ニューロ光をauに変更勧誘するうんざりするような手法

 私はかなり早い時期から、sonetのニューロ光を使用している。その理由はもちろん速さだ。しかし、2,3年前くらいから、KDDI・auから、ニューロを変更して、au光に変更するようにという電話が入るようになった。そして、その電話の内容が、いかにも詐欺的な内容を含んでいるのである。当初は単純に、今度光回線の変更があって、ニューロはauに変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末の雑感

 最近すっかりブログから遠ざかっていたところ、既に大晦日になってしまった。12月は1度も書いていないようなので、今年の雑感でも書いておくことにした。  今年は激動の年として記憶されるのではないか。  まずは異常気象だ。いま日本は記録的な寒さがだが、オーストラリアでは熱波が遅い、記録的な暑さだそうだ。台風や洪水が起きたり、外国での火山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PTAの公共性?

 アエラのウェブ版(2018.11.8)で「PTA退会なら「餅つき大会参加ダメ」 非会員家庭の子ども排除の実態」と題する記事が掲載されている。アエラの切り口に若干の疑問があるので、自分なりの考えを整理したい。  PTAから退会した場合に、子どもが受ける対応がいくつか書かれている。 ・PTAで購入した物品、たとえば、卒業記念品や卒業式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

須賀川中学柔道部事件から、部活のあり方を考える

 須賀川一中柔道部の事件の被害者の女性が、亡くなったと報道された。事件から結局、一度も意識を取り戻すことはなかったという。  この事件は、当初学校や教育委員会が隠蔽をしたために、表面化することがなく、かなりの日時が経過したが、やがてメディアが調査報道するようになり、一般に知られることになった。私もテレビの報道によって知り、あまりに酷い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余命宣告は義務か

 西日本新聞(2018.10.23)によると、癌で治療をしていた女性が、余命一カ月という認識を病院側がもっていたにもかかわらず、それを告知しなかったために、充実した余生を送ることができなかったとして、病院に3190万円の慰謝料を請求する訴訟を起こした。  記事は、最高裁の判決を紹介して「余命1年のがんと診断したのに患者や家族に余命宣告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医学部不正入試から考える

 東京医科大学の不正入試から発して、昭和大学医学部まで波及している。文部科学省は、全国の医学部に入試の実態についての調査を行い、かなりの割合で不正がみられたとしており、テレビで昭和大学のあり方に、ワイドショーなどが疑問を呈している。しかし、この問題は、巷間いわれているほど単純ではないように思われる。  まず、今回の不正とされているのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学テの成績による教師手当? 歴史に学ぼう

 8月3日の毎日新聞に、「大阪市 学テ成績で教員評価・手当増減を検討」という記事が出ていた。その後文科省から否定的なコメントが出て、更に校長が猛反発しているという記事も掲載された。  発端は、記事によると、学テで常に大阪市が政令指定都市で最下位の成績なのに、市長が業を煮やしたということらしい。「教育委員会に危機感が感じられない、結果責…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国家総動員化するオリンピック準備

 東京オリンピックは、次第に「国家総動員」体制のようになってきた。小学校などには、絶えずオリンピックに対応する行事などがはいってきているし、逆に、オリンピック開会中は授業をやるな、などということが、公立の義務教育学校だけではなく、実は私立大学までにも文部科学省から、指導がきているのである。高校までの学校であれば、ほとんど夏休み中だろうが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛知の小1熱中症死亡は、安全配慮義務違反の刑事責任を問うべきだ

 7月17日に、愛知県豊田市で、小学校1年生の校外学習が原因と考えられる熱中症による死亡事故が起きた。これほどメディアが繰り返し熱中症の注意を呼びかけているのに、教育の場でこうしたことが起きたというのは、本当に驚きだ。当人たちもあまりの暑さにどうにかなっていたのかもしれないが、校長や教育委員会の人の応答は、何か深刻な事態が起きているのと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オウム関連、補充

 NHKでのオウム検証番組をみた。膨大な麻原のテープや、獄中の死刑囚とのやりとりをもとにした分析と再現ドラマで、かなりの労力を費やした番組であることが感じられた。死刑執行のあと、何人もの評者から、何もわからないまま執行されたということがコメントされたが、この番組を見る限りは、少なからぬ人たちが、裁判だけではなく、彼らから多くのことを引き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オウム死刑囚の執行から考えたこと

 オウムの死刑囚7名が死刑執行された。メディアではいろいろな見解が出されている。遅きに失した、予想通りであった、むしろ解明すべき点が残った、いやこのまま執行を伸ばしても解明されることはないだろう、等々。  オウム事件は、リアルタイムで体験したものであり、事件から大分経って、麻原の子どもとの関わりも若干あったので、今回の処刑に関しては、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

拉致問題で、北朝鮮にも、安倍首相にもだまされないように

 「安倍晋三首相『次は私の番だ』『私はだまされない』・・・」と題する記事が、産経新聞(2018.6.15)に掲載されている。矛盾だらけの内容である。  記事の趣旨を整理すると ・拉致被害者家族会との会談で首相は、「こちらからやりたいといえば、足元を見られるので慎重にしたい」と述べた ・会談の時期や場所などについては「機微に触れる」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閣議は生徒会か? セクハラ罪はないと閣議決定とか。

 毎日新聞によると、政府は、「セクハラ罪」は存在せず、という政府答弁書を閣議決定したのだそうだ。今の政府は「生徒会か?」というのが、最初の印象だ。  「セクハラ罪」という刑事上の犯罪名が存在しないことなど、誰だって知っている。また、誰かが、福田元財務事務次官を「セクハラ罪だ」と決めつけた者がいるのか。そんな人は、誰もいない。突然麻生財…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取材中のセクハラは、秘匿すべき取材内容ではない 伊吹氏の不当な非難

 財務省の福田次官のセクハラ疑惑による辞任に関連して、被害女性が、週刊新潮に情報提供したことを批判する論調が一部である。最初は、テレビ朝日が、福田氏のセクハラが事実であるという見解を述べた記者会見だった。自社の記者が当事者であることを公表し、テレビ朝日上部に、この事実を明らかにして報道すべきと申し入れたのに対して、セカンドレイプになる危…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際問題の解決のためにも安倍首相にははやく辞めてほしい

 森友文書書き換え問題は、いよいよ混沌としてきた。この状況で、安倍応援団からは、北朝鮮問題を中心として、国際的に大きな課題があるのに、こんなつまらない問題で政治を混乱させることはけしからんというような見解も示される。また、書き換えは、財務省の独断であって、安倍内閣は無関係だというトーンも目立っている。しかし、こうした見解は根本的に間違っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学生硬式野球大会始球式での出来事を考える

 学生と討論しているときに、中学生硬式野球連盟でタレントの女性が始球式をしたときに、まわりにいた数千人の中学生球児たちが、そのタレントに押し寄せ、大混乱が起きたという話がでた。そのときは、そのこと自体ではなく、その出来事に対して、中学生を批判する書き込みが多数インターネットにアップされたことに対して疑問が表明された。そうした中学生をネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奨学金返済問題を考える

 「返済総額1100万円。奨学金延滞で自己破産した27歳『大学に行ったことを後悔』」と題する浦上早苗氏の文章が、BUSINESS INSIDER JAPAN に掲載されている。大学の教師をしている身としては、つらい中身である。奨学金問題は、近年返済不能に陥る人が多数でて、大きな問題になっている。それで、返済不要な給付にすべきであるという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草稿「未来の教育」(1) 「教育の自由」概念1

 定年を間近に控えて、これまでの研究の集大成的な論文を書く計画として、「未来の教育」というテーマを3年がかりで継続している。(もしかしたら、4年計画になる)そして、2016年度、「未来の教育に関する考察(1)」を書いた。21世紀にはいって、先進国で提起されている教育改革とその理論づけの文章を読むと、その教育理念や改革案は、実は、古くから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラ随想(1) 二期会「ローエングリン」

 これから、たまにオペラについての随想を書いていくことにする。オペラは社会を反映する度合いが、音楽のジャンルのなかでは格段に高いものだと思う。単純化すると、オペラは支配層に奉仕する文化だという見解と、オペラは社会変革を担う文化的闘いの場であったという見解がある。もちろん、それは極論であり、実際の論も、また現実もその中間にあるだろう。では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more