教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS オランダやベルギーの羊が病気に

<<   作成日時 : 2006/08/20 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 まだ日本のインターネット新聞等には出ていないようだが、オランダとベルギーにまたがるリンブルグという地域を中心に、羊がブルータングという病気に感染して、深刻な事態になっているようだ。既に感染羊が見つかっており、ワクチン等の手当てをしないと3割くらい死んでしまう恐れがあると心配されているようだ。
 ブルータングという病気は、蚊によって媒介されるウィルス性の病気で、これまではヨーロッパでは南欧でのみ見られたというが、蚊が北上してきたということだろう。温暖化の影響なのだろうか。
 日本でも過去発生しているようで、狂牛病のような人間への影響があるのかどうかはわからないが、とにかく、オランダやベルギーでは羊の輸出がストップしており、その被害は甚大になる恐れがあるということだ。オランダは130万頭の羊がいるということで、今後話題になるかと思われる。
http://www.volkskrant.nl/binnenland/article340782.ece/LTO_vreest_grote_schade_door_blauwtong

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オランダやベルギーの羊が病気に 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる