。東北での発言が、内容的には、そんなに間違っているとは思えないが、確かに、表現が酷いし、しかも、ニュースカメラが回っている前での発言だから、不用意なオフレコ発言ではない。つまり、確信的な発言だったと考えざるえない。もちろん、政治家に少し前になったわけではないから、あのような発言を公の場ですれば、当然辞任要請の声が巻き起こることは、知っていたはずだ。まさか、そんなことは考えもしな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/05 10:42
門からでたサーカーボールで転倒、1年半後の死亡で1500万賠償 不可解な訴訟と判決
 6月28日付け朝日新聞(インターネット版)によると、「サッカーボール避け転倒死亡、蹴った少年の親に賠償命令」という記事があり、小学校5年生(当時)の少年が校庭でサッカーゴールに向かってボールを蹴ったところ、それて門扉を超えて道路に転がり、バイクに乗っていた男性が避けようとして転倒、足を骨折。その後認知症となり、翌年(1年半後)誤嚥性肺炎で死亡。遺族が少年の親に5千万の賠償請求訴訟を起こし、1500万の賠償が言い渡されたもののようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/29 22:10
教員採用試験で、大学入試からパクリという記事
 6月8日の毎日新聞に、過去の教員採用試験の問題で、三重県の内容が、京大や慶応で出した問題と酷似していたという記事が出ていた。教員採用試験の問題は、正確には誰が作るのか知らないが、おそらく県教育委員会の指導主事などが中心となって作るのだろう。今回問題となったのは、高校理科の問題だったようだが、高校理科の教員の理科力を測る問題であれば、当然高校の教師出身の指導主事では荷が重いことがあるのかも知れない。やはり、大学の教師レベルでないと、なかなか作成できないとすると、大学の理学部や教養部の理科教師が、... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/08 17:54
ビンラディン殺害、なぜ今
 ビンラディンが殺害されたのだという。こういう問題の専門家ではないので、単なる感想に過ぎないが、多くの人がいろいろな疑問をもつだろう。  まずは「本当か?」ということ。死体はDNA鑑定をした後、海に投棄されたのだという。つまりは誰も襲って殺害した特殊部隊の人間した見たわけでもないらしいし、また、今後見るのが不可能だということだ。DNA鑑定って、ビンラディンのDNA資料をアメリカはもっていたのだろうか。これまでの報道では、資料をもっているとは思えないのだが、どうやって同一であることを確認したのだ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/02 22:59
海江田経産相の15%節電方針は、未来の方向に逆行するものだ
 海江田経産相が、夏の節電目標を一律15%減とすることを、正式発表した。火力発電の復旧などで供給能力が高まったからだそうだ。  しかし、このニュースを聞いて、「ああ、よかった」と感じた人は、どのくらいいるのだろうか。私は、「なんとこの内閣は、腰が軽く、うわついた政策をさも得意気に出すのだろうか」としか思えなかった。このニュースを伝える朝日は、翌日の別の記事として、「節電実験、目標に遠く及ばず、目標15%、実際は5%」という記事を載せている。新潟県で行った15%削減実験で、実際には昨年比の5%し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/29 10:34
家庭や企業の個別的な風力発電システムの普及を
 電力問題がいろいろと議論されているが、国際的には、原子力よりは自然エネルギー活用の発電の方が多いのだそうだ。自然エネルギー活用は途上国でもできるが、原発は先進国でしかできないという事情もあるだろうが、やはり、今回の事故を考えれば、自然エネルギーをより重視していく必要があることは自明だろう。  しかし、その活用法については気になることがある。  主なものは太陽光のソーラーシステムと風力発電であろうが、この使い方には、少なくとも日本では大きな違いがある。ソーラーシステムは、企業や家庭での個別的... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/24 10:13
夏の節電あれこれ
(1)自販機 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/12 23:12
物の購入が東北支援に有効?
 にわかに「自粛は日本経済だけではなく、東北の復興にマイナス」という経済界の主張が、前面に出てきている。東北の企業家、よくテレビに出てくるのは、酒造家だが、彼らの主張を合わせてだしながらの主張だ。結局、お金が回ること、つまり消費することが、経済を活性化させるのであって、それが東北の復興にも必要なのだというのだ。  しかし、「待てよ」と立ち止まって考えことが必要だろう。確かに経済全体が落ち込んでしまって、復興にプラスであるとはいえないだろう。しかし、デパートやコンビニの経営者が、上のようなことを... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/10 22:00
諸外国の農産物輸入制限は、日本政府の間違った政策の結果である
 車でラジオを聞いていたら、諸外国が続々と日本からの農産物輸入を制限し始めていることを報道していた。そんなにたくさん日本から、諸外国に農産物を輸出しているのか、と改めて知ったのは、多少認識不足だったが、今回のこういう措置は、明らかに政府の間違った農産物制限政策の結果であるといわざるをえない。前のブログでも書いたことが、明確になった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/25 18:53
震災からの復興は高台の集合住宅で
 まだ困難なときに書くのもためらわれたので延ばしていたが、今日先週の大前研一氏の放送を youtube で見ていたら、既に民主党に提案しているといっていたので、こういうことはたくさん意見が書かれることがいいと思い、書くことにした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/25 09:38
首都圏での低消費生活は、未来の方向では?
 計画停電なる措置によって、また、様々な物が店で不足がちになっていることによって、首都圏も低消費社会に変化している。街はいつもに比べてずっと暗くなり、店も早く閉まっている。街の暗さは、おそらく石油ショック以来のことだろう。もっとも石油ショックのときの方が、繁華街の暗さはもっと厳しかったと思うが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/22 23:15
ホーレンソー出荷停止、風評被害を生んでいるのは政府ではないのか
 放射能が検出されたということで、ホーレンソウ等が出荷停止となり、原乳も廃棄処分となっている。政府の要請だ。鳥インフルエンザなどで、すべて処分というやり方と同じなのかも知れないが、どうも納得できない。ある地域のホーレンソウが汚染されていたからといって、県全体を停止にする必要があるのか。  安心しろとか、風評被害に惑わされないようにといっても、措置そのものが風評被害発生源であるし、また不安をあおっていることだろう。とってつけたように、「食べても直ちには健康に影響がない」などといえば、誰でも不安に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/22 00:10
「想定外」について
 今の時点で、進んでいる事態を考察することは、好ましくない面もあるかと思うが、忘れない内に書いておきたいと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/20 20:56
メア氏の発言について
 メア氏の発言が大きな怒りをかっている。確かに報道されている内容は、ひどいところがある。しかし、沖縄の人たちが怒るのは、当然として、沖縄人ではない者は、もう少し冷静に見る必要があると感じる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/10 22:54
インターネットでの大学入試不正
 大学の入学試験をめぐる不正行為は、日本ではしばらく、たいした話題にはならなくなっていた。私がまだ大学生だった時代にはけっこういろいろとあったし、その後は、私立の医学部を中心に、お金で合格を買うような不正はメディアで話題になった。  しかし、入試問題そのものに関わる不正は久しぶりだと思う。  今でも鮮明に覚えているのは、刑務所で入試問題の印刷をしていた頃、サッカーボールかバスケットボールのようなボールに校正刷りをいれて、運動の時間に塀の外に蹴りだして伝えたということがあった。刑務所はもっとも... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/28 07:34
力士とは無関係に養成される審判が必要だろう
 大相撲は相変わらず「調査」が難航しているようだが、週間現代が反撃を開始するなど、ますます相撲協会は苦しい状況になっているようだ。  ところで、改めて相撲という競技を見ると、他のスポーツと著しい相違があることに気がついた。それは、専門的な審判が存在しないということだ。行司は専門職だが、勝敗を決めるのが役割で、野球やサッカーのような権限をもった審判とは言い難い。不正があれば直ちに処罰を実施できるのが審判だろう。そして、野球にしてもサッカーにしても、審判は選手サイドからは独立した養成機関によって訓... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/15 20:47
大相撲八百長問題について、もっと寛容でもよいのでは
 相撲の八百長問題は、なかなか興味深い進展を示している。私は別に相撲ファンではないので、相撲が衰退することは別に構わないが、古くからの相撲ファンとして、メディアに登場している人々が、何かとんでもないことが起きているかのような言い方をしているのは、滑稽としかいいようがない。そもそも、八百長があるなどということは、ずっと言われてきたことで、それを承知で楽しんできたのではないのだろうか。そして、もちろんのこと、すべてが八百長なわけでもなく、真剣勝負の方が、数としては多いのだろうし、流石に優勝がかかった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/06 21:13
ニューヨーク・タイムズ、クリストフ記者の「尖閣諸島は中国領土」について
 ニューヨーク・タイムズのクリストフ記者が、尖閣諸島は中国の領土であるという考えを示したことについて、日本は猛反発し、抗議の記事を掲載させたが、この点について、我々日本人は、楽観視すべきではないと思う。  現在このような領土認識を表立って示す人は少ないにしても、今後どんどん多くなるだろう。そして、日本の主張が次第に無視されるようになる危険性もある。しかし、私には、日本の外務省が行った反論が、この点を考慮しているようには見えなかったし、また、日本の新聞の紹介や主張も同じ危惧をせざるをえない。特に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/01 12:58
ウィキリークスは「政治の透明性=民主主義」を再確認させるものだ
 ウィキリークスが話題を呼んでいるが、基本的に、私はウィキリークスの姿勢に賛成だ。既成メディアは、ウィキリークスに対しては批判的であるかも知れないが、なぜか、どんどん出てくる報道は、ウィキリークスから入手した材料を、既成メディアが行っているものだ。今後どういうものが出てくるのか、あるいはアメリカをはじめとする「政府」が弾圧に成功して、出てこなくなるのかわからないが、少なくともこれまでは、外交文書が公表されている。テレビで、個人に迷惑がかかるようなことが起きたら問題だというような話をしているひとが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/07 21:04
桐生のいじめによる自殺と「国際化教育」の負の関連
 群馬桐生市で起きた小6の児童の自殺が、新しい局面を迎えている。ついに学校と教育委員会がいじめがあったことを認めたようだ。しかし、自殺との因果関係は頑なに否定している。そもそも、父親が再三対策を申し入れていたのに、いじめがあったという認識がなかったということがふざけているわけだが、自殺との因果関係がなかったと考えるのは、常識的に無理だろう。いずれ認めざるをえなくなる。当初否定して、次々と事実を突きつけられるとしぶしぶ認めるという構図は、いまの政治にもよく見られる現象だが、潔く認めた場合に比較して... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/09 18:56
追手門学院大学の留学生自殺について、まだ不明の点が多い
 いじめによる自殺は、決して日本だけの現象ではないが、日本では「教育の体質」が関係していると見られる面があり、やはり大きな教育上の問題であろう。そして、最近またいじめによく自殺がニュースで取り上げられることが多くなっているような気がする。  文部科学省がいじめの定義を、客観主義から主観主義へと変更し、学校現場に対応をきちんととるように指導して、統計的にはいじめが減ったとされているが、そんなに簡単にいじめがなくなるわけではない。    ところで、いくつか気になる事例のひとつとして、追手門学院... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/29 11:56
政治家は名誉を言論で守れ、仙石・丸山両氏の提訴はナンセンス
 教育の分野では、政府が決める「学習指導要領」で、「言語活動」の促進が強調されている。しかし、最近の政治をめぐる動向をみると、政治家の「言語活動能力」が問われているのではないかと、驚くことがたくさんある。  政治家が、メディアで批判されたりすると、名誉棄損で提訴することが、次第に多くなってきたが、ここのところ、そういうことが盛んに報じられている。  まずは新潮社での報道に対して、仙石官房長官が1000万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたことが報じられている。産経新聞によると、「訴状によると、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/27 13:29
小沢とチャベス
 小沢一郎の行政訴訟が却下されたという。却下ということは、訴訟自体として取り上げないという、完全門前払いだから、小沢の政治的立場は更に一段低下したわけだ。即時控訴したようだが、産経新聞によると、小沢自身が「自分は裁判で決着をつけるのがよく、提訴はもともと反対だった」などと語ったとされる。語るに落ちたとはこのことだろう。本人が提訴するのがよくないと考えているのに、弁護団が強引にやったのだとしたら、弁護団を解任するくらいでなければ、辻褄が合わないだろう。小沢ほどの政治家が反対する訴訟を、弁護士の独断... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/19 08:24
小沢氏の国提訴など、自爆ではないだろうか
 小沢一郎氏が、検察審査会の決定は無効であるという主張で国を訴えるという記事が出ている。  産経新聞(2010.10.15)によると、以下のようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/15 13:21
小沢氏は証人喚問で復権することが可能ではないか
 昨日の補充。  検察審査会の決定によって、小沢が強制起訴されたことで、小沢の政治生命が危うくなり、田中角栄のように膨大な資金があるわけでもないので、権力を維持することは難しいだろうというような観測が、いろいろと書かれている。訴訟で無罪を勝ち取っても難しいとも。  しかし、それは本当だろうか。小沢には打つ手がないのだろうか。私は政治家としての小沢は政治生命を喪失してほしいと思うし、日本により民主主義的風土を確立していくためには、マイナスな政治家であると思っているが、もし、本当に小沢が何も問題... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/06 21:55
小沢起訴は説明しなかった帰結、証人喚問はむしろ政治家の「特権」なのに
 今日車でラジオを聴いていたら、小西克哉と荒川強啓が、小沢起訴すべしの検察審査会の決定を、かなり強い調子で非難していた。批判というよりはまさしく非難だった。「小沢の疑いが強く、また検察はきちんと捜査をしていないので、公開の法廷で明らかにすべきだ」という主張はおかしい、検察ファシズムならぬ検察審査会ファシズムで、こんなことが認められると、自分の気に入らない人物を、検察が起訴しなかったら、検察審査会を開かせて、起訴すべしという結論を出させることが可能になってしまい、恐ろしい事態が出現する危険性がある... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/05 22:35
大阪地検特捜部の押収資料改竄事件
 大阪地検特捜部の押収資料改竄事件の進展は、ますます興味深くなってきた。改竄が故意か過失かとか、上司が逮捕されるかどうかとか、そういうことで、マスコミは興味を煽っているが、やはり本質的なことには、行かないことを決めているのだろうか。  もちろん、本質的に重要なことは、故意であろうが、過失であろうが、証拠が改竄され、そのことによって、事件そのものが成立しないことが分かったにもかかわらず、捜査が継続され、逮捕・起訴されたという事実である。つまり、だれがどのように認識していたかは別として、既に起訴段... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/04 13:50
尖閣諸島の石油開発をせずの、領土主張は説得力があるのか
 尖閣諸島問題は、相変わらずだが、議論も相変わらずだ。そこで再度相変わらずの議論を私もしたいと思う。前回、石油資源採掘をめぐる問題との関連で書いたが、以前産経新聞が取り上げていた日本の森林資源や水資源の中国による購入の動きが、他のメディアにも取り上げられるようになってきたので、その問題とも絡めて書いておきたい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/10/03 20:57
中国への外交的敗北は20年間のつけ
 中国船長の釈放は、少数派として肯定する人もいるようだが、大体は中国への外交的敗北という見解が圧倒的だ。やはり、中国は日本の政治空白を狙って仕掛けたのだろうし、それに乗せられたということを、考えたくはないが、考えざるをえないだろう。  しかし、ここでは、ほとんど書かれていないことについて書いてみよう。それは、日本が本当に尖閣諸島の領有および資源確保に真剣に取り組む意志があるのかという点だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/25 14:53
DVに対する警察の対応
 産経新聞の報道によると、DVによる殺害事件があとを絶たないのだそうだ。そして、被害者が事前に相談に訪れるにもかかわらず、警告等の法律によって警察に与えられている防止策をとること、あるいは被害届けを出すことなどを、相談している被害者が望まないために、警察が有効な措置をとれないことが多いと、産経新聞は書いている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/21 01:33
新聞のインターネット配信
 もう1月ほど経ってしまったが、我が家でメディアに関して、いくつかの重要な変化があった。ひとつは、アナログテレビを地デジに変えたこと、そして思い切って新聞を止めたことだ。実にたくさんのことを考えたし、、研究者が新聞やめていいのか、ってこともあるが、今のところ別に不便は感じていない。地デジのこともいろいろとあるが、今回は新聞について書いてみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/10 22:31
「論争嫌い」「持病」「疑惑」三位一体の人物は首相に歓迎しない
 最近は秋からの授業の教科書改訂に忙しく、ブログをほとんど書いていなかったので、何か書かねばと思い、たいしたことではないが、小沢出馬に関連して考えることを書いてみたい。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/28 16:14
全国学力テストは原則希望参加こそ望ましい−−産経新聞の社説について
 産経新聞が社説で、またまた全国学力テストの悉皆調査復活を主張している。そして、その理由に「競争の強化」を明確にあげている。「全員参加に戻し競い合え」という題が付けられている。よほど、産経新聞は「競争」が好きなようだ。勉強は競争のためにやるものではないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/02 22:35
ねじれ国会は民主主義のチャンス
 民主党の大敗は、今後どのような影響をもたらすのか、もちろん予測がつかないが、基本的に、前に書いたとおり、ねじれ国会になった方がいいと考えているので、今回の選挙結果は、日本社会にとってプラスであったと評価したい。自民党を応援する気持ちは全くないから、自民の勝利を評価しているわけではない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/07/13 19:12
ブラジル人少女の放火事件に思う
 7月9日に起きた、兵庫県宝塚市の中学生による放火殺人事件は、ある意味いつかは起きる可能性のある事件だった。もちろん、この種の事件は既に何件か起きており、ここで、「起きる可能性」というのは、多少異なった意味である。  注目されるのは、犯人家族がブラジル人であったという点である。同級生については何も断りがないので、おそらく日本人なのであろう。だから、日本人であろうと、ブラジル人であろうと、起きる可能性のある事件ともいえるが、やはり、ブラジル人家族、ブラジル人の中学生という点において、考えざるをえ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/10 16:50
浜名湖での事故について。
 6月18日に起きた浜名湖での事故は、現在の学校教育のひとつの大きな問題を浮き彫りにすることになるだろう。単なる校長の管理責任とか、そういう小さな問題として処理されるべきではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/19 13:01
鳩山辞任、民主党は自民党の道を歩むのか
 鳩山首相がついに辞任の意向を表明したようだ。  これで民主党は、確実に「自民党への道」を歩むことになるだろう。その後の政党の歩みについては、専門ではないので、予言めいたことはいいたくない。しかし、鳩山首相の辞任の意味について、少し考えを述べておきたい。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/02 10:54
鳩山首相は辞任すべきではない!
 ついに連立の一角が崩れて、政界がごたごたしているようだが、こういう時にこそ、政治家たちの真の姿、偽りのない「実力」がわかるような気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/30 20:40
鳩山首相は小学生なみか?
 最近すっかりご無沙汰してしまった。仕事が忙しいということもあるが、何となく書くことが多少おっくうになっていることもある。  しかし、最近の動きをみて、いろいろと書いておきたいこともあった。私自身専門家でもないし、また、民主党支持者でもないので、特別に弁護する気もないのだが、普天間問題の特にマスコミの論調に疑問があるので、この問題について、いくつか書いてみたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/18 21:32
都内の学校の教師用パソコンにフィルター?
 先日東京のある区の学校に配布されているコンピューターの状況について、驚きべきことを聞いた。区の学校のコンピューターは、区の管理するサーバーにつながっており、そこからインターネットに接続されているという。そして、教員たちが使用するパソコンは、子どもに対してもしないようなフィルターがかけられているというのだ。    子どもに対するフィルターといえば、性的内容や暴力的な内容に関わるページへのアクセスを排除するのが、主なものだろう。大人のパソコンにフィルターをかけるというのは、聞いたことがなかった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/06 20:17
店のカードは勝手に条件引き下げてもいいのだろう。コスモザカードの経験
 最近は無数の店でカードを発行している。そして、カードにはいろいろな特典があり、その特典を売りにして、カードをもつように勧められるわけてである。しかし、こうしたカードの特典内容というのは、店が一方的に無視していいのだろうか。    ガソリンスタンドも多くの店がカードを発行し、会員価格を設定している。  私の近くに激しく競争しているガソリンスタンドがあった。道路を挟んで真向かいに位置していた。しかし、地の利があって、一方にたくさん客が入り、もう一方はかなり安くしているのだが、客の入りが悪くつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/05 16:53
高校授業料無償化にともなって、私立学校の負担は増すのだが
 高校授業料無償化は、できるだけ早急に実現すべき政策であるが、現在進んでいる政策には、あまりにあいまいな点が残されている。外国人学校の件もそのひとつだが、他にこのような問題はどうなのだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/29 21:14
高校授業料無償化再論
 高校授業料無償化法案が衆議院を通過し、参議院にかかっている。新聞報道を読んでも、詳細がわからないので、衆議院の委員会の議事録を読んでみた。現在3月9日までの分が、国会のホームページに掲載されているが、それだけでもかなりの量だ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/21 18:09
クロマグロの制限は仕方ない
 クロマグロの議論が始まったようだ。日本人は制限にみんな反対であるかのような報道だが、私は仕方がないと思う。私がニフティのフォーラムで議論をしていた94年ごろ、捕鯨問題でチャットをしたときのことを思い出した。  日本人は、捕鯨反対の欧米の議論に対して、欧米では牛を食べるが、それと食文化という点では同じだ、ということをよく言うのだが、かなり違う。鯨は公海上にいる自然の産物だが、牛は家畜で持ち主が育てていて、それを売るわけだ。つまり、海産物でいえば養殖しているものにあたる。鯨を養殖しているなら、誰... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/18 22:35
ドライブカメラの番組をみて(上向きライトは事故を減らすのか、原因となるのか)
 今日の朝、テレビ朝日の番組で、ドイラブカメラのことを取り扱っていたが非常に興味深かった。以前のカメラ(今でも多くはそうかも知れないが)は、前方だけ撮っていたが、最近のは後方も撮るようになっており、このことで、格段に事故原因が詳細に分かるようになったのだという。運転手の目線やバックミラーよりも広範囲に後ろの後景、そして、わきの部分なども写っている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/16 22:59
教師の政治活動は既に「罰則」があり、更に刑事罰を課すことは民主主義に反する
 北海道教職員組合の政治献金問題に関連して、教師の政治活動は禁止されているにもかかわらず、罰則規定がないので、罰則規定を設けるべきだという議論が、このところ自民党はもちろんのこと、多くのメディアでなされている。しかし、こうした議論の多くに見られるように、かなり多くのデマを含んだものであると言わざるをえない。しかも、その議論が正当であるとは言い難いものを感じるのである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/03/13 22:40
高校無償化法が向かうところ
 高校無償化について、民主党自身は、外国人学校のどのあたりまでを含める政策なのか、民主党のホームページを見てみたが、単に高校無償化という言葉が並ぶ文章ばかりで、今問題になっている点について、まったく触れていないことがわかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/12 22:20
朝鮮学校無償化適用は「政治主義的反対」の結果
 3月11日付け産経新聞(インターネット版)によると、政府は朝鮮学校への無償化を適用する方向になっている。これはごく自然な流れだろう。もちろん、私は何度かここで書いたように、外国人学校を除外するのは当然であると考えているが、産経や橋下知事の朝鮮学校に反対する論理からして、その反作用として政府は賛成に廻らざるをえないと考えていた。  橋下知事が、朝鮮はナチス国家と同じだとか、あるいは政府内でも拉致担当大臣が、拉致の制裁の一環として、というような理由をあげて反対している以上、政治と教育を一緒にする... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/11 06:32
連休の地域分散は大学教育にはマイナス
 連休を地域分散させるという観光立国推進本部の案が出て、いろいろな意見が出ているようだが、概して否定的な見解が多いようだ。この案が報道されて、直ぐに反対の意見を書こうかと思ったが、旅行に出ていたので時期を失してしまった。  今日の読売新聞の社説に、慎重論が出され、その中で「「敬老の日」など一部の祝日を月曜日とするハッピーマンデーの制度は、経済や教育にどんな影響を及ぼしているのか。そうした検証作業も必要だろう。」という意見が書かれていたので、この点を改めて書くことにした。  誰でも知っているよ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/09 22:51
外国人への教育権保障とは(つづき)
 再度「外国人学校」とは何かを確認しておこう。  通常、外国人であってもその国の学校に通うことは認められている。少なくとも先進国ではそうだろう。そして、人権が保障されている国では、外国人の子どものためにはさまざまな配慮がなされる。そういう配慮が、基本的に子どもの権利条約などの定める内容といってよいだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/28 21:54
外国人への教育権保障とは
 朝鮮学校と高校授業料無償化の問題は、今日の朝日新聞で大きく取り上げられている。朝日は、人権の立場から、無償化をすべきであると考えているような論調となっており、国連人権委員会でのやりとりを「国際基準に照らせば人権侵害だ」ということです、という師岡康子氏の言葉を結びに使っている。  師岡康子氏は、「外国人学校ネットワーク」の代表を務めているようで、以前から外国人学校の権利擁護のために努力している弁護士であることが、インターネットのホームページでわかる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/27 23:03
高校無償化に外国人学校が除外されるのは当然
 2月25日産経新聞(インターネット版)に高校無償化の議論が始まり、朝鮮学校を除外する方向とする記事が出ている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/25 22:15
相手の失敗を期待するのは疑問
 女子フィギュアのフリーで、浅田の逆転を期待する声で満ちている。もちろん、それぞれがベストの演技をして、なおかつ逆転できるなら、素直に喜ぶことができるだろう。しかし、近年の国際的なスポーツ試合における偏狭なナショナリズム的傾向は、強い違和感を感じる。メディアがそれをあおり、日本人が勝つことが目的であるような報道がほとんどである。しかし、スポーツが夢を与えるものだということで、オリンピックを支持するなら、夢のある競技、演技をこそたくさん紹介すべきであって、そうした外国人のすばらしいプレイを紹介せず... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/25 21:43
オランダ、バルカネンデ内閣が分裂
 オランダの内閣が分裂し、有力与党の労働党が政権離脱した。キリスト教政党の首相バルカネンデは総辞職するようだが、たぶん総選挙を実施するだろう。  バルカネンデ首相にとっては、自分が実施する三度目の総選挙になるはずだ。長く続いた労働党政権から政権を奪取した2002年も、戦争がらみであった。ユウゴ紛争の中でオランダ軍の不祥事を隠蔽したとして、コック内閣が倒れ、しかも外国人排斥派のフォルタインの暗殺という大事件も重なった総選挙だった。同情票もあって新党ながら大きな議席をとったフォルタイン党(党首は当... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/21 18:33
本当に無言のSOSだったのか
 16日の朝日新聞(インターネット版)に、「無言のSOS、専門家に届かず 江戸川区の7歳虐待死」という記事が出ている。継父に虐待されて死亡した小学生のSOSに気づかなかったのかということを訴えた記事だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/16 10:37
自転車運転も交通上の責任を
 今日の産経新聞(インターネット版)に、「自転車で加害者に−−各種保険の特約で安心」という、保険会社の宣伝みたいな記事が掲載されていたが、それはさておき、書かれていることは重要なことだし、普段感じていることだ。  自転車に乗らなくなってずいぶんたつが、自転車だけに乗っていたときにはわからなかった危険性が、車に乗るようになって、すごく切実に感じられるようになった。そういう経験は多くの人がしているに違いない。とにかく、自転車は交通ルールを守る必要がないと思っているとしか思えない子どもが少なくない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/13 23:00
トヨタ問題を考える
 経済や技術の専門家でもないが、トヨタ問題はいろいろと考えざるをえない。トヨタの問題もあるだろうし、また、トヨタにない責任をなすりつけている側面も少なくないように思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/08 09:06
ドイツで「我が闘争」再出版か
 オランダの新聞の情報であるが、ドイツでヒトラーの「我が闘争」を出版する計画があるという。2015年に著作権が切れる(ドイツでは著作権の継続を著作者の死後70年としているようだ。)ことを見越してのことだ。もっとも、おそらくこれは、2015年に切れるから出版しようということではなく、著作権が切れれば、グーテンベルク計画などによって、インターネット上にアップロードされるだろうから、それへの事前対応として、批判的に検討するためということのようだ。ドイツのユダヤ人組織は、2008年に「我が闘争」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/05 21:58
自民党がまた一族候補?
 2月5日の朝日新聞(インターネット版)に、故中川昭一の後継者として、妻に出馬を要請しているという記事が掲載されている。死の直後からそういう話は出ていたが、それが決まらなかったということは、さまざまな意見があったということだろう。しかし、この決定を見ると、自民党執行部は党を再生する意思がないのかと思ってしまう。自民党は全く支持していないので、別に再生してもらわなくてもいいが、それにしても、政党が健全に機能することは、その国の民主主義的政治にとって重要なことだから、こまったことだと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/05 08:28
教職は平等な切磋琢磨こそ必要だ(産経新聞の社説について)
 1月12日の産経新聞は、また例によって教育に関する現場破壊的な論説を掲載している。「教員の資質を競争と評価で鍛え上げよ」という題だが、このような主張こそ、教員の資質を低下させるし、また、優秀な教員が集まりにくい環境を作っていることを、明らかにしでおく必要があるだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/12 07:29
埼玉女子短期大学事件について
 先日「全国国公私立大学の事件情報」というサイトを見ていたら、埼玉女子短期大学での不当解雇訴訟というのがあることを知った。前から出ていたと思うが、あまりこのサイトを頻繁に見ているわけではないので、今回初めて気づいた。今時こういう大学があるのか、こういう処分があるのかと暗澹たる気持ちになるが、実は意外にこうした大学が、特に私立大学では多いのかも知れない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/31 20:16
NHK内閣支持率調査への疑問
 鳩山内閣の支持率低下が話題になっている。そのこと自体は私には感心があまりないのだが、その調査に疑問をもっている。NHKの調査に関してだが。もっとも、どのような調査なのか、厳密には分からない。というのは、放送された部分しか知りようがないからである。  こうした調査が非常に作為的で、かつ誘導的であることは、様々な研究によって指摘されてきたが、NHKの調査も非常に誘導的であるように思われる。言葉を変えれば、立場性を感じるのである。  もちろん、多くの人は、そのようなことは感じないに違いない。なぜ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/22 20:21
鳩山献金問題に関して
 鳩山首相の政治献金問題が大問題になっている。私はこうしたことには全くの素人だが、素人なりに考えて、どうも理解できないところがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/12/01 22:12
英語ノート予算の仕分け
 文部科学省関連の事業仕分けもいろいろと話題になっているが、昨日のNHKのニュース番組の中で、英語ノートの支出が認められず、現場では困っているということが報道されていた。  現場では何をしていいかわからないので、統一的な教材がほしく、英語ノートはとても助かっていた、これがなくなると何をするのかが、学校によってばらばらになり、平等が損なわれてしまう、という現場の声がさかんに流されていた。  しかし、気持ちはわかるが、現場の声は情けない感じが否めない。教材などはいくらでも探せばあるし、インターネ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/11/28 14:07
高速道路無料化したらどうなるかの一例
 最近は高速道路の無料化論議があまり見かけなくなったが、どうなったのだろう。フェリーや鉄道などの他の公共交通機関からの反対が報道されているが。地球環境の観点からすると、当然公共交通機関の方が個別輸送機関である車よりも燃料効率がいいはずであるから、高速道路だけを優遇して、公共交通機関を不利な立場におくことは極めて問題であろう。  ただ、今回は全く別のことを書いてみようかと思う。  それは高速道路を無料にすると渋滞が起きるかという問題だ。    私の近所に有料道路があった。非常に短い道路で料... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/16 13:39
グーグルの書籍電子化大いに賛成
 11月14日の産経新聞(電子版)にグーグルの書籍電子化で対象を英語圏の出版物に限定するという修正をするという記事がでている。グーグルの書籍電子化については、ずっと論議になっているが、私はグーグルに頑張ってもらいたいと思っている。そして、著作権があまりに強く規制的になることは、学問や文化の発展にとってマイナスだと思う。確かに著作者の権利を守ることは必要であるが、ひとつには、著作者の死後50年も著作権が相続されて、通常遺族に収入をもたらし、著作権料を支払う必要があるということには疑問だ。配偶者に対... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/14 22:58
光母子殺害「被告」実名本の仮処分申請却下に関連して
 犯罪の報道は国によって違いがある。ヨーロッパでもイギリスなどはかなりセンセーショナルで、日本と似た面があるように感じる。しかし、大陸系の国では犯罪報道は大きな事件以外は慎ましやかで、特に北欧諸国はあまり実名なども出せない傾向がある。  私自身は、事件の内容について知りたいとは思うが、実名を知りたいとは思わない。実名を知ったからといって、何かそのことによって事件の本質がわかるというものではない。むしろ、実名を知ったことによる当人の周辺が迷惑を受けることが多いのではないだろうか。  新潮社など... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/09 22:21
八ツ場ダム予定地を見てきた
 論文を書いていたので、すっかり放置してしまった。やっと終わったので、またできるだけコンスタントに書いていこうと思う。  論文を終えて、前から行ってみたいと思っていた八ツ場ダム建設予定地に行ってきた。もちろん、工事現場そのものは見ることができないので、全貌は分からないが、工事といっても、ダム本体の工事は全くしていないのと、ダムができるとどこがどう沈んでいくのか、という説明の図などはあるので、議論になっていることの一部は分かったと思う。  平日だったが、人はけっこういた。非常に景色のいいところ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/29 23:17
全国学力テスト抽出化、「自己負担の形態」
 一昨日、全国学力テストの抽出調査化について書き、そのときに、自治体レベルでは任意参加にするのがよい、と書いたところ、昨日の新聞に「希望参加」を文部科学省は考えているという記事が出ていて、びっくりした。人間誰でも同じようなことを考えるものだ。  ただ、方式が若干違うので、少し考えてみた。  私が書いたのは、参加したい自治体、あるいは学校が費用を負担するという案だった。しかし、読売新聞の報じるところによると、「抽出調査とすることにより、これまで58億円かかっていた実施費用のうち採点者の事前研修... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/15 09:02
全国学力テストは抽出調査に
 民主党が全国学力テストの抽出調査化を表明しているが、大賛成である。やはり学力状況を把握することは、教育行政上重要だから、調査はする必要があるだろう。しかし、悉皆調査は、学力把握には無駄であるし、また別の政治的意図がつきまとう。60億もかかる費用も無駄だ。  学力テストをめぐる公表問題におけるメディアの報道について、気になったことがある。それは、1960年代の学力テストに対する批判は、競争激化させるからだというものだった、という報道がなされているが、それは競争が激化し、不正な取り組みが表沙汰に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/13 23:09
岡田外相の「日中韓共同歴史教科書」構想
 10月7日の産経新聞(インターネット版)に、岡田外相の日本外国特派員協会での講演が紹介されており、産経新聞としては、珍しくクールな紹介になっているし、内容も興味深かった。  要点は、歴史教育については、将来的には日中韓の協働政策の教科書を作成するのが理想ということだ。そして、教科書検定制度に疑問を投げかけたという。  疑問の内容については紹介されていないが、かつての家永教科書訴訟の時代から、教科書をめぐる問題状況は大きく変化している。家永教科書訴訟の継続版もあるが、他方、新しい歴史教科書を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/12 22:46
オバマがノーベル平和賞だが、
 オバマアメリカ大統領にノーベル平和賞が授与されるそうだ。かなり驚いた。なぜなら、まだ就任してから一年も経っていない大統領ではないか。受賞理由は、「オバマ大統領の核兵器のない世界に向けた仕事やビジョンが、軍縮などの交渉を力強く促進させたことを挙げた。  また、オバマ外交が国連や国際機関が果たす役割を強調した点や、国際的な紛争に対して対話や交渉をより重視した点などを指摘。世界が直面する気候変動に対し、米国が建設的な役割を果たせるようになったことも、理由の一つに挙げた。」(朝日2009.10.9... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/09 19:04
おくればせながら、リオでよかった
 ちょっと時期を外してしまったが、オリンピック招致は、リオに決まったよかった。それから、最下位でなくて、鳩山首相はほっとしているだろう。たぶん、アメリカでオバマが行く予定だと知って、あわてて行くことにしたのではないか。日本だけ、最高首脳が行かないということにでもなれば、相当非難されたはずだから。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/06 22:09
品格がないのは内館氏の方
 普段は相撲ファンとは言い難いが、朝青龍と白鵬の優勝決定戦は、実に素晴らしかった。双方死力をつくしての一番に、見ていた人は誰でも相撲の醍醐味を感じただろう。  しかし、またまた例によって、朝青龍のガッツポーズに対して、横綱審議委員の内館牧子委員が、非難をしたようだ。産経新聞によると ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/29 22:19
教員免許更新制度に関する、産経新聞社説のでたらめさ
 産経新聞がまた教員免許更新制の廃止提案に異議を唱える記事を掲載し、更に社説でも主張している。しかし、その主張は全く矛盾に満ちたもので、信じ難いような低レベルなものである。インターネット上では、産経の記事に影響された議論が多いようなので、繰り返しになってしまうが、再度書かせてもらう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/15 22:38
教員免許更新制度は、早急に廃止すべき
 9月13日の各紙は、民主党政権は教員免許更新制を廃止する方向であると報じている。それに対して、産経新聞は次のような記事を載せている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 3

2009/09/13 10:54
高速道路無料化問題を考える−オランダを参考に
 民主党の政権となり、いろいろと政策に関する話題が活発にメディアでも議論されているが、その一つとして「高速道路の無料化」がある。前に一度書いたが、私が少々勉強しているオランダの事情を踏まえながら、再度問題を整理してみたい。  欧米では多くの高速道路が無料であることは、段々知られるようになってきた。しかし、すべての国で無料なわけでもないし、また、原則無料な国でも有料の部分がたいていはある。  ところで、問題となっているのは、高速道路であるが、高速道路だけ考えてもおかしなことになるし、また、どの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/08 19:39
できることをやらない消極姿勢−文部科学省はそれで指導できるのか
 9月7日の朝日新聞(インターネット版)に掲載された文部科学省がインフル対策冊子を作成するが、配布は来年度以降という記事を読んで驚いた人は少なくないだろう。青池学名の署名記事で、整理すると以下のような内容である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/07 23:00
「我が闘争」漫画版が売れているというが
 9月6日朝日新聞(インターネット版)に、「我が闘争」の漫画版の記事があった。漫画文化は「世界に誇る」日本文化のひとつだが、歴史はもちろん、難しい経済も漫画にしてしまう。「資本論」の漫画もあるようだ。その資本論漫画を出しているイースト・プレスという出版社から、古典作品を漫画化する「まんがで読破」シリーズの一つとして、ヒトラーの「我が闘争」が昨年出版され、予想以上の売れ行きを示しているということだ。別に買う気もないので、ここでコメントする資格があるかどうかは若干疑問があるが、本物の「我が闘争」は読... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/06 23:03
「国民大審判」は「東京オリンピック反対」のようだが。
 再び荒川強啓ネタになってしまうが、9月4日の番組で、「国民大審判」という時間帯で、「改めて聞く2016年、夏のオリンピック。東京に来てほしい?」という意見聴取をしていた。毎週金曜日、賛成か反対を電話やホームページから意見をあげて、その数字で、「国民の意思を決定する」というものである。  車でラジオをつけたら、ちょうどやっていた。時間は非常に短いのだが、意見集約の間に、番組では、スポーツ評論家の永谷脩氏がコメンテーターとして、IOCの各都市の評価に関する意見を述べていた。もちろん、どうやって、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/06 10:09
「二大政党」「国民政党」は民主主義的か
 総選挙が終わり、政権交代することになった。政権交代は、民主主義にとって大きな意味をもつから、けっこうなことだと思うが、前回及び今回、得票率に対する議席獲得率という点で、やはり、問題を感じないわけにはいかない。今回民主党の得票率は、47.4%、自民党は、38.7%。それに対して、議席獲得率は、民主党73.7%、自民党21.3%だった。前回の小泉選挙では、この傾向が逆だったわけだ。特に、前回は、郵政民営化が明確な争点であったわけだが、民営化賛成派議員の得票率より、反対派議員の得票率の方が多かったに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/31 23:07
オリンピック招致は国民の総意か?
 8月31日の朝日新聞(インターネット版)に以下のような記事が出ていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/31 21:33
デイ・キャッチの「学校以外の勉強禁止」なる番組について
 車に乗るときには、大抵TBSラジオをつけているが、今日(8月27日)「荒川強啓デイ・キャッチ」を聞いていたら、デイキャッチャー・マニフェストというので、山田五郎なる人物が、「学校以外の勉強は一切禁止せよ」というので、リスナーの声を交えながらの議論をしていた。残念ながら、つけたらやっていたので、最初の問題提起を聞くことができなかったのだが、どうやら、塾禁止ということらしく、リスナーは、学校の先生がちゃんと教えてくれないから、塾は必要だというような意見を述べていた。そして、まとめの段階で、山田五郎... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/27 23:04
酒井法子裁判こそ、裁判員裁判が妥当では
 裁判員裁判が開始され、大きな反響を呼んでいる。私自身は、単に厳罰主義に迎合する感じのする、この制度にはいまいち共感できないものがあるし、市民感覚が判決に反映されることが、それほど重要なことのようには、必ずしも思えないのだが、しかし、もし、市民感情が裁判に反映されるべきであるとしたら、むしろ、酒井法子裁判こそ、ぜひ、裁判員裁判で裁いて欲しいと思う。  もちろん、まだ起訴もされていない事件に、このようなことを書くのは、妥当ではない面もあるが、この事例が、警察によって発表されていることが事実である... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/11 22:21
酒井事件は「実力」軽視の芸能界の表れ
 酒井法子のニュースは、夏休みということもあって、けっこう密に追いかけていたが、別段ブログに書くつもりもなかった。しかし、ダルビッシュが酒井を批判する文章を自分のブログに書いて、すぐに消したという報道をみて、面白いと思った。ダルビッシュはファンを大切にしろ、と言いたかったらしいが、私が面白いと思ったのは違うことだ。  芸能界では、こうした麻薬問題はけっこう頻繁に事件として起き、その都度、麻薬汚染が指摘される。しかし、スポーツの世界では、他の問題は起きても、麻薬問題は、私の知る限り滅多におきない... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/08/10 22:21
成年年齢の引き下げに賛成する
 各新聞で大きく報じられたが、法制審議会の「民放成年年齢部」が7月29日に最終報告書をまとめた。9月の総会にかけられて、決定されれば正式な答申となるという。報じられたように、成年年齢を現行の20歳から18歳に引き下げるというものである。報告書をまとめるに際して、さまざま分野から意見聴取をしたが、その中には、大学生や高校生も含まれている。審議のきっかけは、国民投票の資格を18歳としたことから、選挙権を18歳にそろえる必要があるのではないか、という問題意識だったようだ。しかし、民法上のさまざまな領域... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/06 21:59
基礎科学力向上提言は、リアリティがあるか
 新聞にはあまり報じられていないようだが、8月4日付けで、「基礎科学力強化に向けた提言」なるものが、文部科学省の諮問する委員会の「基礎科学力強化委員会」なるところから出されている。  私は文系人間なので、ここで主に対象となっている理系の大学院については、詳細を語ることはできないが、初等中等教育についても触れているので、その点については、コメントしたいと考えた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/05 22:50
免許更新講習の混乱は予想されたもの
 以前朝日新聞が報道し、また今日の産経新聞にも、教員の免許更新講習の定員割れ問題が報じられている。これは、現場では非常に深刻な問題となっている。もちろん、講習を突然受けさせられるようになった教師たちが、最も迷惑を受けいてるだろうが、それをする立場の大学も、大いに迷惑をしている制度なのである。文部科学省が、大学にやってくれと強く要望したために、大学側はかなりのエネルギーを割いて、講習を行うべく努力してきたが、むしろ、教師たちがまだ重たい足をあげていないという状況のためもあって、ほとんどの大学が定員... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/04 12:43
高速道路の無料化は?
 民主党の高速道路無料化というのは、どうなのだろう。どうも判断がつかない。無料化の理由は、あまり使われていない地方の高速道路を無料にして、多く使われるようにし、そのことを通して、輸送効率を高め、経済の活性化につなげるという発想らしい。  ヨーロッパでかなりの国々の高速道路を運転したが、たしかに大方は無料であり、非常に利用しやすい。ラテン系の国では有料の高速道路が多く、また、無料のところでも、長いトンネルとか、海にかけられた大橋などくらいが有料だった。無料だから料金所などもなく、また、インターチ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/30 22:53
メディア芸術総合センターについて
 「国立マンガ喫茶」と民主党に揶揄された「メディア芸術総合センター」の問題を少し考えてみた。マンガ好きの麻生首相になって急に注目され、補正予算の中に入ったわけだが、里中満智子のブログによると、以前から要望を出してきたという。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/26 22:25
いよいよ選挙だが、本当に問われることは
 ついに解散された。といっても、マスコミが待ちかねたように、待っていたわけではない。私は任期一杯議員は務めればいいと思っているから、この解散騒ぎは、多くがマスコミ的利害によって起こされていたと考えている。そもそも民意といっても、総選挙は極めて大雑把な国民の意思表示なのであって、本当に民意を政治に反映させるなら、国民投票をできるだけ行うのがよい。その方が直接的に民意を反映することができる。選挙になれば、メディアは報道の方向性が定まり、大いにユーザーに利用される機会が増えるからである。  麻生首相... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/21 22:26
民主党マニフェストの教育部分 公立高校の授業無料化と私学助成の廃止?
 民主党のマニフェストが出たというので、見てみた。公立高校の授業料を無料にするとある。しかし、各紙が報道していたところによると、日曜日のテレビ番組で、岡田幹事長が、政権をとったら、私学助成を廃止すると発言したという。それが本当であるなら、私学助成の廃止と公立高校の授業料無料化とを実施するのだろうか。これはかなり驚くべき内容である。岡田発言は、個人的見解であるというなら、党としての矛盾はないだろうが、幹事長の発言だから、無視することはできない。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/09 22:31
事件報道は、追随者を生んでいないか
 何か事件が起きると、テレビで詳しく報道される。いつも気になることだが、例えば殺人の場合の殺人の手口、極めて悪質な場合の動機など、繰り返し紹介される。  民放のワイドショーが最も露骨だが、最近はNHKのニュース番組などでも、そうした要素が見られるようになった。今日のニュースでは、パチンコ店を放火し、多くの死傷者を出した事件について、犯人がその道の専門資格をもった者で、***すると火が瞬間的に燃え広がり、被害が大きくなることを理解しての犯行だった、というようなことを述べていた。NHKだから、大げ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/07 23:14
NHKオンデマンドの失敗は当然
 5日の産経ニュースによると、HNKのオンデマンドが苦戦しているという。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/05 17:22
ガラスの自尊心
 インターネットで非難されているNHKの「ジャパンデビュー アジアの一等国」の第一回台湾編を見た。丁寧にメモも取ってみた。コメントで紹介してもらった擁護のページもみた。擁護のページは、批判側の番組のいいかぜんさを詳細に批判したものである。  NHKの番組は、見てすぐに、小熊英二氏の研究を基礎にしていると感じて、念のために小熊氏の著書『日本人の境界 沖縄・アイヌ・台湾・挑戦 植民地支配から復帰運動まで』(新曜社)をチェックしてみた。少なくとも台湾部分については、NHKの番組は小熊氏の研究をオブラ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/06/30 17:50
医療過誤は起訴ではなく、正確な検証を
 産経新聞6月29日(インターネット版)に、医療過誤で医師2人を書類送検という記事がでている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/29 22:25
臓器移植法案について(3)
 昨日、もう一点残っていると書いたので、その点について。  脳死判定による臓器移植について、疑問をもっている人たちの多くは、脳死判定に対する信頼感の問題があると思われる。特に日本では、最初の心臓移植であった和田事件の記憶がまだ残っているから、脳死判定自体に疑問をもっても仕方のない面がある。今では、水死という、いわゆる脳死状態にはほとんどなりそうにない状況で、脳死判定を行って移植、というようなことはないだろうし、実際に脳死判定に持ち込まれる場合は、脳死状態の可能性の高い場合なのだろう。しかし、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/22 23:46
「人の死」についての合意水準
 臓器移植法案はいくつかの論点をもっていると思うが、少なからぬ人が、「人の死」を「脳死」とすることについて、「国民的合意がない」と述べたり、書いたりしている。前回のブログで共産党の党議拘束棄権について疑問を呈したところ、共産党の見解が載っているページを紹介され、早速見てみた。そこにも、その点について書かれていた。  しかし、それは本当だろうか。むしろ、「脳死が人の死である」ことは、およそ近代人の常識に属することなのではないかと、私は思う。  そもそも、人の誕生や死は、ある瞬間的なことではない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/21 21:10
制度と個人の選択 臓器移植改正法案
 臓器移植法案のA案が衆議院で可決された。  よかったと思う。しかし、まだ前途多難なようだ。テレビのニュースを見ていると、脳死による臓器移植に反対する団体の女性が、国会議員はちゃんと考えたのだろうか、などと疑問を呈していたが、実に失礼な話だと思う。自分と意見が異なる人は、十分考えていないと理解しているのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/19 22:22
世襲議員問題(1)
 自民党の世襲制限に関する議論は、自民党の世襲議員の横行がいかに自民党を弱体化させたか、ということを如実に示したのが、皮肉といえるだろう。結局、自民党をぶっ壊すと豪語した小泉元首相が、最も自民党的な慣行である世襲制に依拠して、息子に地位を継がせることを強行し、自民党もそれを認めた。小泉という人物がいかに噴飯ものであるかを示してもいる。(西川社長続投問題にしても、結局小泉の負の部分が炙りだされるのが恐いのだ、という新聞の指摘があったが、そうなのだろう。郵政民営化といっても、小泉にとっては、利権とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/10 22:26
個人もアルコール検知器が必要なのか
 6月2日の朝日新聞に、飲酒検知で検挙された教師の処分を、教育委員会が決められないでいるという記事が出ている。中心部分は以下のような記事だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/02 23:14
中国が日本の水資源を購入?
 5月12日の産経新聞に「中国資本が日本の水源地を買収 危機感強める林野庁、調査開始」と題する記事が載っていた。水不足に直面している中国資本が、水の豊かな日本に目をつけ、水資源を求めて、森林を買おうしているが、日本では法整備が遅れているので、対応が難しいという記事だ。実際には売られている例はないとしているが、本当のところはわからないと思う。  中国という国家をみれば、砂漠が広がっており、あれだけ豊かな水資源がありながら、水不足に陥っているということで、資源のきちんとした管理ができない国であるこ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/15 22:39
「除斥期間」再論
 26年後に殺人が発覚したことによる損害賠償の請求権があるかとどうかが争われた事件での書き込みについて、間違いを指摘され、その後いろいろと考えてみたので、再度書いてみる。またまた、間違いがあるかも知れないが、そのときはご寛恕願いたい。なお、最高裁のホームページから、判決文を入手した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/05/06 18:31
除斥期間という概念は必要なのか
 時効が成立した殺人事件に関して、民法の「除斥期間」を過ぎても賠償を認める最高裁判決が出た。「逃げ得」を許さない正義の判決として、各新聞は好意的に報道している。  私は法律については素人であるが、この判決の「論理」にはどうも納得できない。素人が、最高裁の判決に異論があるというのも変だが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/29 20:47
森田健作を告発
 森田健作が、自民支部長であるのに、無所属として立候補したことについて、ついに告発状が、千葉地検に出されたと、産経新聞が報じている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/15 21:35
犯罪者に社会奉仕させること
 4月10日の朝日新聞に、加藤直英という人の「介護活動を『刑罰』にするな」という文章が掲載されていた。加藤氏は東京都介護福祉会副会長であり、法制審議会が、「被収容人員適正化部会」で、犯罪者を刑務所にいれずに「社会奉仕命令」の制度を検討しており、その中に、「福祉施設での介護活動」を考えていることに対する異論を唱えているわけである。  論点はふたつあるだろう。  第一に、社会奉仕活動をもって、刑罰の代わりとすることについての是非。  第二に、その社会奉仕活動の中に、福祉施設での介護活動を加える... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/12 20:43
レジ袋無料配布廃止再論
 MONEYzineニュースの4月10版に、マイバッグが進まない状況を紹介している。http://moneyzine.jp/article/detail/143295 にある記事だ。  一読して驚いたのは、私が一年前にこのブログに書いた文章と、ほぼ内容が同じだからだ。ただ、私は予測で書いた文章なので、この記事が真似たとかいう意味では全くない。この記事は紹介記事なので、私の書いた内容が事実として進行しているということが、驚きの内容だ。  この記事のポイントは 1 レジ袋を辞退する割合は18%... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/11 11:27
千葉県知事選、森田健作の虚偽事項の公表
 千葉県知事選が行われ、森田健作が当選したが、読売新聞の報道によると、「完全無所属」をアピールしていたが、実は自民党の支部長であったし、今でもそうだという。  以下がその記事である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/30 20:40
「ストリーム」終了で考える
 TBSラジオの「ストリーム」が終了するようだ。TBS側の正式発表では、ごく簡単に視聴率の低さが原因であるとか。しかし、ほとんどラジオなど聴かない私が、ときどき聴くのだから、そんなに低いのかと疑問に思う。そもそも、テレビと違って、ラジオを家にいながら聴くというよりは、むしろ出先で聴くことが多いのではないだろうか。最近は車でテレビを見る人もいるが、危ないし奨励されるものではないだろう。しかし、ラジオはかなり多くが車で聴かれているし、また、それを前提とした放送内容も多い。しかし、視聴率調査が車のラジ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/25 19:15
高速道路上限1000円問題
 高速道路の料金が土日祝日に限り、かつ普通車以下の車、そして、首都圏や大阪圏を除く部分で最高1000円となるそうだ。しかし、このやり方には大きな疑問を感じる。そもそも高速道路って民営化されたのではなかったのか、それなのに、国策でこうしたことが決まるということもあるが、それはさておき、この政策の土台にある考え方が変だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/03 22:32
世襲仲良しクラブにできないこと
 誰でも感じていることだとは思うが、改めて感じたことは、自民党は「世襲仲良しクラブ」だということだ。まるで高校の生徒会みたいな感じがする。  自民党組織は、江戸時代の大名組織のようなものだとずっと思っていた。大名組織というのは、まずは血筋・血統の正しいお坊ちゃん大名がいて、能力は2の次だ。それを支える江戸家老と国家老がいる。普段は江戸で活動しているが、国の活動は国家老に任せてはいるが、時々帰って存在を示す。  おそらく戦後直後から高度成長期・石油ショックくらいまでは戦国時代そして戦国の気風が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/18 10:52
小泉の狙いは「今度こそ本物の選挙管理内閣」の創出か?
 小泉元首相がえらく張り切っている。端的にいって、本当の選挙管理内閣の創出が目的だろう。麻生はそもそも選挙管理内閣だったはずが、そのタイミングを失したか、あるいは最初からやる気がなかったかわからないが、どんなに選挙をやりたくなくても今夏にはやらざるをえない。誰がやっても、前のような自民の勝利はないが、その傷をできるだけ小さくするためには、別の内閣にして、少しでも支持率を高くした状態での選挙をせざるをえない。そういう腹での画策だろう。麻生を思い切って下ろした方がいいというシグナルだと考える。そうい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/14 12:17
ワークシェアリングの条件
 経団連や連合がワークシェアリングを前向きに考えているということが、この間話題になっている。しかし、オランダやドイツで行われたことが、日本で実現できるかというと、そんなに単純ではない。特に、かなり大規模にワークシェアリングが行われ、経済の回復に実効性があったとされるオランダの就業形態や社会保険のあり方が異なるので、結局のところ、労働者の不利な状況が繰り返される危惧が強いと考えられる。また、メディアの報道をみても、あまり切り込んでいないように思われる。    まず単純に考えても、欧米はある職務... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/23 15:50
アフガンはベトナムになる可能性はないのか
 オバマへの期待一色に世界が染まっている感じだ。  もちろん、ブッシュがあまりに酷かったから、オバマへの期待は当然であるし、また、よい方向に変わることを期待するのも当然だろう。しかし、オバマの登場が直ちに世界をよい方向に転換することになるかは、まだまだ未知数というべきだし、テレビで放映されたアメリカ人たちが、口々に、「歴史の転換点にいられることをうれしく思う」などと語るのを見ていると、不快感を抱かざるをえない。ブッシュが酷いといっても、それを選んだのもアメリカ人であり、この8年間アメリカが世界... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/22 17:27
ウィニー裁判
 ウィニー開発者の控訴審が始まったという報道が各紙でなされている。そして、被告の金子氏が、再び無罪を主張しているとされている。  被告の主張が完全に正しいと私は思う。この裁判自体が間違ったものであり、起こしてはならないものだったのである。検察側の主張はまったく矛盾するものだ。  読売新聞の報道では、金子氏が、車の開発を例にして主張していると紹介されている。速度違反ができる車を開発したら、開発者が速度違反の幇助者になるのか、と批判である。確かにそうだ。販売されている車は、制限速度より、何十キロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/19 15:37
学力テスト公表問題
 全国学力テストの公表問題が更に議論を呼んでいるようだ。文部科学省は専門家会議なるもので、市町村別あるいは学校別の成績を公表しないように、都道府県教委に求める見解をまとめた一方、鳥取県議会は、開示を認める決定をしたと報道されている。  このような混乱は、もともと文部科学省の全国学力テストの実施方法そのものに問題がある。実施を決めた当時の文部科学大臣の中山氏が、日教組の強い県は学力が低いということを実証するために、全国学力テストを導入したのだ、などと述べたことも、その一端を表しているかも知れない... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/12/16 17:02
大人の無保険はいいのか
 朝日新聞は、国民健康保険の保険料を滞納して、無保険になっている状態の中学生以下を救済するために、そうした子どもに保険証を発行する法案が衆議院の厚生労働委員会で可決したと報じている。(12月10日)これは、これは3日の新聞で、「厚労省は、子どもだけに保険証を発行するのは「世帯単位の原則が崩れ、法律違反の疑いがある」(国民健康保険課)と指摘している。」と書かれた内容を、修正するものだ。ずいぶんと早い対応だと思う。もちろん、これはいいことであるが、しかし、「原則」が忘れられていないか。そもそも、日本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/11 16:36
NHKのVOD
 NHKのVODが12月1日より開始されたというので、早速見に行った。しかし、やはりというか、全くがっかりさせられるような代物だった。NHKは視聴者の視聴料で成り立っている組織体であり、公共的な性質をもっているのだから、こういうやり方はおかしいのではなかろうか。  このVODシステムでは、1週間分の人気番組を見たいだけ見られる「見放題」1400円強のコースと、過去の番組は個別に支払うコースとがある。見放題といっても、そんなにたくさんの番組が提供されるようでもなく、また、個別料金の過去の番組もま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/02 23:07
時間規制の侵入禁止への対応
 土曜日の日本テレビの昼間の番組で、通学時間帯の侵入禁止道路を通る車の問題を扱っていた。通学路になっている細い道は、例えば午前7時から8時程度まで通行禁止とする道路が少なくない。私の住んでいる地域でも、そうした道路が近くにある。子どもたちの安全を守る上で必要な措置であるということだろう。しかし、この手の番組は前にも他局でやっているのを見たことがあるが、要するに違反者が一向に減らず、困っているという状況であるが、このときの番組で違っていたのは、警察に局から取り締まりに関する取材申し込みをしたら、翌... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/17 20:43
田母神氏の頭脳レベル
 田母神論文が騒がれている。アパグループのホームページに掲載されているので、読んでみた。一読して、この作者の頭脳構造の異常さ、あるいははっきり言えばレベルの低さに驚いただけではなく、こうした論文を一等にする懸賞のレベルの低さにも驚嘆した。このアパグループは、数年前の建築の耐震偽装事件で問題を指摘された企業であるが、そうした倫理性の問題もあるのだろう。  新聞でこの論文についてはさかんに指摘されているし、また、肯定的に引用された秦郁彦氏が新聞紙上で、自分の著作のまったく歪曲した引用で迷惑である旨... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/12 08:28
中山発言の意図は?
 以下は、全て憶測、あるいは妄想の類と思ってもらって、かまいませんが。  中山発言を知ったとき、これは、解散先送りのための出来レースではないか、と思ったのだが、みなさんは、どうだろうか。解散風にあるが、自民党にとっては、何の利益もない解散で、与党の数が減ることはほとんど間違いない。だから、ずっと解散先送りしたわけで、できたら、任期満了まで持ち越すと望んでいる自民党議員はたくさんいるはずだ。しかし、世の中解散ムードになってきた。どうやって、回避するか。  それは自民党議員のなかに、今解散できな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/30 13:48
若ノ鵬、解雇は有効と思うが、最初からの再チャレンジはありではないか
 私は特別相撲が好きではないが、今回の大麻騒ぎは興味深く記事を追いかけている。ヨーロッパでは大麻の少量使用は違法ではないとしている国が増えているので、ずいぶん違う反応だなあと思っている。私自身は、まったくたばこも吸わないので、いままで間接喫煙が迷惑このうえないと思っていたし、昔は「愛煙家」なる言葉に実に不快感を感じていたが、最近は間接喫煙も問題視されるようになって、ずいぶんと暮らしやすくなった。  大麻がたばこより害が少ないことは、かなり確からしいので、ヨーロッパでは少量使用を認める場合が出て... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/12 22:17
大分県の教員不正合格者取り消し
 2008年8月30日の各紙で、大分県教員採用試験での「不正合格者21名」の採用取り消しが決定したと報道されている。本来は合格ラインに達していなかったのに点数のかさあげで不正に合格していた人たちなのだそうだ。逆に、そのために不正に落とされた人は、本人が希望すれば10月以降採用するということなので、本人に通知されているのだろう。  しかし、この報道はどうも理解できない部分がたくさんある。パソコンデータの復元ということでわかったということで、それはそれとして構わないのであるが、通常点数のかさあげな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/30 07:57
オリンピックの野球を考える
 オリンピックが終わった。実はあまり興味はないのだが、テレビはオリンピックばかりやっているので、それなりに見た。一応野球少年だったので、野球の推移は興味があったので、時間があったら多少は見てみた。いろいろなことが書かれているに違いないし、また、多くの人が考えていることと、そんなに違うことを考えているわけではない。しかし、いくつか書いてみたい。  端的にいって、負けるべくして負けたというのが妥当ではないだろうか。上位3チームに一勝もできなかったというのだから、勝てるはずはなかったと考えるべきで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/08/26 09:17
文部科学省は教職の魅力をなくしたいらしい
 2008年8月24日の朝日新聞に、「教員給与マイナス要求 文科省、特別手当75億円分」と題する記事が出た。記事によると、文部科学省は、教員給与にめりはりを付けるために、管理職の手当は引き上げ、教員の特別手当を3%から2.2%に引き下げるという方針だそうだ。引き下げるという「要求」を文部科学省がしているのだから、財務省としては、喜んで応じるだろう。  「またか」という感じだ。文部科学省は、おそらく日本の義務教育学校、あるいは初等中等学校を破壊しようとしているのだろうかと、思わざるをえない内容だ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/08/24 22:38
大分の教員採用・昇任不正について
 大分県の教員採用と昇進についての不正行為が、大きな話題になっている。この問題はふたつのレベルで考える必要があるだろう。  ひとつは、多くの人が感じているように、大分だけの事例だろうかということに関連する。既に他の県でも程度の差はあれ、問題があることが指摘されているようだが、それとても氷山の一角だろう。そもそも、調査方法に問題があり、試験担当部署の人に、「何か不正はなかったか」などと質問をしても、「不正がありました」などという回答があるわけないのだから、これまでに他県での例があるということが指... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2008/07/17 17:31
小学校の屋上天窓転落事故
 6月18日に東京杉並の小学校で、屋上の天窓に乗った児童が転落死する事故が起きた。この事故は、いくつかのことを考えさせる。  まずは、学校は安全でなければならないのに、子どもの立場にたって危険認識をする意識が、教職員に弱いことがあるという点である。これは私の子どもで感じたことがある。大人は、子どもがどのような行動をするか、正確に認識していなければならないし、学校にあるさまざまな「物」を、子どもがどのように扱うかについても、そして、その結果どのような危険が生じるかを認識していなければならない。し... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/06/22 14:24
オランダでも犯罪者の難民の子どもに在留資格
 6月4日に最高裁大法廷が、非常に珍しく「違憲」の判断を下し、親が結婚していることを、国籍取得の条件とした国籍法を違憲としたわけだが、問題は異なるが、似たような判断がオランダでも下された。10年間争われてきた争点だが、難民の子どもだが、親が祖国での犯罪者である場合、子どもの在留資格を与えるかという問題である。特に対象となっているのは、アフガンからの難民だったようで、いくら子どもとはいえ、子どもの在留資格を認めれば、当然親の在留を認めざるをえなくなるから、犯罪者に在留資格を与えることに対して、強い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/06/10 19:29
青山学院大学准教授のブログ
 産経新聞に青山学院大学の学長のお詫びというのが載るまで、うつかにもこの出来事を知らなかったのだが、ずいぶんと妙なお詫びなので、お詫び原文を早速見てみた。また、その原因となった准教授のブログというのも見たいと思ったが、最初にパスワードを求められので、こういうのはパスすることにして、どこかに引用がないか探すと、やはりあった。  そこに行くつくまでに、このブログと准教授を罵倒するブログが膨大にでていたので、本当にそこで批判されているような内容が書かれていたのか、怪訝に思っていた。つまり、赤ちゃんは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/04/27 21:38
国会の年金議論をきいて。国民総背番号
 今日車に乗りながらずっと、国会中継を聞いていた。予算委員会の集中審議とかで、主に年金問題をやっていた。そのなかで、非常に興味深い発言を舛添厚生労働大臣が言っていた。それは、いろいろと事務的なことをやっているとどうしてもほしいのが、「社会保険番号だ」という発言だ。いってみれば、国民総背番号のことだ。ところで、この国民総背番号の議論というのは、非常にゆがんでいる。反対する側は、だいたい民主主義を重んじる人たちで、だいたいはプライバシーの侵害だということで反対する。他方賛成するひとは、収入の把握と経... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/04/07 22:33
北海道での教員採用試験の不正
 4月7日の朝日新聞に北海道の教員採用試験で、事前に面接内容が漏れていたという記事が出ている。教員採用試験は、「コネが通用する」と昔から言われていたから、何をいまさら、という気がしないでもないが、しかし、このような事例が漏れてくるというのは、ある面良識のある人たちが、発言しやすくなったということなのだろう。問題を漏らすということは、もちろん、許されないことだから、誰が漏らしたのか突き止め、厳重に対処してもらいたいものだ。  そういう点はさておき、こうした問題が漏れたことも当然だが、問題の内容そ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/04/07 09:40
Fitna を見て
 Fitna というビデオをみた。ちょっと探したが、それほど苦労せずに探すことができた。こう書いてもわからない人が多いと思うが、オランダの右派政党が作成したビデオで、コーランを揶揄し、イスラム教を非難する内容である。EUとしてまずいことになると撤回を求めていて、本家のホームページでは撤回したようだが、それをアップするサイトがいくつもあるようだ。  イスラム教とキリスト教の間には、埋めなければならない溝があることは確かだし、イスラム側に改めるべき点があることも事実だろう。しかし、このようなビデオ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/02 10:39
NHKの「教師塾」報道について
 昨日(3月20日)のNHK夜9時のニュースの小特集で、各地に広まる「教師塾」を扱っていた。教師塾とは、教育委員会が行う事業で、大学の3年生から4年生にかけての小学校教師をめざす学生に、現場での実践的研修を行わせるものである。東京が始めて、今ではいくつかの県が行っている。  番組ではこの事業を「礼讃」一色で、どんどん広まって欲しいという立場で報道していたが、そうだろうか。この事業には大きな問題があることを無視した番組は、公正さを欠くとしかいいようがない。もちろん、これに応募する学生については、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/03/21 09:25
またまた少子化問題の矛盾した説明
 少子化問題は、メディアに登場する人々の見識がかなり問われる問題だろう。荒川強啓デイ・キャッチというラジオ番組を聞いていたら、町田と称する経済ジャーナリストという人が登場して、少子化問題がいかに重大問題で解決されねばならないかということを協調していた。しかし、本人は気づいていないようだが、まんたく矛盾したことを述べていた。  今日は成人式が行なわれたのだが、成人になった人の数が史上最低であったことから、少子化問題に移り、まず最近の傾向として、企業が人材集めに熱心に取り組んでいるという状況を話し... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/01/14 21:44
バス事故の過失は何か?
 最近すっかり話題が途絶えたが、少年サッカーチームがコーチの運転するバスで死亡した事件はさまざまなことを考えさせた。しかし、どうもメディアを含め、警察の対応も疑問が多い。あれこれ考えていて、何か続報があるのかと思っていたが、ないようなので書いてみる。  運転手が逮捕され、まだ釈放されていないようだが、たぶん起訴されるのだろう。後続のトラック運転手は釈放されたようだから、起訴されないに違いない。高速を走っていて、突然前に現れたものを避けるのは至難のことだから、罪に問うのは疑問だ。  ところで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/09 20:09
ウィキペディアを使うことが問題なのか?
 朝日新聞のインターネット版9月4日にウィキペディアに関する記事がでている。静岡新聞のコラムが、ウィキペディアを参照して書いたのに、著作権法に基づく処置(引用明記)をしなかったということで、不適切であったとお詫びをしたということだが、実は、新聞社幹部は、出典を明記しなかったことではなく、むしろ、ウィキペディアに依拠して文章を書いたことを問題にしているようで、今後そのようなことがないようにと、社内的に釘を指したという。こういうブログを読んでいる人なら、ウィキペディアを利用したことがあるだろうが、も... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/05 23:08
パル判決を考える
 安倍首相は、インドで東京裁判で判事をつとめたパル判事の遺族に今月下旬に会うのだそうだ。東京裁判の不当性を主張している人たちは、一様にパル判事を持ち上げるが、いつも疑問に思うのは、そうした人たちはパル判決を読んだことがあるのだろうかという点だ。幸い、パル判決は全文が翻訳されて、今でも出版されており、本棚に並んでいることも珍しくない売れ筋の本なのだろうから、売れているのだろう。しかし、非常に厚い本で、長編小説なみだから、読むのは大変だ。私もけっこう時間がかかった記憶がある。  もちろん、こんな厚... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2007/08/15 23:26
流山市の温暖化対策の問題
 流山市は、行政コストパフォーマンス(?)が最もよい市らしいが、二週間ほど前、全国ニュースで流山市の温暖化対策が紹介された。温室効果ガスを抑制するための市民の方策に対して補助金を出すというものだ。行政にコストをかけない流山市としては画期的なのだろうか、ニュースとなった。しかし、その内容は待ってほしいというというものだ。テレビで流れた報道なので、すべてを記憶していないが、代表例は、ソーラーシステムを導入すると5万円の補助金を出すというのが第一だった。  たしかにソーラーシステムは太陽という自然エ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/19 22:28
ソクラテスの死は「処刑」か「自殺」か
ソクラテスの死は「処刑」か「自殺」か  慰安婦に軍の関与は「狭義」にはなかったとか、沖縄の集団自殺は軍が強制したものではないとかいう議論があるが、こういう論理はやはり、「美しい」ものではあるまい。  ソクラテスの死について考えてみた。ソクラテスは周知のように、若者をかどわかしたとか、神を冒涜したというような「告発」を受けて裁判にかけられ、「死刑」判決を受けた。もちろん、正式な裁判の正規の判決だから、国家の意思決定であろう。  しかし、これもよく知られているように、ソクラテスは、絞首刑になっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/05 21:12
NHK受信料義務化に必要なこと
 NHK受信料問題が総務省とNHKとの間でずいぶんと揉めているようだ。  しかし、最も重要なことが忘れられていないだろうか。もちろん、いろいろなところで議論はされているのだろうが。  それは、そもそも視聴者から受信料を払って放送するということによって生じる社会的責務は何かということだ。受信料をとっている公共放送だからコマーシャルがないという程度の問題はないだろうし、また、単に視聴率で左右されるのではなく、国民の各層の要望を満たすべく番組制作をするというレベルの話だけでもないだろう。。  そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/02 09:22
刑務作業と社会復帰
 読売新聞2007.2.21号に、法務省が刑務所を出所した人たちへのアンケートを実施したことを紹介している。記事の一部を引用しておく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/21 22:48
放送法改正で「事実」の認定?
 2月21日の新聞によると、総務省がテレビの報道番組で事実を曲げた番組を流した場合には、「再発防止計画の提出」を求めることを可能にする改正を準備しているという。今までは任意だったものを強制にするのがポイントのようだ。強制の場合には処罰も可能になるから、重大な変更ということになるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/02/21 09:59
生む「存在」ならいいのか。少子化対策そのものが問題
柳沢大臣はどうやら居すわるらしい。発言そのものはまったく不適切なものであるし、辞任すべきだろうと思うが、しかし、この発言がけしからん、女性蔑視のものだから辞任すべきだ、そんな人に少子化対策の厚生労働大臣は任せられない、というような単純なものなのだろうか、かなり疑問である。 表現として不適切ではあるが、ある面では「少子化対策」の考え方をずばりと述べたに過ぎないとも言えるのである。少子化対策とは、女性が子どもをもっとたくさん生むべきだということ以外のことを指すだろうか。女性は子どもを生むこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/02/05 22:25
朝日社説について −−パトカー追跡時の事故の誤認事件に関して
 8月25日付けの朝日の社説は、「ひき逃げ無罪 自由を奪われた10カ月」と題して、パトカーに追跡された乗用車が逃げる途中バイクの男性を跳ねて逃走し、真犯人の虚偽の証言によって誤認逮捕された人の無罪が確定したことに対して、警察の捜査に対する疑問を呈するものだった。警察の捜査の不備を指摘していることは正しいし、否認すると保釈も認めないやり方への批判も正しいが、しかし、全体としてこの事件の最も重大な問題を指摘していないという点で、朝日のこの社説はピンぼけしていると言わざるえない。  何故警察が焦って... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/25 23:44
佐貫浩『教育基本法「改正」に抗して』を読む(1)
 法政大学教授の佐貫浩氏の新著『教育基本法「改正」に抗して』(花伝社)が出された。佐貫氏は今もっとも精力的に教育政策批判の執筆活動をしている一人といってよい。現在の教育政策はファシズムへの道の先兵的な役割を果たしており、佐貫氏の批判は大いに勇気づけられる。  しかし、多くの点で共感できるけれども一点において、私はずっと前から佐貫氏の議論に賛成できないところがある。それは「学校選択」をめぐる評価である。佐貫氏に限らず、多くの学校選択批判論者はひとつには単なる勉強不足、ひとつには余りに短絡的な評価... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/07/11 11:01
義務教育費国庫負担法の両論
 10月24日の毎日新聞に義務教育費国庫負担法問題について、岡山県知事の石井正弘氏と兵庫教育大学長・梶田叡一氏の賛否両論が掲載されていて興味深いものがある。私自身は、教師の給与を国家的な基準で保障している現行制度がベターだと思っているし、これまで地方の主張が理由も含めて掲載されることがあまりないので、興味深く読んだ。  しかし、やはり石井氏の主張には疑問をもつ。  まず、懸念されることは、一般財源にしたら、教師の給与を下げて他に使うのではないかということだ。それに対して、石井氏は「教育はどの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/24 17:12
「教師はテストを自作すべきである」について
「教師はテストを自作すべきである」について  昨日はテストは自作すべきという文章を書いたが、今日はその続きである。昨日の文章へのコメントで、確かにそうだが、それでは教師は過労死だという意見があった。確かにその通りだと思う。かなりくだらない仕事を上から押しつけられるという傾向がかなりある。  しかし、ここではテストの問題について。結論的に言えば、テストなどごくごく僅かな場合を除いて必要ないということである。特に小学校において、テストが必要な場面というのは、実はほとんどないのではないだろうか。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/09/28 21:17
教師はテストを自作すべきである
「主張は正当。だが、子供が置き去りにされてもいいのか。」について 「国語テスト、消える長文 著作権理由で訴訟も」と題する9月25日付けの朝日新聞の記事が論議になっているようだ。  著作権上、学校の教育活動に使用する場合や入試問題として使用する場合に、著作権の緩和規定がある。しかし、それを二次的に利用する問題集や、教科書にそったワークについては認められていない。それで、著作者たちの一部が訴訟を起こしていることを考慮して、長文がなくなったり、教科書に線をひかせないというような「異常事態」が起きてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/09/27 22:52

トップへ | みんなの「時事問題」ブログ

教育と社会を考える 時事問題のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる