テーマ:ニュース

弘中・高野弁護士への懲戒請求はおかしい

 ゴーン氏逃亡に関連して、弁護人を務めていた弘中弁護士と高野弁護士に対する懲戒請求が都民からだされたと報道されている。しかし、これはいくらなんでも、おかしな話だ。弁護士は、被告人の弁護を引き受ける人であって、被告人の監視をする人ではない。保釈条件が、弁護士からだされたから、それが守られなかったのは条件をだした弁護士の責任であり、懲戒に値…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「「つくる会」教科書騒動」について

「「つくる会」教科書騒動」について 確かに双方のやり方に違和感を感じます。「つくる会」への違和感の方が強いのは、藤岡信勝氏を若い頃から知っているために、信用できないという気持ちがあるからですが、ただ、教科書ひとつで子どもたちの思想が形成されるのではないし、いろいろ情報があるという点も事実だと思います。しかし、だからどうでもよいという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more