教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 小学校の屋上天窓転落事故

<<   作成日時 : 2008/06/22 14:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 6月18日に東京杉並の小学校で、屋上の天窓に乗った児童が転落死する事故が起きた。この事故は、いくつかのことを考えさせる。
 まずは、学校は安全でなければならないのに、子どもの立場にたって危険認識をする意識が、教職員に弱いことがあるという点である。これは私の子どもで感じたことがある。大人は、子どもがどのような行動をするか、正確に認識していなければならないし、学校にあるさまざまな「物」を、子どもがどのように扱うかについても、そして、その結果どのような危険が生じるかを認識していなければならない。しかし、この点に関して、非常に鈍いと感じることがあるのだ。
 屋上で授業を行い、そこに明らかに危険な天窓があれば、事故が起きる前に何らかの対処が必要であることは、当たり前のことだ。もし、この学校の教職員が、屋上で授業を行いながら、その危険に気づかなかったとしたら、お粗末過ぎる。
 新聞報道によれば、建築をした業者は、屋上には人が入らないという前提での設計をしたという。だから、天窓には柵を設けなかったそうだ。別の場所の天窓には、人が近づく可能性があるので柵をしていることが、そのことが事実であることを示している。
 とするならば、おそらく当初は、屋上で授業をするというようなことはなかったのだろう。しかし、日本の学校は、非常に早いサイクルで教職員が交替していく。その過程で、そうした約束、前提が引き継がれなかったのだろう。確かに新しく来た教職員が、確実にすべての場所の危険性を認識するのは難しいかも知れない。だから、引き継ぎが確実に行なわれる必要があるのだが、まさか、「屋上にはいかないことが前提で設計されている」というようなことは、引き継がれないのだろう。
 しかし、屋上でかなりの授業が行なわれてきたらしいから、その間に危険性が認識されてしかるべきだった。とくに事故がないから、問題がないというのでは、子どもを預かる態度ではない。
 さて、最後に、校長の責任だ。
 朝日新聞によると、(この種の報道には常に限界があり、本当にそう語ったのかは、最終的にはわからないことは、留保しておく。)「宮山延敬校長は「窓に上らないようになどの指導はしていなかったと聞いている」と言い、」(朝日2008.6.18)と書かれている。しかし、校長こそ、「指導」する立場ではないのか。校長自身が「指導がなかったから」ということを、もし言い訳にしているのなら、驚くべきことだ。
 これまで、文部科学省や教育委員会は、校長の権限を強化することに腐心し、一般教師の権限を、単なる校長の権限の委任事項のように扱うようにしてきた。職員会議などする必要がないかのように、指導してきたわけである。その際、常に強調されてきたことは、校長が学校運営の最高責任者であり、校長は、教職員に「職務命令」を出すのだ、と。
 もちろん、今回授業をやった担当教師にも、大いに責任がある。しかし、もし、校長が学校の運営責任者であるなら、この事故の責任はもちろん校長にあるのであって、通常、校長の許可なしに、「教室外の屋上」で授業をすることはできないはずであるから、校長が許可したことになる。もちろん、それは実際に許可行為があったかどうかではなく、形式的な意味である。(朝日の報道によれば、「屋上に出入りする扉は、普段は児童が入れないように鍵をかけている。鍵は校長や副校長らが管理していたが、教員が屋上を利用する際の許可は必要なかったという。」と書かれている。しかし、これもおかしな話だ。校長や教頭が鍵を管理しているなら、校長の許可なしに、屋上を使えないはずだが。)
 現在、警察は「業務上過失致死罪」の可能性を含めて、捜査しているそうだが、これは明らかに、業務上過失致死罪が該当する事例だろう。そして、当然校長にその責任があるというべきだろう。校長の責任や権限、教職員の権限等について、明らかに見直しが必要だろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
今回の事故は、日常的に授業で屋上を使用していたにもかかわらず、その危険性を予見できなかったこの学校の教職員に責任があると思います。新任の先生ならともかくベテランの先生で舗装もしていない、周囲に金網フェンスも取り付けていない、屋外機が剥き出しになったままの屋上が今まで勤務していた学校のそれとは明らかに違う危険な場所だと言うことは絶対わかるでしょう、いやわからなければ先生を辞めていただきたい。「管理職が私達に注意しないから、区教委が対策してくれないから」などと言うのも言い訳になると思います(でも管理職も区教委も責任がないとは言わないけど)落ち着きのない子供が多いクラスなら絶対に校庭でするべきです。想像力がなさすぎです。多分この先生の授業で今回の事故が起きなかったとしても、いつか別の先生の授業でこのような事故が起きていたでしょう。
無駄な吹き抜けのある校舎を作った当時の関係者も多いに反省しないとね。
らりほー
2008/10/05 02:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
小学校の屋上天窓転落事故 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる