教育と社会を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 学校のエコ事業補助返上

<<   作成日時 : 2009/02/23 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2月20日の読売新聞インターネット版に興味深い記事が掲載されている。「勉強優先『エコやめた』京都の中学校、環境省のモデル校返上」という記事だ。記事の内容は以下のようなものだ。

 「京都府八幡市は19日、市立男山第二中で進めていた二酸化炭素(CO2)削減に向けた環境省の「学校エコ改修事業」を中止すると発表した。
 市は新年度から生徒の学力向上を目的に同中などにエアコンを設置することにしたといい、「エアコンはCO2を排出するため、事業の目的に合わない」として国の補助金約2100万円を返還することにした。明田功市長は「温暖化防止から逃げたと言われてもいい。生徒には涼しい教室で、一生懸命勉強させたい」と話している。
 同中は2007年度、事業のモデル校に指定され、市は校舎2棟で、断熱や通風に配慮した改修を計画。総事業費6億円のうち4250万円で実施設計を策定した。
 しかし、07年の全国学力テストで市内の中学3年生は国語、数学とも全国平均を下回ったことから、市は、生徒が授業に集中できるようにと、09年度から全市立中4校でエアコンを設置し、同中の改修は取りやめることにした。同省によると、事業の採択を受けた全国18小中高で中止は初めて。(2009年2月20日00時56分 読売新聞)」

 実に様々な問題がここには見え隠れしていると思われる。
 因みに「学校エコ改修と環境教育事業」というのは、環境省が実施しているもので、趣旨は以下のようなものだが、補助率50%で、応募した自治体への補助となっている。

 「学校は、教育の場であるとともに、地域社会の核であることから、地球温暖化対策を進める上でも重要な拠点です。このような認識のもと、環境省では、冷暖房負荷低減のための断熱改修や、太陽光発電等の自然エネルギーの導入、屋上緑化等を効果的に組み合わせ、二酸化炭素の排出を抑制しながら、児童生徒の快適な学習環境を確保する「学校エコ改修と環境教育事業」を平成17年度から実施しています。
 この事業は、ハード整備に加え、その改修を素材として、地域への環境建築等の技術普及や学校を核とする地域ぐるみの環境教育を展開することに大きな特徴があります。」http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8050

 環境省の説明を読むと、「冷暖房負荷低減」とあるから、冷暖房をすることを否定しているわけではないし、むしろ前提しているように解釈できる。そして、自然エネルギーとか緑化は、エアコンとは別次元の話だ。
 最近の学校は非常に暑い。もちろん学校に限らないのだが、人間たちが密集して生活している学校は、とくにヒートアイランド現象の影響を受けやすいのかも知れない。もちろん、昔も夏は扱ったが、冷房が必要だと感じられることは、少なくとも私はなかった。だが、今や私立の学校は小学校や中学校でもまず全教室冷房が入っているのてはないだろうか。私の勤務している私立の大学でも、全部屋に冷房が入っており、(整備されたのはかなり遅かったと思うが)光熱費の増大が深刻である。だから、冷房効果を高める工事は悪いことではない。
 最も読売の記事によると、通風や断熱で暑さをしのぐというやり方なのかも知れず、それを止めて、エアコンを選択したのだろう。新築の学校では、通風を配慮した設計でエアコンなしで授業を快適にできるという考えのやり方をとるところが、たくさんではないが存在している。しかし、本当に学習効果があがっているのかは、わからない。当初はよくても、環境の悪化でやはりエアコンが必要だと感じられるようになる例もあるかも知れない。

 しかし、この記事でよくわからないのは、4校の中学全体を事業化しているのか、あるいは、1校のみなのか。記事から推測するに1校のみを対象に補助金を得て、改修工事を計画していたように思われる。とすると、他の3校から不満が出たことは想像に難くない。もちろん、全部の学校を事業化すると、市として、1億近い費用が必要だ。しかもエアコンはまだないのだから、どの程度学習能力があがるほど、快適さが確保できるかわからない。他方、全校の全教室にエアコンを設置した方が安くつくし、涼しくなることは確実だ。そういう計算をしたのではないかと推測できる。その後押しをしたのが、学力テストの結果ではないか。

 実は環境省のこの事業は、あまり応募がなかったと見えて、再募集がなされている。一部の学校を対象にした、こうした改善事業、そして半分補助(自治体が半分負担しなければならない。)という方式は、あまり受け入れられなくなっているのではないかと考えざるをえない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
学校のエコ事業補助返上 教育と社会を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる